【パスポート】 残存期間注意報! Vol-2

前回の続きです。

もし、パスポートの残存期間が足らず、航空会社に搭乗を拒否されてしまった場合は???

残念ながら、ほとんどのケースでどうしようもありません。
ご旅行は中止です。
ご自宅へ戻るしかありません。
そして、その国の大使館へ査証を取得しに行くか、パスポートを更新するしかありません。。。

このような悲惨な目に遭わないためには、パスポートが失効する前に、更新されることを強くお薦めいたします。

DSC_0531

 

現状、有効期間まで1年を切るとパスポートの更新は可能です。

一例に挙げた台湾は3ヶ月以上を求めていますが、実は 6ヶ月以上 と設定している国もかなり多いので、有効期間が残り6ヶ月近くになってしまったら要注意です。
特に、仕事で海外へ行かれる可能性のある方は、急なご出張にも対応できるように更新しておきましょう。

おおまかなイメージとしては・・・
アジア諸国(シンガポール、タイ、インドネシアなど)の多くは6ヶ月以上と設定しています。
また、ヨーロッパ諸国の多くは3ヶ月以上、または90日以上としています。
北米は帰国時まで有効であればOK。
南米は6ヶ月以上の国が多いです。

ご訪問される国によって条件が異なります。ご旅行の際には正確な情報でご確認ください。

リバティヒルバケーションでは、今年になってから、急なご予約でパスポートの残存期間について危なかったケースがすでに 3件 ありました。

冷や汗ものです・・・

なぜか例年より多いです。

気をつけてまいりましょう!!

《外務省ホームページ パスポート案内はこちらをクリック!》

【アメリカ】 ビザ免除プログラムの改訂 中東渡航歴のある方は注意!

 

米国より 《VISA免除プログラム》 の改訂に関する情報です。

先日来、ニュースで報道されていますが、アメリカのビザ免除プログラムが一部改訂されることになったようです。
2016年1月21日、米国は2015年ビザ免除プログラムの改訂及びテロリスト渡航防止法の施行を開始しました。

簡単に言うと ・・・

  1.  2011年3月11日以降に、イラン・イラク・スーダン・シリアへ入国したことのある方は、ESTA の申請ができなくなりました。(ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、限られた例外有り)
  2.  ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する
    二重国籍者の方も同様です。

万一、該当される方はVISA申請が必要になりますのでご注意ください。

詳細につきましては、米国大使館ホームページをご参照いただくとともに、情報の推移にご注意ください。
 ↓
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

 

【ハワイアン航空】 16年からビジネスクラスに新シート導入

無題6

23:55 PM

夜な夜な HANEDA AIRPORT から南国パラダイスへと飛び立つ飛行機が・・・

そう、
そいつがハワイアン航空です!

 

本日現在、ホノルルから羽田と大阪、そして札幌の3都市を直行便で結んでいるハワイアン航空。
機材は主にエアバス330(札幌除く)を使用していますが、来年4月以降にビジネスクラスに新シートを搭載することが決まりました。

米国系の航空会社では、唯一、羽田空港を利用しているハワイアン航空は人気があり利用価値も高いですが、シートがイマイチの感が・・・。
成田空港から出発するデルタ航空とユナイテッド航空の機材のビジネスシートは、比較的新しい装備でフルフラットだったり、ソロシートだったりしますので、空港を選ぶのか、それともシートを選ぶのか・・・
その選択肢に悩むところでした。

しかし、来年の4月以降は一新されるこのシートは、ハワイアン航空にとって強力なアドバンテージになるのかどうか。。。
とても楽しみですね!

5無題

このエアバス330に搭載される新シートは、イタリアのシートメーカーとの共同開発で、高級素材を採用しています。
ご夫婦や恋人同士、ご家族連れの利用を想定し、シート配列は2-2-2席となりました。
新シートは長さ193センチ(76インチ)、幅52センチ(20.5インチ)のフルフラット・ベッドになり、竹をイメージしたディバイダー(仕切り)などでプライバシーを確保しながらも、隣席と話しやすいようになっています。
シートには次世代大型タブレットが付属しており、乗客が手もとで使用したり、据え置いて使えます。

新シートを装備した最初の機体は、2016年4-6月期に就航予定です。
残り22機も2016年9月から2017年にかけて順次投入する予定ですので、しばらくの間は使用機材に注意ですね。

現行仕様の座席数は294席で、ビジネス18席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー236席。
新仕様機は16席減の278席で、ビジネス18席、プレミアムエコノミー68席、エコノミー192席と、プレミアムエコノミーの席数が28席増えます。

ハワイ旅行の際には、是非ともリバティヒルバケーションまでお問い合わせください!
お待ちしております。

【全日空】 15年夏~ 成田からの大増発決定!

