今日の1本 Vol-19 ~La Passion Grenache~

最近、縁があってたまに行くようになった下北沢のワインバー。

今夜は 「甘系が飲みたい」 というと、ちびまる子ちゃん風なキュートなラベルが目を引くボトルが出てきました。

1454497709733

La Passion Grenache

ずいぶんとお気楽でゴキゲンな様子のお二人が描かれた、楽しいイラストですね。
スペインかイタリアの陽気なラテン系のお国からやってきたのかと思いきや、なんと、フランスはルーションからの参戦です。

ルーション・・・
以前にも出てきた地名ですね。

HHH

スペインとの国境からカルカソンヌ付近を指す地域圏の名前で、古くから水代わりに飲むような安価なワインの産地だった・・・ とわたくし、勉強いたしました。

↓ こちらです ↓
今日の1本!~PICOULET Vol-2 ~

PICOULET 同様、ぶどうの果実味がとても豊かで、軽くも重くもなくとても飲み心地が良くて、そして安い!!
これは飲み過ぎに注意なワインです。
『地中海に行かずして地中海の恵みを得た・・・』 そんな、少々得した気分にさせてくれるヤツです。
これなら、ラベルのお二人がゴキゲンにやってるのも頷けますね!
ルーション、行ってみたいです。

さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。
ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

↓ ボルドーの様子はこちらをクリック ↓
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=453

お問合わせは是非ともリバティヒルバケーションまでどうぞ!

《クルーズキャンペーン》 約30%OFF 大好評、ラストセールです!

《リバティヒルバケーションが贈る クルーズキャンペーン》

約30%割引クルーズキャンペーンは、大好評につき残席わずか!

ラストセールのご予約受付中です。

申込締切は2016年2月2日(火)までです。
どうぞお早めにご予約ください!

 

2016年に日本仕様のホスピタリティを取り入れた船内サービスが人気の『ダイヤモンド・プリンセス号』が運航する《横浜発着》のクルーズより、お薦めのコースと限定客室をセレクトして・・・
パンフレット上の正規代金より 《約30%割引!》  のスペシャルプライスにてご案内しております。


※ リバティヒルバケーションとお取引させていただいている個人様・法人様の社員の皆様と、そのご家族・ご友人様限定です。

※ リバティヒルクラブ会員様、及び、そのご家族、ご友人様限定です。

ご両親へのプレゼントやファミリー旅行など、この機会に是非ともクルーズ旅行をご体験ください!

CI_201511_P04-05

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ クルーズ最大のメリットとは・・・ 効率、コストパフォーマンス、船内設備!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

航海しながら多彩な観光地を効率よく巡ることができる点です。
各寄港地では、日中に様々なオプショナルツアーが用意されていて、名所旧跡などの観光地を満喫します。
夜には、船内に戻り華やかなエンターテイメントやショーをはじめ、カジノ、スパなどで上質なホスピタリティをご体験ください。お部屋に戻ってゆっくりと寛いでいれば、翌朝にはもう次の目的地に到着しています。
そう、クルーズは荷物の出し入れも空港への移動もありません。
身体に優しい旅のスタイルなのです。

コストパフォーマンスにも優れている点も魅力的です。
移動費、宿泊費に加えて、船内での充実したお食事、イベント、施設使用料等が既にクルーズ代金に含まれています。つまり、映画やショーの鑑賞、プールやジャグジー、アフタヌーンティーなどはフリーパス感覚でお楽しみいただけるので、とてもお得です。
上質な旅を1日1万円台から楽しめるのです!

この機会に、是非とも日本仕様の船内設備が自慢のプレミアムクルーズ、横浜発着『ダイヤモンドプリンセス号』の船旅の魅力をご体験ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対象となるセレクト3コースはこちらです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ 2016年4月25日(日)~ 4月30日(土) 6日間
《気軽にショートクルーズ長崎と韓国6日間》
はじめてのクルーズに最適コースです。
http://www.princesscruises.jp/search/result.html?mode=1&year=2016&month=4

◆ 2016年6月15日(水)~ 6月24日(金) 10日間
《ハイサイ沖縄と台湾三都市周遊10日間》
クルーズの魅力が堪能できます。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M619/

◆ 2016年6月24日(水)~ 7月3日(日) 10日間
《ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン10日間》
日本クルーズ人気のコースです。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M620/

◆ 対象となる客室は、内側、海側、海側バルコニー、Jrスイートの4種類です。
海側バルコニー及びJrスイートは、前方/後方のお部屋カテゴリーとなります。
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/staterooms/

◆ 日本発着のクルーズパンフレットはこちらをご参照ください。
http://brochure.princesscruises.jp/princess/2016_jpn/

◆ ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子はこちら!
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/

 

当キャンペーンのお問い合わせ、ご質問は、リバティヒルバケーション(担当:岩崎)まで、お気軽にお問い合わせくださいませ!

【クルーズセミナー】 皆様のご参加ありがとうございました。

12月6日日曜日、リバティヒルクラブ内にてお忙しいなか大勢の会員様とそのご友人様にご参加いただき、ダイヤモンド・プリンセス号のクルーズセミナーを行いました。

2016年に日本仕様のホスピタリティを取り入れた船内サービスが人気の『ダイヤモンド・プリンセス号』の船内の充実度、旅の効率の良さ、コストのお手軽さなど、クルーズ旅行のメリットを十分にご理解いただけたと思います。

リバティヒルバケーションでは、2016年も引き続きクルーズキャンペーンを行って参ります。
この機会に、是非ともクルーズのたびをご体験くださいませ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ クルーズ最大のメリットとは・・・ 効率、コストパフォーマンス、船内設備!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

航海しながら多彩な観光地を効率よく巡ることができる点です。
各寄港地では、日中に様々なオプショナルツアーが用意されていて、名所旧跡などの観光地を満喫します。
夜には、船内に戻り華やかなエンターテイメントやショーをはじめ、カジノ、スパなどで上質なホスピタリティをご体験ください。お部屋に戻ってゆっくりと寛いでいれば、翌朝にはもう次の目的地に到着しています。
そう、クルーズは荷物の出し入れも空港への移動もありません。
身体に優しい旅のスタイルなのです。

コストパフォーマンスにも優れている点も魅力的です。
移動費、宿泊費に加えて、船内での充実したお食事、イベント、施設使用料等が既にクルーズ代金に含まれています。つまり、映画やショーの鑑賞、プールやジャグジー、アフタヌーンティーなどはフリーパス感覚でお楽しみいただけるので、とてもお得です。
上質な旅を1日1万円台から楽しめるのです!

