【フランス メドック・マラソン】 9/8-9/12 現地パッケージのご案内

大好きな街 ボルドーで毎年開催される メドックマラソン!

今年2010年は9月11日(土) スタートです!

この特別なマラソンへ参加するための簡単!便利な4日間の現地パッケージをご用意いたしました。あとは航空券を購入するだけ!

是非、ご検討くださいませ。詳しくは、コチラ!

https://acrobat.com/#d=4Gbn82sLGWhFsP0YC*yl9A

↑ クリック!

お申込をお待ちしております!!

 

 

【バンコク】 危険情報引き上げ 「渡航の是非を検討してください」

残念!やはり出てしまいました。。。 バンコクに「渡航の是非を検討してください」の危険情報が。。。

旅行会社が主催する旅行に関しては、「旅程を管理する」ためツアーは中止の方向にあります。個人で旅行される場合には、この限りではありませんが自己責任において十分に情報を分析して、ご出発または中止の自己判断となります。

=======  出発前には海外安全ホームページをチェック! ========
                       http://www.anzen.mofa.go.jp/
====================================
2010/04/23:渡航情報(スポット情報)

※ 本件渡航情報は下記の通り発出されましたが、随時更新されます。

(件名)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タイ:バンコク都他周辺地域における反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ・集会に関する注意喚起(4月23日付)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(4)首都バンコク及び周辺地域
:「渡航の是非を検討してください。」
(イ)2006年以降,タイではタクシン元首相を支持する勢力と同元首相の政治
手法に反対する勢力との間で対立が続き,一方の勢力による政権に対し,もう
一方がデモ活動を行う状況が続いてきました。
 2008年にはタクシン派政権に対し,PADが半年以上にわたる反政府デモを行い,
過激化したデモ活動は首相府及び空港の占拠に至りました。その後,2008年12
月に反タクシン派政権であるアピシット政権が成立するとUDDが反政府運動を開
始し,2009年4月には,パタヤでのASEAN関連首脳会議会場の占拠,バンコク都
内複数か所の道路封鎖などを伴う大規模な反政府デモ・集会が発生したほか,
現政府支持勢力であるPAD幹部の乗車する車両が銃撃され,同幹部が重傷を負う
という事件も発生しました。

(ロ)2010年3月12日からUDDは再び大規模デモ活動を展開しており,当初,パ
ンファー橋付近を拠点としていたUDDは,4月3日からはバンコク都内繁華街の中
心であるラチャプラソン交差点付近にデモ活動を展開し,タイの経済及び都民
の生活に多大の影響を与えています。これを受け,政府は4月7日,バンコク都
および周辺地域に非常事態宣言を発出しています。4月10日には,パンファー橋
から民主記念塔の先まで広がるデモ隊と軍との間で衝突が起こり,邦人ジャー
ナリスト1人を含む25人の死者と840人に及ぶ負傷者を出しました。同衝突に関
し,タイ政府はデモ隊に武器を使用するテロリストが含まれていたと発表しま
した。これに対し,UDDは,デモ隊をすべてラチャプラソン交差点付近に集結さ
せ,軍による強制排除に備えて同地域の周辺6か所にバリケードを築くなど,政
府との間で対決姿勢を強めています。一方,こうしたUDDデモに反対するグルー
プが4月17日以降都内で場所を変えつつデモ活動を行っています。また,UDDが
バンコク有数の商業地区であるシーロム通りでデモを行うことを示唆したこと
から,軍・警察がシーロム通りに配備され,通りを隔てて向かい合うルンピニ
ー公園のUDDデモ隊との間で緊張が高まっていました。
 そうした中,4月22日夜,シーロム通りでデモ活動を行っていた反UDDグループ
を狙ったと思われる爆弾5発が高架鉄道(BTS)の駅を含む3か所に打ち込まれ,
最低1人の死者及び70人以上の負傷者を出す事件が発生しました。同事件を受け
て軍・警察とUDDデモ隊との間では一層緊張が高まっています。