全日空より、国際線の15年夏のダイヤに関するアナウンスがございました。

無題ANA1

今回は、成田空港を離発着するフライトスケジュールの充実を図っており、主に【北米~東南アジア間】の中継地としての機能をアップさせた乗継客のためのもののようです。特に “スターアライアンス系” をご指定されるお客様には、チャンスが広がりますので便利になりそうです。
いくつかの主要路線をピックアップしてみましょう。

【新規就航路線(予定)】

*成田/クアラルンプール(15年9月1日より 毎日運航)
 NH-815 NARITA 17:20 KUALA LUMPUR 23:35
 NH-816 KUALA LUMPUR 07:00 NARITA 15:00
日本航空とマレーシア航空のワンワールド系の天下だったクアラルンプールへ、いよいよ待望のスターアライアンス系が就航します!わざわざシンガポールを経由しなくても、スター系の直行便で行けるようになります。
しかしながら、そのフライトスケジュールは明らかに北米と東南アジアの乗継客を重視したもの。。。
クアラルンプール出発は朝07:00!!
朝は早いし、マレーシアの他国内都市からの乗継無理~
ちょっと微妙ですね。。。

*成田/ヒューストン(15年6月12日より 毎日運航)
 NH-174 NARITA 11:15 HOUSTON 09:30
 NH-173 HOUSTON 11:20 NARITA 15:20 +1
アメリカ南部直行便は、デルタ航空(アトランタ)、アメリカン航空(ダラスフォートワース)など、もともとフライト数が少なかったので選択肢が増えて便利になります。

【増発路線(予定)】

*成田/シンガポール(15年6月11日より)
 往路便は成田夕方発、復路便はナイトフライトです。
*成田/ホノルル(15年7月7日より)
 これで全日空は、羽田1便、成田2便、ユナイテッド航空共同運航便1便で、1日合計4便となります。
*成田/バンコク(15年8月1日より)
 往路便は成田夕方発、復路便はナイトフライトです。
etc・・・

ホノルル線は、東京(羽田&成田)からのフライトは1日あたり4便(共同運航便含む)となり、日本航空と同数になりました。
シンガポール線とバンコク線についても東京(羽田&成田)からは1日あたり4便となり、なんとJALのフライト数(1日3便)を上回る結果になっています!

全日空は、羽田空港と成田空港の使い分けが明確になりつつあるようです。
最近、経済良好でビジネス渡航が増えているシドニー線の再開なんていう話もあるようです。
この調子で、新規のディストネーションやフライト数を順調に増やして、まずます便利な航空会社になってほしいものですね。

フライトスケジュールの詳細は、リバティヒルバケーションまでお問い合わせくださいませ!

【ユナイテッド航空】 機内探訪② B-747の・・・

Honolulu

Hawaii

相変わらず素晴らしいことばの響きですねぇ。
この季節の日本とは別世界のパラダイス!

日本からホノルルへは数多くの航空会社がございますが、今日は、ユナイテッド航空のビジネスクラスで新発見をいたしました。

United-Airlines1

なんと!
ボーイング747-400型機(いわゆるジャンボ)のビジネスファースト(ビジネスクラス)の座席が “向かい合わせ” になっているのです!

先日、お客様から『向かい合わせの席はちょっと・・・』とご指摘をいただき、恥ずかしながら初めて知った次第です。

最初、意味がわからず、『随分前にサウスウェスト航空の米国内線のエコノミーに向かい合わせの座席があったなぁ~』 などと思い出してはみたものの・・・
あれは“バス”みたいな航空会社だから・・・
ユナイテッド航空のビジネスはさすがにないだろうと・・・

ほとんど否定しながら調べてみたら・・・ありました!
本当に向かい合わせです!!

26_21

 真ん中にはモニターなどが収納されている “壁” があり、向かい合わせでもプライバシーは保たれていますが、半分はスチュワーデスの座席のように進行方向は逆になるわけです。
実際に乗ったことのあるお客様へ聞いたところ、離着陸の時以外はほとんど気にならず、違和感はさほどなかったそうです。
しかし、面白い座席配列ですねー!
ちょっとビックリしました。

さて、このユナイテッド航空のB-747-400のビジネスクラスのメリットは、180度フルフラットになることです。
デメリットは、一般的にジャンボのビジネスクラスのシート配列は、2-3-2 ですが、この機は 2-4-2 です。
前出のお客様は、若干狭いような・・・とおっしゃっておりました。

現在、ユナイテッド航空の東京~ホノルル間、東京~バンコク間の運用機材がこのボーイング747-400です。
進行方向と逆向きのシートを気になさる方はご注意くださいませ。

さて、リバティヒルバケーションでは、今年の年末年始のハワイ行き航空券の予約もすでに承っております。
日程の決まっているお客様は、どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
ご予約をお待ちしております!