この機会に、是非とも日本仕様の船内設備が自慢のプレミアムクルーズ、横浜発着『ダイヤモンドプリンセス号』の船旅の魅力をご体験ください!

CI_201511_P04-05

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対象となるセレクト3コースはこちらです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ 2016年4月25日(日)~ 4月30日(土) 6日間
《気軽にショートクルーズ長崎と韓国6日間》
はじめてのクルーズに最適コースです。
http://www.princesscruises.jp/search/result.html?mode=1&year=2016&month=4

◆ 2016年6月15日(水)~ 6月24日(金) 10日間
《ハイサイ沖縄と台湾三都市周遊10日間》
クルーズの魅力が堪能できます。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M619/

◆ 2016年6月24日(水)~ 7月3日(日) 10日間
《ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン10日間》
日本クルーズ人気のコースです。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M620/

◆ 対象となる客室は、内側、海側、海側バルコニー、Jrスイートの4種類です。
海側バルコニー及びJrスイートは、前方/後方のお部屋カテゴリーとなります。
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/staterooms/

◆ 日本発着のクルーズパンフレットはこちらをご参照ください。
http://brochure.princesscruises.jp/princess/2016_jpn/

◆ ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子はこちら!
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/

 

当キャンペーンのお問い合わせ、ご質問は、リバティヒルバケーションまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

《第7回 LHV NAVIセミナー》 ダイヤモンド・プリンセス号の魅力ご紹介!

第7回 LHV NAVIセミナーを開催いたします。

テーマは、キャンペーン商品でもある横浜発着のダイヤモンドプリンセス号のクルーズの旅。
日時は、12月6日(日) 15:00~16:30です。
会場は、リバティヒルクラブ ラウンジフィガロにて。
参加費は、もちろん無料です。ドリンクとケーキ付き。

定員は12名様限定です。
残りが少ないので、お早めのお申し込みをお待ちしております。

当日は、キャンペーン商品のダイヤモンドプリンセス号の日本発着のクルーズの基本的な内容から役立つ情報や、クルーズの旅のメリットなど、まだクルーズ旅行を未経験の方でもお楽しみいただけるようにご案内いたします。

リバティヒルクラブの会員様、そのご家族、ご友人様など、お誘いあわせのうえ、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

当セミナーのお問い合わせ、ご質問は、リバティヒルバケーションまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ダイヤモンドプリンセス LHV セミナー

【クルーズキャンペーン 30%OFF】 2016年横浜発着 ダイヤモンドプリンセス号

1445919716072

リバティヒルバケーションでは、現在、リバティヒルクラブ会員様向けに クルーズキャンペーン を実施中でございます!

世界を代表するクルーズ船の一つである、プリンセスクルーズが運航している 『ダイヤモンド・プリンセス号』 は、数年前から、横浜や神戸などをベースにして日本列島や東アジア諸国を周遊するクルーズを皆様へお届けしています。

2016年も4月25日より10月4日まで、全16コースが予定されています。
リバティヒルバケーションでは、全16コースから3つのコースを厳選!
キャビンは、人気の高い『内側のお部屋』『海側のお部屋』『バルコニー付のお部屋』、そして『ジュニアスイート』の4つをピックアップして、皆様のご予約をお待ちしております。

 

これら、3つのコースと指定のお部屋タイプに限り・・・

30%割引のスペシャルプライス をご用意しております!

 

《 ↓ キャンペーンの詳細はこちらをクリックしてください ↓ 》

リバティヒルバケーション ダイヤモンドプリンセス 2016 キャンペーン

 

クルーズにご興味のある方、
まだクルーズの旅をご体験されたことのない方など、はじめてのクルーズにはぴったりの旅行スタイルだと思います。

是非とも、この機会に 横浜発着のダイヤモンド・クルーズをご体験くださいませ!

 

お問い合わせ・お申し込みは、リバティヒルバケーションまで、お気軽にご連絡くださいませ。

詳しくは、会員様へ直接ご案内させていただきます。

皆様のご予約、心よりお待ち申し上げます。

 

今日の1本!Vol-14 ~十四代と山本~

先日、リバティヒルの経理課の皆様方とお食事会に行ってきました。
今夜の会場は、都立大学駅にほど近く “美味しいお蕎麦屋さんを見つけたので是非!” ということで誘っていただきました。

お蕎麦屋さんといえば、やっぱり日本酒!

推薦人が 『たまたまランチに入ったお店が気に入ってその日の夜も飲みに行った!』 と1日2回訪問したというお店だけあって、日本酒のラインアップは充実しています。
私のお気に入りの 「十四代」や「磯自慢」などがカウンターにドーンと鎮座しているではありませんか!!
入店するなり呑みのスイッチが入ってしまい、無くなってしまうのではないか?という恐怖心から、料理の前から「とりあえず十四代」 とオーダーしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり口当たりよくて美味しいですね~
フルーティーでとても飲みやすく、いきなり一杯目からでもOKですね。

充実した日本酒のラインアップなので、いくつもの種類を少量ずつ飲み比べをゆっくりと楽しみます。
今夜のお気に入りはこちら!

1424432032436

『山本6号と7号』
秋田からの参戦で、世界遺産・白神山地のお水を使っているそうです。
6号と7号の違いは・・・説明を受けたかどうかも覚えていませんが、酒の香りがしっかりしるのに柔らかくて飲みやすい。お刺身や馬刺しなどの料理にも合い、とても美味しいです。

料理も豊富でシメは蕎麦も美味しい!
とても良いお店でした。。。

LHC・日本酒の会(非公認)
長らくの沈黙を破り・・・

この春、復活の予感です!!