(ハ)上記に加え,首都バンコク及び同郊外においては,2010年2月から首都バ
ンコク及び郊外において政府等の施設を中心にたびたび爆弾事件が発生してい
ます。これらについてはいずれも犯行声明等はありませんが,UDDデモと関連し
ているとの見方もあります。
 今後の情勢次第では,UDDのデモ活動に関連した場所や各種の政治的集会が行わ
れている場所で不測の事態が発生する可能性は排除されません。

(ニ)タイは「微笑みの国」,首都バンコクは「天使の都」といわれ,安全な
イメージがありますが,2006年3月には日本人旅行者2人が拳銃で撃たれ死亡す
る事件が発生したほか,同年8月には,日系企業社員が帰宅途中に散弾銃で撃た
れ重傷を負う事件,2007年6月には,首都周辺県で日系企業社員が帰宅途中に拳
銃で撃たれ負傷する事件が発生しています。

(ホ)スリ,置き引き,ひったくりなどの被害が依然多発しています。中でも
ひったくりは,被害者を引き倒してでもバッグを奪おうとする悪質な手口が増
加しており,負傷する日本人が増えています。さらに,夜間,オートバイに乗
った二人組が刃物を振り回し,通行人に重傷を負わせる事件も報告されていま
す。

(ヘ)フィリピン人又はマレーシア人と思われる集団によるいかさま賭博の被
害が発生しており,ナイフや拳銃で脅されて多額の現金を要求されたり,わい
せつ行為をされたりするという深刻な事案も報告され,事件には凶悪化の傾向
もみられます。

(ト)日本人が被害に遭う睡眠薬強盗が急増しています。見知らぬ者から飲食
物を勧められても安易に信用せず,毅然とした態度で断る勇気が必要です。

(チ)バンコクを始めとするタイの都市には多数の日本人が在留していますが,
日本人社会の成長・滞在邦人の増加に伴い,日本人が犯行に関与していると
思われる事件や来訪する日本人を標的にした詐欺事件や偽札事件等が増加して
おり,殺人事件も発生しています。具体的には,2007年末にバンコク都周辺の
チョンブリー県内で日本人が殺害される事件,2008 年8月にバンコク都内で日
本人が殺害され現金を強奪される事件が発生しています。これ以外にも日本人
が犯行に関与していると思われる,海外商取引を装う詐欺事件等も頻発してい
ます。
 
 以上の状況を踏まえ,首都バンコクの危険情報を「十分注意してくださ
い。」から「渡航の是非を検討してください。」に引き上げます。
 つきましては,首都バンコク,特に,上記2.(4)(イ),(ロ)記載のデモ及び
集会等が行われている地域及びその周辺に渡航・滞在される方は,渡航の
是非を含め安全につき十分検討してください。同地に渡航・滞在されている方
は,上記の情勢及び犯罪発生状況を踏まえ,デモ・集会には近づかず,現地
情勢の把握に努め,暴動やテロ事件等,不測の事態に巻き込まれないよう
十分な安全対策をとってください。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
              http://www.anzen.mofa.go.jp/i/ (携帯版)
 ○在タイ日本国大使館
  住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
  電話: (66-2) 207-8500、696-3000
  FAX : (66-2) 207-8510
  ホームページ: http://www.th.emb-japan.go.jp/
 ○在タイ日本国大使館領事部
  電話: (66-2) 207-8502、696-3002(邦人保護)
       (66-2) 207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
  FAX : (66-2) 207-8511
 ○在チェンマイ日本国総領事館
  住所:Suite 104-107, Airport Business Park,, 90 Mahidol Road,
      T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
  電話: (66-53) 203367
  FAX : (66-53) 203373
  ホームページ: http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/

==海外安全ホームページ========================
    http://www.anzen.mofa.go.jp/

  ☆海外赴任、留学決まったら・・・
   「国・地域別海外在留邦人安全マニュアル」
    http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/index.html

  ☆楽しい旅行はまず健康管理から・・・
   「世界の医療情報」
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