【デルタ航空】 ホノルル線の機内設備刷新完了!

Honolulu

Hawaii

なんと素晴らしい言葉の響きですね~~~

ホノルルへは、日本航空や全日空など様々な航空会社が就航していますが、デルタ航空 を利用されたことはございますか?

旧ノースウェスト航空がデルタ航空に合併され、随分と日本のマーケットに占める割合が大きくなり、全米各地、ミクロネシア、そして、強力な以遠権を行使して、成田空港からアジア各都市にも、たくさんのフライトに日本人旅行客を乗せて飛ばしているのがデルタ航空です。

最近では、東京・成田/ホノルル間は1日に3便ほど運航しています。
機材はちょっと古いボーイング747-400 などを使用していますが、機内設備の刷新が完了していて機内がとてもきれい!

ビジネスクラスはフルフラットシートでとても快適でたいへんお薦めとなってございます。

≪デルタ航空 ビジネスエリート≫

座席幅 20インチ 
シートピッチ 60-65インチ
*機材によって多少異なります。ご利用の際にはご確認くださいませ

本日現在、ホノルル線でフルフラットのビジネスクラスを利用できるのは、このデルタ航空のみです。

サービス面では引けを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、このビジネスエリートの設備もよくて、日系よりも安価なデルタはホノルル線ではイチオシです!!

この夏にホノルルへ行こうとお考えの方は、是非ともご一考くださいませ!!

 ⇒ デルタ航空 ビジネスエリート の機内の様子は こちらをクリック!

 

ところで、いま話題の TPP で、米系航空会社しか使えない大変不公平な “以遠権” をこの機になんとかすることはできないもの・・・ でしょうねぇ。。。

 

デルタ航空 ビジネスエリートはホノルル線をはじめ、メインランドへも就航しています!是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

【グレート・アロハ・ラン】 間もなくです!!

ハワイ・オアフ島で行われるマラソンといえば… そうです、毎年12月に行われる 『JAL ホノルルマラソン』 ですね。

大企業の日本航空がスポンサーのため、日本人にも大変なじみ深いマラソン大会ですが、もうひとつ、ローカル色豊かな市民マラソン大会があるのです。その名は グレート・アロハ・ラン。 今年は2月18日(月)に開催されます。チャリティー大会の側面を持つマラソン大会としては最大規模を誇り、約2万人前後の参加者が8.2マイル(約13km)を走ります。

アロハタワーからアロハスタジアムまでの区間をマラソン、ウォーキングなどそれぞれご参加者のペースでカジュアルに楽しむことのできるマラソン・イベントです。スタジアムがゴールなんて、ちょっとしたオリンピック感覚が味わえるかも???
今年で29回目を迎える同イベントは現地のロコにも人気があり、毎年たくさんの参加者でとても賑わいます。
このイベントでの収益は現地NPOに寄付されるチャリティイベントです。参加費も手頃ですので、是非この機会にぜひハワイで汗を流してみてはいかがでしょうか?参加登録締め切りは2月8日(金曜)までとなっております。

ご興味のある方は、是非お問合わせくださいませ。まだ間に合います!  

リバティヒルバケーション ホームページ   http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

グレート・アロハ・ランの詳細(英語サイト)  http://www.greataloharun.com/

GarSlideShow_4-4-800-600-80-rd-255-255-255

【ハワイ遊学の旅】 7月17日発5泊7日 参加者大募集中!

リバティヒルクラブ と 自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ共催

【ハワイ遊学の旅】 と題しまして、ハワイ島の5泊7日の旅のイベントを只今企画しており、参加者大募集中でございます。

テーマは2つ

1つは、ハワイの大自然のなかをハイキングして、失われつつあるハワイ固有の動植物や文化、歴史を通し本当のハワイを体験し、地球のエネルギーを感じてみよう!という【エコツアー】

1つは、ハワイ島の現地テニスクラブの会員様とフレンドシップマッチを行い、小さな国際交流をしてみませんか?という【テニス国際親善交流試合ツアー】

いずれもこの夏休みにご家族でご参加いただきたい内容になっていますので、是非ご検討をいただければと思います。

詳しくはコチラをクリック!!

https://acrobat.com/#d=-ujWkRg4YFNVWTZNhB-bgw

ハワイ州 生誕50周年記念でハワイが熱い

2009年 ハワイは米国の50番目の州となってから50周年を迎えます。

さあ、とっておきの出来事が待つ、州の誕生50周年のハワイへ、是非参りましょう!!