LHVの風景 Vol-7 ~お宝発見!?~

リバティヒルバケーションのオフィスには何台かの机や書庫、ラックなどがございます。
その一角には、見たくないものとか面倒なものがたくさん詰め込まれている、通称 “開けずの間” という引き出しが存在しています。

先日、どこをどう探しても見つからない書類を求めて、久しぶりに開けずの間を開けてみました。
案の定、欲しい書類はそこにないのですが・・・
代わりにとても懐かしいものが出てきたのです。

1424581991588

懐かしの第一勧業銀行、富士銀行、三和銀行の各行封筒に入ったヨーロッパの通貨たちを発見!

フランスフラン
ドイツマルク
ベルギーフラン
イタリアリア
イギリスポンド
行ったことのないのになぜかロシアのルーブル
etc

一部を除いて、いずれもユーロに変わる前の小額紙幣とコインたちで懐かしいものばかりで昔の記憶が甦ります。。。
初めて添乗に行ったとき、ブリュッセルでタクシーを降りる際にチップだなんだで慌ててしまい、間違って“0”がひとつ多い紙幣を渡して大損したり・・・
急遽、スケジュールが大きく変更され予定していたマルクからフランへの両替ができなくなり、お客様に立替えてもらったり・・・
当時は一回の旅行でだいたい3-4回ほど両替をしなければならず、とにかくたくさんの封筒を持ってヨーロッパへ添乗で行っていたことを思い出します。

ふっと見ると一つだけ特殊なコインが・・・

1424417978778

そのフランスフランのコインには TOUR EFFEL 1889 1989 との刻印があります。
調べてみたら・・・
なんと!
『エッフェル塔100周年の記念コイン』!!

たぶん、大量に出回っていて当時からなんのプレミアもない普通の5フランのコインなのでしょうけど、とっても得した気分にさせてもらいました~
次回も開けずの間を開けるときは、なにが出てくるのか期待してみたいと思います~

クラブイベント “シギラリゾート宮古島便り”

1421995097488

シギラベイ・カントリークラブより

2015年1月22日より3日間の行程で、リバティヒルクラブ会員様のツアーイベント 『シギラリゾート・エンジョイゴルフ宮古島3日間ツアー』 を現在開催中でございます。

ご参加いただきました会員様に同行している錦織ゴルフコーチと岩井アテンダントからの報告が入ってきました!
幸いにも天候に恵まれて、本日は少々風があるものの気温は17℃前後と絶好のゴルフ日和に。
留守番の私のために写真を送ってくれました。

ご覧ください。
1月とは思えない緑豊かなフェアウェイ!
そしてエメラルド色に輝く海!
まさに南国リゾートですねぇ~

スコアは気にせずにフルスウィング!
OBなんて恐れない!
海まで飛ばしたいですねぇ~~

本日は1ラウンドしたあとにコースを使って練習会が行なわれます。
1つのホールを貸切にしていますので、様々な場面を想定し、いつもとは違う練習ができると思います。
私は、池やバンカーを超えるショットを打つ時などは、ことごとく、もう気持ちいいくらい池とバンカーに入れてしまいます・・・ 
プレッシャーに打ち勝つためのコース練習はとっても羨ましいぞ!

ご参加のみなさま、今夜は美味しいものをたくさん食べて温泉に入って、ごゆっくりお寛ぎください。
そして、明日は気をつけて帰ってきてくださいませ!

LHVの風景 Vol-6 答えはこちらです。。。

前回のBLOGの続きです。

サクラエビ
しらす
黒はんぺん
みかん
そして、魚で有名な街と来れば・・・

もうお解りですよね。
静岡県の『焼津市』
でした。

なんと!
お一人様よりご解答を頂戴しています。
正子様、
お見事。
正解でございます。

焼津や周辺の街には都市型温泉地がいくつかありますので、夕食は旅館やホテルではなく、市街にたくさんある好きなレストランへ食べに行けるので夕食の選択肢が多いのがメリットです。
温泉とさまざまな美味しい食事が楽しめる静岡県は大変魅力的なところです。

1418431649535

海の幸以外にも
大好きな日本酒の磯自慢あり・・・
大好きなトマトには、アメーラトマトがあり・・・
大好きなフルーツからは、みかんや石垣苺があり・・・
そして、水道水の美味しさにはびっくりです!

海あり山あり富士山あり・・・
静岡は飽きさせませんね!

 

 

~ リバティヒルバケーション 年末年始営業のご案内~

2無題

 

★☆★☆★☆ リバティヒルバケーション 営業日について ☆★☆★☆★

拝啓、師走の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年も格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2014年度の 『リバティヒルバケーション 年末年始の営業日』 を、以下の通りとさせていただきます。
来る年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                     敬具
追記
リバティヒルクラブの年末年始営業日とは異なります。
クラブの営業日は異なりますのでご注意ください。

■2014年
12月27日(土) 休業日
12月28日(日) 通常営業 10:00~18:00
12月29日(月) 短縮営業 09:30~16:00
12月30日(火) 年末年始休業
12月31日(水) 年末年始休業

■2015年
01月01日(木) 年末年始休業
01月02日(金) 年末年始休業
01月03日(土) 年末年始休業
01月04日(日) 年末年始休業
01月05日(月) 通常営業 09:30~18:30

年末年始の期間中、緊急時や急なご出発などがございましたら、弊社までお問い合わせください。
お電話は担当者の携帯へ転送されますので、可能な限りご対応させていただきます。
なお、航空券の予約及び発券業務は年末年始でも可能です。

来年も皆様にとって良い年になるようにお祈りしております。
良いお年をお迎えください!

リバティヒルバケーション

LHVの風景 Vol-5 お気に入りの温泉地はどこ?

先日、休みの日を利用して1泊2日の温泉旅行へ行ってきました。

紅葉にはもう遅いですが、清々しい冬晴れの青空の下、快適に高速道路をドライブするのは気持ちいいですね。
今日の目的地は、東京からも近く、学生時代の友人らと気軽によく行く温泉地です。
温泉のほかにも、美味しい食べ物がたくさんあり魚好きの私には堪らない場所なのです。

 

さあ、ここで問題です。

わたくし、どこへ行ったでしょうか?

ヒントはこちら!

1418437956012

※マグロの赤身!
※サクラエビのかき揚げ!
※釜揚げしらす!
※黒はんぺん!
※デザートにみかん!