  ☆冊子、ビデオでわかりやすく安全対策ができる・・・
   「海外安全についての冊子とビデオ・DVDの紹介」
    http://www.anzen.mofa.go.jp/about_center/index.html#video

    外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
    〒100 – 8919
    東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
    電話:03-3580-3311 内線2902

【バンコク】 注意喚起発令中!渡航予定の方はご注意を

=======  出発前には海外安全ホームページをチェック! ========
                       http://www.anzen.mofa.go.jp/
====================================
2010/04/23:渡航情報(スポット情報)

※ 本件渡航情報は下記の通り発出されましたが、随時更新されます。

(件名)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タイ:バンコク都他周辺地域における反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ・集会に関する注意喚起(4月23日付)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(内容)

1.4月22日夜,バンコク都シーロム地区にあるBTS(高架鉄道)のサラデー
 ン駅付近で爆発事件が連続して発生し,報道の伝える治安当局の発表によ
 れば,3人が死亡し,外国人を含む70人が負傷した模様です。

2.タイ政府当局は,現在,バンコク都の商業地区(ラチャプラソン交差点
 ~シーロム交差点を中心とする地域(※)。)を占拠して抗議活動を続け
 ている反独裁民主戦線(UDD:タクシン元首相を支持する市民団体)の排
 除に向けた措置をとることを改めて強調しながら,治安部隊の配置を強化
 しています。今回の爆発事件は,UDDのデモ活動との関連は不明ですが,
 このような状況下で発生しており,周辺地域の緊張が更に高まっています。
 (※ 在タイ大使館ホームページ
 ( http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/100422.htm )の,「【大使
 館からのお知らせ】反独裁民主戦線(UDD)党によるデモ集会・行進実施
 に関する注意喚起(2010年4月22日20:30現在)」において地図の参照が可
 能です。)

3.また、現政権を支持するいくつかの市民団体(民主市民連合:PAD(黄
 シャツ)を含む)も,場所を変えながらUDD支持者に対する抗議活動等を
 行っており,4月21日未明には,シーロム交差点付近においてUDDデモ隊と
 これに抗議する市民団体との間で小競り合いが生じ,負傷者も出ています。
 また一部団体は,同23日にラマ5世騎馬像前で数万人規模の抗議集会を行
 うと発表するなど,今後,こうした市民団体とUDDデモ隊との衝突等不測
 の事態が発生する可能性も懸念されます。

4.つきましては,タイへの渡航を予定されている方は、同国の治安情勢が
 沈静化するまでの間,渡航・滞在の安全性について慎重に確認してくださ
 い。また,既にタイに滞在中の方は,現地の情勢につき報道等から最新情
 報を入手されるとともに,危険に巻き込まれないよう行動予定を慎重に検
 討してください。特に,バンコク都においてUDDの占拠地域の近くに滞在
 中の方は,不測の事態に備え,不要不急の外出は控えるとともに,外出さ
 れる場合にはUDD占拠地域やUDDが設置したバリケード付近には絶対に近づ
 かないようにしてください。
  更に,UDDやPAD等は独自のシンボルカラー・シャツ等を着用しています
 ので,外出の際は,無用の混乱・誤解等を避けるため,同系色(赤又は黄
 色)の服装の着用は避けてください。
  なお,タイには別途危険情報及びスポット情報が発出されていますので,
 その内容にも留意してください。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
              http://www.anzen.mofa.go.jp/i/ (携帯版)
 ○在タイ日本国大使館
  住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
  電話: (66-2) 207-8500、696-3000
  FAX : (66-2) 207-8510
  ホームページ: http://www.th.emb-japan.go.jp/
 ○在タイ日本国大使館領事部
  電話: (66-2) 207-8502、696-3002(邦人保護)
       (66-2) 207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
  FAX : (66-2) 207-8511
 ○在チェンマイ日本国総領事館
  住所:Suite 104-107, Airport Business Park,, 90 Mahidol Road,
      T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
  電話: (66-53) 203367
  FAX : (66-53) 203373
  ホームページ: http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/