  

さまざまなイベントやキャンペーンが繰り広げられているようです。ホームページをまずはご覧ください。

この年末年始・・・ まだ間に合うかもしれませんよ!

 http://www.gohawaii.jp/50th/index.html

アロハ航空 ついに旅客部門の運航停止へ・・・

ハワイアン航空と共に主にハワイの島々を結んでいる アロハ航空。経営難が伝えられており、2008年3月20日には米連邦破産法11条の適用を申請したばかりでしたが、3月31日を最後に旅客部部門の運航をすべて中止することになったようです・・・

  

 アロハ航空は2008年3月30日(ハワイ時間)、3月31日を最後に全ての旅客部門の運航を停止することを発表いたしました。 4月1日以降は、全て運航を取止めます。

以下、アロハ航空のHP

 https://www.aloha-airlines.jp/jp/Index.do

 

 ハワイへの日本人旅客数は年々減少傾向にあることが響いているのでしょうか・・・ 

ゴールデンウィークにハワイの離島へ行こうとされている方は、今一度予約済みの航空券(航空会社)を確認したほうがいいと思いますよ。

 

【LHV NAVI】 デビュー!

リバティヒルバケーションでは LHV NAVI と題して、リバティヒルクラブの会員様向けに 【無料のたびの説明会】を開催することにいたしました。

 例によって・・・ 不定期ではありますが、是非とも皆様へお薦めしたいセミナープログラムをご用意してございますので、今後の展開にどうぞご期待くださいませ!

 まずは記念の第一弾!

4月11日(金)開催

~楽園からの招待状~

ハワイ島在住のエコツアーガイドとしてご活躍中の長谷川久美子さんをお招きして『ディープハワイエコツアー』の魅力をお伝えするセミナーを開催します。

 ディープハワイエコセミナー

場所: リバティヒルクラブラウンジ 19:00~21:00頃まで

 

 勢いに乗って・・・ 第二弾!

4月27日(日)

~七つの大海からの招待状~

How to Cruise life !!

世界中を運航しているオーシャンライナーを毎回ピックアップ!船旅の魅力をお伝えすることを目的に、クルーザーのたびにご興味がある方の疑問や不安にお答えいたします。

  How to cruise life

場所: リバティヒルクラブ ラウンジ 15:00~17:00

  

       

 ご期待下さい・・・

続けられるようにガンバリマス!

Hawaii 来年末 『WIKI WIKI BUS』 がいよいよ廃止に!

ホノルル空港の名物とも言われる 『ウィキウィキ・バス』 が、いよいよなくなるそうです。日本からの飛行機はゲートの端っこに停まらされる確率が高かったので、よくこのバスでイミグレーションへ移動することになっていましたが、ターミナルへの連絡通路(動く歩道)新設(2008年11月予定)のため、廃止する意向のようです。

便利に、スムーズになるのは大変結構ですが、かなーり古くてオンボロだったけど味わいのあったバスがなくなるのは少し寂しい・・・ タラップを降りてバスに乗るまでの間に感じることができた “ハワイの風” が 『おぉっ!ハワイに来たぞぉ』 という気持ちになって良かったんだけどなぁ~


ハワイ州政府は、ハワイ諸島の各空港の改修を進める「空港近代化プラン」を策定しており、今回の決定もそのプランの一部。リングル知事はクオリティ向上の側面から空港のリノベーションは、ハワイの観光施策の中でも重要であるとの考えを表明しており、今夏の来日時にもホノルル国際空港で入国審査場への移動に関して、ウィキ・ウィキ・バスを廃止することについて「これまで何度も言ってきたことで、改善すべき点」と語っていた。この改善により、旅行者が到着した際、イミグレーションまでスムーズに移動ができ、歓迎する体制を整えていく方針だ。

WIKI WIKI BUS

Hawaii ロイヤルハワイアンが大規模改装のためクローズに

ワイキキビーチを歩いたことのある方なら誰もが一度は見たことのあるでしょう、通称ピンクパレス(シェラトン系) THE ROYAL HAWAIIAN の大規模リノベーションが決まったようです。

oahu0361_s.jpg 

期間は、2008年6月頃から約7ヶ月を目処にしている模様です。部分改装ではなく、気合入りまくりの全館をクローズしての全面改装!