知らない方はたぶんいないであろう、日本を代表する漁港の一つにある魚河岸食堂の定食の写真です。
地産地消のモデルケースと言っても過言ではありません!
この地域を代表する数々の食べ物が集まっています!
いつも朝食を食べにここへ行くのですが大人気です。

さて、お解りになりますか?

答えは次回のBLOGにて~

今日の1本!Vol-12 David Duband 2002

今年もいよいよ12月に入り寒さも増してきました。
いよいよ忘年会シーズン突入ですね。

先日、友人が代官山と渋谷の微妙な場所にお店をオープンさせた・・・ という知らせを受けていたので、二次会がてら遊びに行ってきました。
リノベーションしたばかりの店内は綺麗で気持ちがよいのですが、お店のコンセプトが “図工室” という、ちょっと変わった・・・ いえ、とても個性的な雰囲気です。
しかし、気さくなオーナーが作ってくれる料理の数々は、どれもワインに合うものばかりで、さすがです!まさかの図工室で飲んでるなんて、もう気になりません!

そして、ソムリエとして信頼しているオーナーがお勧めしてくれた今日の1本はこちら!!

DSC_0446

DAVID DUBAND 2002

「高いからねー!」 のひとことと一緒にワイングラスを受け取ります。
ブルゴーニュの 「ニュイ・サン・ジョルジュ村」 からの参戦です。
聞けば、2002年は当たり年で大人気だったらしく、確かにとても綺麗な色艶で、風味は果実の香りもしっかりしているけれど、とてもピュアな感じで大変飲みやすいワイン。あっという間に 「ウマい!おかわり!!」 となってしまう赤ワインです。

ニュイサンジョルジュ村はヴォーヌ・コンティ村と同じコート・ド・ヌイ地区にあり、ブルゴーニュで1・2を競う生産地にあるのですから、大変魅力的なアペラシオンです。

『ディジョンからブルゴーニュを経てリヨンまで・・・』
あー、また飲み食い倒れるような旅をしたくなってしまいます・・・

ボルドーの様子はこちらをクリック!

旅のご相談・お申し込みはリバティヒルバケーションへ!
皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

今日の1本! Vol-11 ~CERETTO & クロワッサン③

そうこうしているうちに、ついにクロワッサンが焼き上がりました!

たっぷりバターのお陰かどうかわかりませんが、BELAMIを彷彿とさせる香りはOKです。
あの香ばしい焼きたてのパンの香りに包まれて期待も膨らんできます。
いよいよオーブンから焼きたてホヤホヤのパンを取り出して、早速、人生初の手作りクロワッサンを食べてみます!

DSC_0347

うーん、、、
違う。。。
どこで間違った???

外はカリッカリ
中はジットリ

原因はさておき、パンの中まで焼けてなかったようだったので、とりあえず焼き直しをして修復を試みますが、残念な状況だということは素人にも明らかです。
二度焼きしてみてもコンディションはあまり好転せず。
初めてのクロワッサンは見事失敗に終わりました。

そんなクロワッサン作りの難しさを噛み締めながら、カリッカリになった固いパンを胃袋に押し込んでもらうのに登場した今日のワインは・・・

チェレット モンソルド
CERETTO MONSORDO

DSC_0373

なんと!
ワインの顔であるはずのラベルがありません。
ただ真っ黒なボトルに小さく CERETTO
さすがイタリアだと思えるこのボトルデザインは、スタイリッシュでとてもクールです。

イタリアはピエモンテ州アルバからの参戦です。
アルバといえば、白トリュフが有名ですね。
食文化が発達している地域ですから、それに伴うにワインも美味いに決まっています。

色も香りも濃く、芳醇な匂いはフランスワインの赤という印象。
期待通り、ボトルに負けないくらい中身もとてもクールなワイン。
失敗したクロワッサンのお供なんかにしてはいけないワイン。
つい、『たっぷりクレソンと肉持って来い!』 と言ってしまうワインです。

ピエモンテ地方をはじめとする北イタリアは、これから初夏に向かい一番気持ちの良い季節を迎えます。
トリノやマジョーレ湖などを代表に、山あり、湖あり、近くに海もあり四季折々の美しい景色と美味しい料理が盛りだくさんです。

さあ、今年の夏のバケーションには、ぜひともイタリアのピエモンテやヴェネチアがお勧めです!
新たに就航したアリタリア航空の成田~ヴェネチア路線も好調のようです。
【ピエモンテ州のご案内はこちら!】
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.enit.it/ja/sediestere/asia/tokyo/brochure/category/78-brochurestokyopiemonte.html

旅のご相談・お申し込みはリバティヒルバケーションへ!
皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

CROISSANT① ~手作りに挑戦!

昨年の10月以降、なにかと 『こねる系の手作り』 にハマっています。

あまり馴染みはなかったのですが、見ていて簡単そうだったベーグルを作ってみたり・・・
⇒ http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=2506
年末年始の集まりに皆に振舞おうと蕎麦を打ってみたり・・・
⇒ http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=2572

そろそろ蕎麦打ちにも飽きた(ムズカシイ!)ので、今度は大好きなクロワッサンに挑戦してみました!
自称、『クックパッド先生のもとで修行した』 という友人のもとに昼間から集まって授業が始まります。

強力粉や砂糖、塩、ドライイーストなどの各種レシピを並べ、ボウルのなかで手ごねして機械へ投入し生地を作ります。
そして、かなり手に馴染んできた気がする伸ばし棒を持ってきて、蕎麦打ちの要領でパン生地を伸ばします。

DSC_0337ここで登場するのが無塩バター!
このバターを薄く切って伸ばした生地に練り込むというのです。
まさか、このバター200g 1個をまるまる使い切るとは思っていませんでした。
もしかしたらバター大好き人間に見られてしまっているのかもしれないと思い 『おれはバター多めにとは言ってないよな・・・』 と念のため断りを入れましたが、『これが普通だから大丈夫!』 とのこと。

クロワッサンって超高カロリーだったんですねー
初めて知ってしまった。。。

それにしても、このクロワッサン・・・

作るのにはとにかく時間がかかるのですね。
生地を発酵させるのに約60分。
それから伸ばしては寝かせて、
また発酵の約60分。
これを4-5回繰り返し・・・

DSC_0341

陽が沈む頃にやっと生地が完成。
その頃には。。。
もう一つ、酔っ払いも完成していたことは言うまでもありませんよね!