==海外安全ホームページ========================
    http://www.anzen.mofa.go.jp/

  ☆海外赴任、留学決まったら・・・
   「国・地域別海外在留邦人安全マニュアル」
    http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/index.html

  ☆楽しい旅行はまず健康管理から・・・
   「世界の医療情報」
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

  ☆冊子、ビデオでわかりやすく安全対策ができる・・・
   「海外安全についての冊子とビデオ・DVDの紹介」
    http://www.anzen.mofa.go.jp/about_center/index.html#video

    外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
    〒100 – 8919
    東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
    電話:03-3580-3311 内線2902

【続報-2】 アイスランドの火山噴煙に伴う飛行制限

アイスランドの火山噴火に伴う飛行制限の影響についての続報です。

弊社にて、「4月中に欧州へご出発される」 航空券をご予約&発券されたお客様には順次ご連絡とご案内を申し上げています。

以下は、日本時間18日のヨーロッパの空域を管制している Euro Control 発表の資料です。このホームページに入ると火山灰が覆っている空域を見ることができます。

 http://www.metoffice.gov.uk/aviation/vaac/data/VAG_1271612174.png

これだけ長期に運休が続くと、空の制限が解けたとしても乗客が殺到したと機材繰りがつかなかったりと理由から、定期便を運航はすぐには再開されない場合もございます。2-3日の間は臨時便として運航され、航空会社は座席の予約を改めて行う可能性(9・11の時には、ほとんどの航空会社がそうしました) もありますので、しばらくの間は十分に注意が必要ですのでご留意くださいませ。

欧州の空域を管理するユーロコントロールによると、現地時間4月18日(日本時間18日07時~19日06時)に運航される便は、通常時よりも2万便少ない4000便にとどまる見通しだ。影響が出始めた15日から18日の累計では、前週の実績と比較すると4万2441便が欠航したことになり、国際航空運送協会(IATA)では、航空業界が1日あたり2億米ドル(1兆8400億円)の収益を逸失していると試算した。

 現地時間4月18日12時30分(日本時間同日19時30分)現在、空域のすべて、または一部での運航が制限されている国は24ヶ国(下表参照)。現地時間17日16時30分(日本時間23時30分)からはスペイン北部が加わっており、依然として事態が収束に向かう様子は見られない。ただし、南欧のポルトガル、スペインの一部、バルカン半島南部、イタリア南部、ブルガリア、ギリシャ、トルコは制限されていないという。

 19日の日本発着路線では、日本時間4月19日01時現在(以下すべて同じ)日本航空(JL)がロンドン、パリ、アムステルダム、ミラノ、フランクフルト、モスクワへの便の欠航を決定。各空港出発の復路便については19日朝までに決定する予定という。

全日空(NH)ではロンドン、パリ、フランクフルトの各路線について往復とも欠航を決定。20日についても、「運航は大変厳しい見込み」としている。

 他の航空会社でも、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)とオーストリア航空(OS)は日本時間19日21時まで、スイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)は同日22時まで欠航を決めている。このほか、ヒースロー空港が19日16時まで、アムステルダム・スキポール空港が無期限、ヘルシンキ空港が20日06時までの離発着停止を決めており、好転の兆しはない。ただし、火山灰の広がり方によって運航できるケースもあり、エールフランス航空(AF)では、19日にトゥールーズ発香港着を含む7便の長距離線を運航する計画だ。

▽関連リンク
(日本企業のウェブサイト以外はすべて英語)
【航空管制当局】
ユーロコントロール
英国管制サービス

【空港会社】
成田国際空港
関西国際空港
中部国際空港
ヒースロー空港
シャルル・ド・ゴール空港
フランクフルト空港
スキポール空港
ヘルシンキ空港
ブリュッセル空港

【航空会社】
日本航空
全日空
ルフトハンザ・ドイツ航空
オーストリア航空
スイス・インターナショナル・エアラインズ
エールフランス航空
KLMオランダ航空
アリタリア・イタリア航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ヴァージン・アトランティック航空
フィンエアー
スカンジナビア航空
トルコ航空
エミレーツ航空
エティハド航空

「お土産 vol-7」 神楽坂・珍味堂の吹き寄せ!