2008年の夏の旅行から2009年の年始までのご旅行に際には、ピンクパレスにはご宿泊できない状況ですので、ご注意くださいませ。

キレイに生まれ変わるのは大歓迎ですが・・・ 

また料金上がらなければいいですけどねぇ~

Hawaii ディズニーのリゾートホテルが2011年に開業予定

ハワイ・オアフ島にディズニーリゾート がやってくる!

現在、オアフ島で急速に開発が進んでいる コ・オリナ地区は、西オアフにありワイキキから車で30分くらい。この地区にはJWマリオット・イヒラニリゾート&SPAやコオリナゴルフクラブ、タイムシェアタイプの高級コンドミニアムなどが集まる、今HOTな場所。

残念ながらディズニーランドのようなテーマパークの併設は無いようですが、ディズニーをイメージしたホテルとなるようですから、いったいどんな手法で宿泊者を楽しませてくれるのかが、今から楽しみですね。

ディズニーのテーマパークやリゾート部門を管轄するウォルト・ディズニー・パーク&リゾートは10月3日、ハワイ・オアフ島の海岸沿いにある不動産物件の購入計画完結を表明し、11年の開業を目指す。タイムシェアプログラムである「ディズニー・バケーション・クラブ」会員からは、ハワイでのリゾートに対する要望が多かったため、これに応える形となった。
 オアフ島の高級リゾートであるコ・オリナ・リゾート&マリーナ内にある不動産物件は、ディズニーがテーマパーク開発以外で初めて着手する複合ファミリーリゾート事業の本拠地となる。タイムシェアプログラムの「ディズニー・バケーション・クラブ」会員用のホテルタイプの客室やヴィラを含む800ユニット以上の建物が点在する。

ディズニー+ハワイのコラボ・・・ 楽しみです!

Hawaii スーパーフェリーの最新情報

ハワイ・オアフ島と離島(マウイ島とカウアイ島)を結ぶ新たな交通機関として注目されている 『ハワイ スーパーフェリー』 のご紹介です。航空機だけだったハワイ諸島の移動に約3時間のショートクルーズが加わります!

ハワイ諸島間を結ぶハワイ・スーパーフェリーが2007年9月の就航に向けてトレーニングのクルーズを開始。ハワイ・スーパーフェリーの第一号船「アラカイ号」で一般市民向けの船内公開ツアーを済ませ、現在はカウアイ島への試験航海を行なっています。アラカイ号の船内には船内ギフトショップ、軽食が楽しめる場所も3ヵ所あり、コナ・コーヒー、スナック類、サンドイッチ、サラダ、スープなどのメニューを提供。客席前にはフラットスクリーンのテレビが設置され、船内エンターテイメントも楽しめるほか、個人で映画が観たいときには特別のデジタル・プレイヤーの貸し出しも利用できます。
ハワイ・スーパーフェリーは土曜を除く毎日就航が予定されています。マウイ島便は、オアフ島ホノルル港を午前6時30分に出航、マウイ島カフルイ港に午前9時30分到着。午前11時にカフルイ港を出航し、午後2時にホノルル港に到着。カウアイ島便は、午後3時にホノルル港を出航し、カウアイ島ナウィリウィリ港に午後6時に到着。ナウィリウィリ港を夜7時に出航し、ホノルル港に夜11時に到着するスケジュールが予定されています。オアフ島とハワイ島を結ぶ便は2009年の就航予定。

PS

現在、ハワイスーパーフェリーは就航しているようですが、自然保護団体の反対を受けオンタイムで運航できない場合があるようです。

ご利用される場合には、必ず確認をされることをお勧めいたします。ご注意ください。

ハワイ・スーパーフェリー  

Hawaii Super Ferry

Tel: 1-877-443-3779

Web  www.hawaiisuperferry.com

注目のハワイ ワイキキ・ビーチウオークに日本食レストランがオープンするらしいですよ!

ハワイのワイキキ・ビーチ・ウォークに7月14日、に日本料理レストラン「KAIWA」がソフトオープン、8月8日にグランドオープンする。同店舗は日本で「海晴亭」など4店舗、ハワイで「レストランKai」を展開するアイデコが運営するもの。ワイキキ・ビーチ・ウォークにある日本料理レストランは、同店のみとなる。

 和のイメージを加えたコンテンポラリーな店内では、ビストロスタイルの鉄板焼きや寿司ロールなど、オリジナル料理を提供。食材にはハワイの採れたて野菜やロブスターやアワビなど、近海の魚介類を使用する。また、ハワイ初登場のワインキーパーを備え、ワインのや日本酒のグラス売りにも対応する。