DSC_0342

あとは生地をカットしてクロワッサン独特の形状に巻いて焼くだけです。
ここから先は、もう無理な状態になってしまったので先生にお任せです。

オーブンでの焼きと卵塗りを経て、我々の夜ご飯がもうすぐ完成いたします。。。

新春! 初打ち!

新春の 『初打ち!』 をしてきました。

・・・ と言っても、私の一番得意な8番アイアンのゴルフではございません。。。

『そば打ち』 でございます!

ことあるごとに “そば打ち” をしている自称そば職人の友人に 「俺のほうがうまく出来そうだな~」 と軽い気持ちで言い放ったのが始まりです。

しかし、こんなにも大変な労力を必要とするとは、正直思っていませんでした。
昨年末に初体験ということで 茨城のそば粉8&小麦粉2 で、いわゆるニハチそば作りに挑戦しました。

DSC_0277

卵をといだ水を少しずつ加えたら、ひたすらコネクリまわしますが、力の入れ具合もリズムも悪くて、ただ疲れる!
この作業で9割方決まるからと言われても・・・ツライキツイ。

  DSC_0279
耳ぶたと同じくらいの固さになるまでなんとか捏ねて、棒で引き延ばすのですが、これもコツがあるようで実際にやってみると結構難しい・・・!
 

 DSC_0280

いよいよ作業も終盤ですが、この時点ですでに身体がヘロヘロです。

 DSC_0281初めて持ったそば包丁は見た目通り重くて扱いにくかった。
60センチほどのに延ばしたそばを細く切るのに30分くらいかかり、こんな感じに・・・

DSC_0282
若干・・・ 太めのそばになりました。
もちろんうどんではありません。

2013年最後の忘年会の〆に!
はじめてにしてまぁまぁ美味しかったと思いますが、みんな喜んで食べてくれたかな?

年明け早々にも2回ほど打ち込みをしてきました。
今年のテーマの一つに “目指せ!そば職人”を加えたいと思います!!

リバティヒルクラブでイベントやりますかね!?

新春のお慶びを申し上げます。

新春のお慶びを申し上げます。

IMG_0226

旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

本年も 『夢』 と 『感動』 に溢れた旅をお届けしたいと思います。

新しい年も皆様にとって佳き年でありますよう、心より祈念いたしますとともに、2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

岩崎 治幸
リバティヒルバケーション

【アリタリア航空】 ヴェネチアへ直行便が就航します!

アリタリア航空がやってくれました!!

img_717252_9982907_0

イタリアを・・・ いえ、世界を代表する観光都市である “ヴェネチア” へ、いよいよ東京から直行便が就航するというビッグニュースが入って参りました!

日本からイタリアへの直行便は、長年の渡ってローマとミラノの2都市のみでしたが、2014年4月からヴェネチアが加わることになりました。

世界的な観光都市であり、クルーズの発着港でもあるヴェネチアへのアジアからの直行便は、『初』 だそうです。
とりあえず、週2便からのスタートのようですが、フローレンスやボローニア、そして、トリエステ方面への観光の際にも大変便利になりますね。
わざわざ、列車でミラノやフライトで欧州内都市を経由しなくても直接帰国できる時間と経済的メリットは大きいです!

来年4月からは、アリタリアの頑張りで東京からイタリアへのフライトは・・・
♪ローマ行きはデイリー運航で週7便
♪ミラノ行きは週5便
♪ヴェネチア行きは週2便
計14便!!

一時期よりもだいぶ元に戻った感じですね。
それに対して日系航空会社のイタリア路線は・・・ なんと0!!

寂しいですね~
そろそろ鶴のマークに戻ってきてほしいですね!

北海道 登別温泉へ

・・・というわけでちょっと北海道に行ってきました。

寝台特急『北斗星号』へ乗車し、まずはブルートレインの旅を楽しみます。

DSC_02421

残念ながら、あと数年で廃止が決まったという北斗星号。

今回は、個室寝台が取れていたので遠慮なく車内で“楽しく飲み会”をしながら一夜を明かします。

なんたって、始めから車内にいますので、帰りの電車の時間を気にする必要がないこの贅沢なひと時!
すぐにでも寝れる状態でいられるこの安心感!
寝台列車って素晴らしい移動手段だったのですね~
気が付いたら自分の部屋に戻る前に寝てました。。。

DSC_0259

夜が明けると函館に到着。
北の大地はすでに雪原となっていました。

DSC_0264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 所用を済ませて、さて帰りますか・・・と思っていたところ、途中で赤鬼に出くわし 『おまえはこっちへ行け!』 と指図されるがままに道を曲がると、なんとそこは登別温泉。。。

数ある温泉も、私は硫黄泉が一番のお気に入りです。
あっ、ちなみに私の温泉地ベスト3は 「登別温泉」「草津温泉」そして、3つ目はまだ訪れていない未知の温泉地も多いので「ブランク」とさせていただきます。

ここは素晴らしかった~ という温泉地があったら是非とも教えてくださいませ。
来年こそ、ベスト3を完成させたいと思います。

今日の1本! Vol-9 ~Thorin Beaujolais Nouveau 2013~

11月と言えば、
縁起ものですし…
私の誕生月だし…
そう、ボジョレーヌーヴォーの季節ですね!

DSC_0228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱燗にしてやりたいくらいの寒い夜ですが、今年も一杯いただきにやってまいりました。

年々、カジュアル感のあるラベルが多くなっている気がしますが、今年のボジョレーもまるでイタリアからやって来たような色彩で、ラベルはかっこいいです。

水のような… というかほぼ水!
早摘にしても、口当たりもなければ、香りも残らず、残念ながら美味しくはなかったです。

仕方がないので、あとはオバマンとくまモンに任せたモン!

DSC_0231
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボジョレーは来年に期待するとして、美味しいワインを飲みにボルドーやブルゴーニュへ行きたい気持ちが高まってしまいました。

そのような方は、リバティヒルバケーションまでお問合わせくださいませ。
→ボルドーの様子はこちらをクリック!