さぁ、地域限定版のレアな食品シリーズ7弾!

いただきましたー!

大きなダンボールが届きました。いざっ開封!

IMG_2821

おぉっ!大人の街、神楽坂の珍味堂ではありませんか。

IMG_2822

ぷ~んと香ばしくて懐かしい香りが漂ってきます。。。

IMG_2823

ぴろーん

IMG_2826

宝箱みたいです。

どれもさっぱりしていて、味付けが絶妙です。一言、「ウマイ」です。

完全予約制です。

さすがにメダリスト。

ご馳走様でした!

「本日のランチ vol-4」 LHCの賄い食はこれだ! 

大好評の LHCの賄い食はこれだシリーズ第4弾!

本日は 「ナスの御浸し」と「野菜付け合せ」 そしてメインが「焼き鮭」です。

IMG_2677

鮭の身が軟らかくって美味しい!

ご馳走様でした。

是非、LHCラウンジのご利用をお待ちしております!

【続報】 アイスランドの噴煙による飛行制限

欧州方面へ渡航予定の方は、事前情報にご注意ください。

(4月17日00時現在、以下すべて日本時間) 

民間航空機の運航が認められていない空域は、イギリス(スコットランドをのぞく)、ベルギー、オランダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、エストニアの国々と、フランスとドイツ、ポーランド、チェコの一部。フランスはパリの全空港を含み、シャルル・ド・ゴール空港も離発着できない。同様にドイツはデュッセルドルフ、ケルン、ハンブルグ、ベルリン、フランクフルト周辺など、ポーランドではワルシャワ空港を含む地域が対象となっている。

 日本発の欧州線は、ロンドンとアムステルダム線に加えて、16日はパリやフランクフルト、ミラノ、ヘルシンキ、コペンハーゲンへの路線でも欠航が発生。成田空港ウェブサイトのフライト情報によると16日は成田発だけで合計13便が欠航し、関空や中部の路線と合わせると数千人規模の旅行者に影響が出ているものと推測される。

一方、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)のミュンヘン線や、アリタリア-イタリア航空(AZ)のローマ線は運航された模様。

 17日の見通しとしては、JLとNHがロンドン、パリ、フランクフルト、アムステルダム(JLのみ)について発着便ともに欠航を決定。LHも成田と関空のフランクフルト線の欠航を決めている。空港側では、パリの空港は少なくとも17日17時まで、ドイツは無期限で閉鎖されると発表されており、ミュンヘンも17日03時には閉鎖される予定という。ヒースローも少なくとも17日16時までの閉鎖が決定。フィンランドでは、18日21時まで全空港の閉鎖が決まっている。

▽関連リンク
(日本企業のウェブサイト以外はすべて英語)
【航空管制当局】
ユーロコントロール
英国管制サービス

【空港会社】
成田国際空港
関西国際空港
中部国際空港
ヒースロー空港
シャルル・ド・ゴール空港
フランクフルト空港
スキポール空港
ヘルシンキ空港
ブリュッセル空港

【航空会社】
日本航空
全日空
ルフトハンザ・ドイツ航空
オーストリア航空
スイス・インターナショナル・エアラインズ
エールフランス航空
KLMオランダ航空
アリタリア・イタリア航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ヴァージン・アトランティック航空
フィンエアー
スカンジナビア航空
トルコ航空
エミレーツ航空
エティハド航空

【ハワイ遊学の旅】 7月17日発5泊7日 参加者大募集中!