しかし・・・
やはりボルドーは遠いので・・・
ちょっと北海道に行ってまいります!

今日の1本!Vol-8 ~GINI SOAVE CLASSICO 2011

体育の日の連休は、爽やかな秋風が・・・ 吹くこともなく相変わらず暑かったですねー!
こんな季節外れの気持ちのよい夏日には、美味しいランチとワインを楽しみに出掛けてしまいます。

さて、本日のイベントはベーグル作り。
生まれて初めてのベーグル作ってみました!

いえ、作った!というより『手伝った』・・・
いや、食べたいから『手伝わせてもらった』・・・
最終的には、『見てた?』・・・
というのが正解かもしれません。。。

ベーグルにはあまり馴染みがなく、ニューヨークの街角で食べたかコストコでたまに買うかくらいしか知りませんでしたので驚きました。

ベーグルって茹でるんですね!
パン生地を茹でるって・・・
びっくりしました~

2時間らいでベーグル完成。
意外と簡単に出来るんですね。

 DSC_0188

 
さあ、生ハムとサラダを添えて完成です!
そして、ベーグル作り初体験の本日のお供はこちら!

GINI SOAVE CLASSICO 2011

DSC_0185

華やかな香りとキリッとしたちょい辛ワインは、今日みたいな暑くて気持ちの良い日には最高に美味しく、ごま風味のベーグルにどんピシャでした。
イタリアアルプスとアドリア海に挟まれた風光明媚なイタリア・ヴェネト州からやってきたこのソアヴェ。
ヴェネチアを流れる運河に浮かぶゴンドラに乗って、優雅にカンツォーネを唄いながら飲むにはもってこいのワイン!

あ~、目に浮かびます!
今度行ったら絶対にやってみます!

サマーバケーション④ 被災地・石巻

今回の旅の最後のテーマ。

仙台市内からほど近い、石巻市周辺の被災地を巡ってみました。
仙台に親戚が、陸前高田出身の飲み友達がいたりしたので、大震災直後には救援物資などの準備を手伝ったりしたのですが、2年経った今、実際はいったいどうなっているのだろうか・・・ 見学に行ってきました。

日本三景の一つ、“松島”へ行ってみます。
ここ松島は、島々が緩衝材となりそれほどの大きな津波の被害はなかったそうです。
慰霊祈念碑が建立されていました。

DSC_0141

松島から北上して奥松島や東松島、野蒜海岸へ。
きれいで静か、遠浅で広大な砂浜の海水浴場だった野蒜海岸を5メートルくらいある堤防の上から望みます。

-847

堤防の反対側には松林があり、その向こうはもともと住宅地だったそうです。
瓦礫はすべて撤去されており空き地が広がっています。未だに水没している田園が多くあり、このあたりには震災前に人が生活していた形跡はまったくありません。

あまり予備知識を持たないで行ったのですが、周辺の家屋はもちろん、近くを走るJR仙石線の列車や駅舎までもが流されていて、この周辺にもかなり甚大な被害があったそうです。

海岸の堤防を7.2メートルまで嵩上げする計画なのでしょうか?

-849

このあとは、さらに北上して石巻市を訪問しました。
宮城県で2番目に人口が多い街で、車で移動するには道路も整備されていてアクセスがよいです。
幹線道路周辺には、大型ショッピングセンターや専門店などがあり賑やかな雰囲気でしたが、駅のある街の中心地が近くなるにつれて 「道、間違ってない?」 と思えるくらい道路がガタついてきて、徐々に街並みも寂しくなっていきます。
白謙本店のある駅前商店街に差し掛かると少しずつ建物の損傷が激しいものが現れ、バイパス周辺とは全く異なった街並みがあり、シャッター街となっていきます。

商店街を通り過ぎるとますます路面状況が悪く、川と海が近くなります。
津波に襲われて1階部分が流失し無残にもそのまま放置されている建物が多く現れるかと思えば、一方では新しく建てられた住宅や店舗も数多くあり、それらが混在した風景が広がっていて少々混乱してしまいます。

『同じ被災地でもこうも復興のスピードが違うのか…』 と、2年以上経った今でも被災地の厳しい現状が見て取れる環境でした。
自分の出来る範囲ですが、少しでも復興に向けてのお手伝いをしていきたいと思います。

サマーバケーション③ 東北道お土産コレクション

高速道路を利用しての移動時のお楽しみと言えば、サービスエリアでの食べ歩きならぬ食べ走りですね!

今日は、『東北道お土産コレクション』 を開催させていただきます。

No.1   ~萩の月(仙台)~
ご存知!東北No.1の呼び声も高い有名なお菓子ですね。
その重厚なパッケージやサービスエリア内にある萩の月専用の売場面積からして、チャンピオンの風格が漂っています。 

-854

No.2  ~御用邸の月(那須)~  
パッケージを取ったらどっちがどっちだか、もうわかりませんね。
那須のハートランド(お菓子の城)で作っているだけあって濃厚な味わいが美味でした。

DSC_0128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3  ~ももろーる(福島・国見下りSA)~
最近流行りの某コンビニ製ロールケーキと似ていますが、フルーツ王国福島名産の桃が入っています。
冷やしてあるので冷たい桃の粒がとっても美味! 国見SA下り線限定商品だそうです。
 
DSC_0130

No.4  ~ずんだ餅(仙台)~
これぞ東北地方を代表する 『King of 郷土菓子』 ですよね。
しかし、個人的に枝豆は大好きなのですが、やはり枝豆は枝豆のままが一番かな~
ここまで来るとお腹一杯でパッケージを開ける気にもなりません。

-861

No.5  ~白謙の笹かま(石巻)~
宮城のお土産で、忘れてはならないのがこの笹かまです。
そのままでも、ひと手間加えてもお酒のツマミにもなるユーティリティーなヤツです。
石巻の商店街にある白謙の小さな本店にはひっきりなしにお客さんが来店していました。

DSC_0143

今大会のチャンピオンは、満場一致、ダントツで『ももろーる』に決定いたしました。

皆さんも東北道を走るときには、国見SAで是非とも、ももろーる をお召し上がりくださいませ。
ちょっと東京からは遠いですけど・・・

LHVの風景 Vol-3~ クラブへ行く途中に・・・

最近、リバティヒルクラブへ行く途中に目に飛び込んでくるものがあります。

ラウンジフィガロ の小さな菜園から、元気に道路側へ飛び出している コイツ です。

DSC_0149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶんとたわわな感じで、とても美味しそう!

なんという植物かもわかりませんけど。

そろそろ収穫されて、フィガロの食材と化されてしまうのでしょうか・・・

 

毎朝、ニョキっと定位置にいるのを見つけると 『おぉ、まだいる!』 とちょっと安心してしまいます。

ラウンジの皆さん、収穫の時には呼んでくださいね!

祝!記録更新 羽田空港自由が丘行

記録を更新いたしましたので、ここにご報告申し上げます。。。

羽田空港国際線ターミナルに航空機がスポットインして、~飛行機を降りたところから自由が丘に帰宅するまでの所要時間の記録~ というものの最短時間の記録を更新いたしました!!

私の乗っている飛行機がイミグレーションに近いスポットに到着したので、『んっ?これはいけるッ!』 と直感!
さぁ、“記録更新” の四文字を頭に浮かべ気合を入れて、飛行機を降り検疫をスルー、バケージクレイムも預けてなかったのでそのままスルー。
一番の懸念だった入国審査も連休なのに空いていた時間帯らしく幸いガラガラ。。。
そして、最後の税関には「悪いものはなにも持ってません!」と顔で猛アピールしておいたのでここもパス。

到着ロビーに出たところで時計を見ると・・・ここまで来るのになんと15分。
見えてきました!
もう記録更新を狙うしかありません!

国際線駐車場も渡り廊下のある同じ3階に停めておいたので、同フロアからスムーズに環八へ。
祝日の夜でしたので、環八も渋滞知らずでスイスイ~
あっという間に自由が丘まで戻って参りました。

気になる時間は・・・

なんと!66分後にはソファーに座っていました。
目標の60分以内には届きませんでしたが・・・ 惜しかった!

次のチャンスがあったなら 60分の壁 を狙ってみたいと思います。
(もちろん交通ルールを守りながらの運転で!)

あぁ、惜しかった・・・

それから・・・

羽田空港・国際線ターミナルの拡張&増築工事が、ものすごい勢いで進んでいますねぇ。
今年3月に来た時には、来年3月の供給開始に間に合うのかな~といった感じでしたが、すでにサテライト部分の骨格はほとんど出来上がっているようです。

国際線の発着枠や駐機スポットの数の増加に加えて、慢性的に混雑している駐車場やホテルなども新たに作られるらしいです。
この連休の駐車場はもの凄く混雑していました。夏休み期間中も注意が必要です。

-829

-8311

ソウルや上海などのハブ空港に対抗できる、アジアを代表する東京の空港になってほしいものですね!

Tour de France ~いよいよモン・サン・ミシェルが登場!

ボンジュール!
ツール・ド・フランス観てますか?

コルシカ島、ニース、南フランス、ピレネーを走破して、昨日はご存知、トルシエ元代表監督の通訳としても有名なフローラン・ダバディ氏のガイディングとともにブルゴーニュ地方をワンデイドライブ気分で北上したのち、サン・マロへゴールしました。
ダバディ氏の歴史解説や地域情報はとても面白く、勉強させていただきました。

ブルゴーニュ地方を代表するリゾート地、“サン・マロ”といえば、海賊の街、牡蠣や塩製品が美味!そして、タラソテラピー発祥の地として有名ですね。
むかーし、添乗で一度だけ訪問したことがありましたが、その日の冬のサン・マロは、天候が悪く風も波も高くて荒れていました。
フランスに来ているはずなのに目の前に広がる白波と岩肌の海岸には・・・ 『あれ???日本海じゃん・・・!!』
でも、海岸線をよーく見てみると城壁や小さな岩礁の周りに砂が堆積してできた砂浜がそこかしこにあり、『これが小さな陸繋島か。来るなら夏!』と強烈に心に刻みんだことを覚えています。

ツール・ド・フランスは、いよいよ第11ステージの今日は世界有数の観光地 『モン・サン・ミッシェル』へゴールします。
個人タイムトライアルなのでレース模様は単調になるのではないかと思いますが、モン・サン・ミッシェルの麓という最高のロケーションにゴール地点があるそうですので、様々は角度から映像を写しまくると思います。
きっと、いままで見たことのないモン・サン・ミッシェルが楽しめるのではないでしょうか?

204602

 
今年、ツール初登場のコルシカ島はツール開催を招致するために5億円を投資して、世界にコルシカの美しさと魅力を伝えました。
ツールドフランスは、立派な旅番組と化しています。
今夜は、『世界遺産モン・サン・ミッシェル』 に敬意を払い、ワインとオムレツを用意して観戦しようと思います!

Tour de Franceの魅力④ ゴールはシャンゼリゼを疾走!

ツール・ド・フランスの魅力を勝手に語らせていただきましたが、いかがでしょうか?

Tour de Franceの魅力① ワンデイドライビング  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=2260
Tour de Franceの魅力② チームの和と駆け引き   http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=2285
Tour de Franceの魅力③ 日本人選手の活躍   http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=2309

 

さあ!いよいよ100回記念大会の今年も間もなくスタートしますよ!

最終日のパリでは、例年、ピラミッド広場やコンコルド広場を通り、シャンゼリゼに至るパリ中心地を横断する周回コースが用意されています。

contador-tour-de-france-article

しかーし!
今年はツール100回記念大会!
今年は少し延ばして凱旋門までをも周回する特別記念コース!

さあ、見たくなったりしませんか???

そのうち、ラウンジのモニターで映像を流しているかもしれませんし・・・

さあ、初夏のフランスへ行きたくなったりしませんか???

そのうち、シャンゼリゼ周回コースのゴール地点あたりで1泊3日の強行スケジュールで観戦ツアー、やっちゃうかもしれませんし・・・

テレビ放送は、CS放送の J Sports で独占生中継します!
ワンデイドライビング気分で楽しむもヨシ!
レース展開を予想しながら、チーム戦略や駆引きを楽しむもヨシ!
是非、ご覧くださいませ~

 そして、来年あたり・・・ リバティヒルクラブの会員の皆様、ご一緒に行きませんか? 