リバティヒルクラブ と 自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ共催

【ハワイ遊学の旅】 と題しまして、ハワイ島の5泊7日の旅のイベントを只今企画しており、参加者大募集中でございます。

テーマは2つ

1つは、ハワイの大自然のなかをハイキングして、失われつつあるハワイ固有の動植物や文化、歴史を通し本当のハワイを体験し、地球のエネルギーを感じてみよう!という【エコツアー】

1つは、ハワイ島の現地テニスクラブの会員様とフレンドシップマッチを行い、小さな国際交流をしてみませんか?という【テニス国際親善交流試合ツアー】

いずれもこの夏休みにご家族でご参加いただきたい内容になっていますので、是非ご検討をいただければと思います。

詳しくはコチラをクリック!!

https://acrobat.com/#d=-ujWkRg4YFNVWTZNhB-bgw

欧州路線 アイスランドの火山の噴火の影響

 アイスランド南部の火山が噴火し火山灰が飛散している影響で、欧州北部発着の便が大きく乱れている。特にイギリスでは、緊急の場合を除いて現地時間4月15日12時から少なくとも18時(日本時間同日20時~16日02時)まで、すべての便が運航を停止。ベルギーやノルウェーでも同様の措置が取られているほか、オランダのアムステルダム・スキポール空港も全便が欠航ないし遅延となっている。

 北欧ではノルウェー以外でも運航制限が相次いでいるといい、スカンジナビア航空(SK)の発表によると、スウェーデンとデンマークの航空当局も両国の空域の閉鎖を検討。フィンランドでも北部を中心に複数の空港が運航を制限されている。また、ドイツ北部やロシア方面でも運航中止が発生しており、エールフランス航空(AF)はすでに約100便を欠航しているという。

 こうした状況は、日本/欧州線にも影響。日本発では、日本航空(JL)がロンドン線とアムステルダム線、全日空(NH)がロンドン線を引き返したほか、成田空港ウェブサイトによると、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)のロンドン線も欠航となっている。

 なお、日本時間15日23時現在、制限解除などの見通しは立っておらず、イギリスの航空管制当局は「状況がすぐに好転する可能性は非常に低い」とコメント。各航空会社などによると、火山灰はさらに南方に広がる可能性があるようだ。ただし、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、気象学者の意見として「火山灰は数日で消える」との見方を示している。

日系2社 定時到着率の第1位と2位を獲得

 アメリカのコンデューシブ・テクノロジーが発行する「フライトスタッツ」で、2009年における世界の大手航空会社の定時到着率の1位と2位に、日系2社がランクインした。1位は日本航空(JL)で、遅延15分未満の到着の割合は90.95%、2位は全日空(NH)で90.37%となった。上位40位の平均は77.81%。

 また、空港別では1位が羽田空港で90.78%。また、4位は成田空港で85.36%であった。上位48位の平均は76.39%。アジアの空港は2位に仁川空港(87.43%)、5位にバンコク・スワンナプーム空港(84.23%)、6位にシンガポール空港(84.18%)と、日本を含めて10位以内に5空港がランクインしており、他の地域よりも定時運航率が高いことがうかがえる。

「お土産 Vol-6」 伊豆 赤沢温泉! 皆大好き温泉饅頭

さぁ、地域限定版のレアな食品シリーズ第6弾!

伊豆の赤沢温泉・・・ ご存知でしょうか???

伊豆高原のちょっと下にある温泉です。某サプリメントや化粧品を製造している会社さんが温泉&スパ事業をやっているところです。

伊豆の美しい海沿いに建つ温泉ホテル・・・

温泉と言えば、温泉饅頭 ・・・

IMG_2812 

美味!

お勧めです。

IMG_2807

 

IMG_2810

リバティヒルクラブ の自慢桜!2010年!

今年も桜の季節がやってまいりました!

以前はいやーな季節だったのですが、ここ2~3年は理由もわかりませんが15年くらい付き合わされた花粉症も治りましたので、さわやかな気持ちでお花見を楽しんでいます。

2010年も元気にリバティの桜も咲きました!

いかがでしょうか?

綺麗でしょ?

IMG_2817

今年の花見は目黒川ではなく、近くの緑道でコンビニ酒とおつまみで簡単に0時頃から朝方4時頃までと相成りまして・・・ 来年はもう少しちゃんとやりたいと思います。

 

去年の様子はこちら

http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=1042