ツール・ド・フランスをはじめ、3大ツールに行きたいと思われてる方、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

 

Tour de France の魅力① ワンデイドライビング! 

今年も早いもので、5月に入りゴールデンウィークも終わってしまいました。

ヨーロッパでは、大きな展示会や国際会議のシーズンがひと段落して、代わってメジャーなスポーツ祭典が目白押しのシーズンの幕開けとなります!

私の大好きな F-1  は、いよいよヨーロッパラウンドがスタートし、本格的なポイント争いが始まります。
 あっ、ちなみに弊社リバティヒルバケーションでも各地のレースの観戦旅行の手配を承ってございます!

テニスでは、ご存知、フレンチオープン、ウィンブルドン と4大トーナメントのうち、2つの大会が連続開催されますね。
 はいっ、もちろん、テニス4大大会のご観戦をご希望の方は、弊社リバティヒルバケーションへお任せくださいませ!

そして、近年、私が一番楽しみにしている 【サイクルロードレース】 のシーズンも開幕するのです!
本日現在、イタリア各地を舞台にレース8日目を迎えてアドリア海沿いを走り回っている 『ジロ・デ・イタリア』・・・
6月29日から3週間の間、フランス全土を舞台にレースが繰り広げられる 『ツール・ド・フランス』・・・ 
いよいよ世界3大ツールがいよいよ始まり、ヨーロッパは初夏へと向かいます。

特に今年は100回記念大会を迎える ツールドフランス は、欧州のみならず世界中から大注目です。

ツール・ド・フランスの魅力 … それは間違いなくテレビに映し出される 『映像美』 です!!

オリンピック、サッカーワールドカップと共に“世界三大スポーツ”に挙げられるこのツール・ド・フランスの中継は、見ていて飽きませんと私は言い切りましょう!!

選手たちを追いかける映像美は、はっきり言って日本のマラソン大会や箱根駅伝の比ではありません。
車やバイクに搭載された車載カメラから送り出される映像は、レースのスピード感にあふれて、選手の表情を迫力満点に映し出しています。

 Tour_de_France_2012_stage16_5__60102_1352352454_1280_1280

 そして、何機ものヘリコプターからの空撮は、美しい景観や歴史のある街並を積極的に捉えて飽きることがありません。

ピレネー山脈やアルプス山脈などの2000メートル級の山岳地帯や峠、
農業大国フランスの側面が見れる大規模な田園地帯、
初夏らしい草原やひまわりの咲き乱れる丘陵地帯、
地中海や大西洋を望む美しい海岸地帯などなど・・・
そんな美しい景色のなかを3週間にわたって選手たちは走り抜けていくのです。

069098-tour-de-france-2012-stage-7

 絶対に行くことがないであろうフランスの田舎町や古い街道などを日本に居ながらにして、テレビで、しかもライブで見ることができるなんて… なんと素晴らしいことでなのでしょう!!

通り過ぎてゆく知らない街の大聖堂や古城・遺跡、景観、世界遺産などを紹介しながらレースは進みます。

それは、まるで私の大好きなフランスの田舎町を ワン デイ ドライビング!!!

 

ワインを片手にカモ肉でもかじりながら・・・ 

ムフフっ 

なんという至福の時間~ 

最高にお勧めです!!

いつの日か、最終日のシャンゼリゼのゴールあたりに観戦に行きたいと思っています~

 リバティヒルクラブの会員の皆様、ご一緒に行きませんか?

 

ツール・ド・フランスをはじめ、3大ツールに行きたいと思われてる方、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?⑦~ JITC北京校

25年ぶりに中国へ行ってきました!シリーズも最後になりました。

 
今回の旅の真の目的は・・・ 

もうすぐ 2013年4月1日開校いたします 自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ・北京校 への訪問でした。
北京へ旅立って、はや数ヶ月の松島琢磨コーチの様子と新施設を見学に行ってきたのです。

map_041

 

 

 

 

 

 

 

 

グループ会社の社員である身内の私が言うのもなんですが・・・ 

以前より話には聞いていましたが、随分と立派な建物にびっくり!

東京ドームと同じエアテントは、もちろん 空調完備!
テニスコートは、USオープンと同じサーフェイス(ハード)が なんと 6面
コートの後ろも広く取られていて、照明も明るくて、打ちやすい!
フロントの中国人のスタッフは、礼儀正しくしっかりとしていて、かわいい子ばかり!

♪ 公園の中に巨大エアテント出現!

-794

 ♪ 出来たての綺麗なフロント

-787

 -791♪ テントなので支柱がなく、室内は広々しています

 

まったく新しい環境と素晴らしい施設を手にした松島コーチは、以前にも増してヤル気をみなぎらせていました。

“エアテント” の最大のメリットは・・・ なんてたって 24時間365日営業 が可能ですからね!!

松島コーチ、頑張ってください!

***********************************
ATTN!  リバティヒルクラブ、JITCのテニスプレーヤーの皆様へ
************************
***********

2013年10月初旬

当施設(JITC北京校)を利用して、現地の会員様との 親善交流試合ツアー を企画する予定です。
同時に現地では チャイナオープンの決勝戦も観戦 できる内容になる予定です。
ご興味のある方は是非ともご参加の検討をお願いいたします。

ご一緒に美味しい中国料理を食べに参りませんか?

JITC北京校の松島琢磨コーチも、皆様の来訪を首を長くして、心よりお待ち申し上げます!!

-773

 

詳細が決まり次第、追って発表させていただきます!

自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ北京校 http://www.jitc-beijing.com/
施設とオープンイベントの様子はこちら! http://www.libertyhill.co.jp/blog/tennis/from-4.php

 

自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ北京校へのご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

今日の1本!Vol-5 ~CANAYLI 2009

週末は満開でしたね~

桜を見にお近くの公園や緑道の散策を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?

私も仕事終わりに、夜のアウトドアへ誘われるがままに行ってまいりました。

いざっ、碑文谷公園へ!

公園で嗜むワインを少しだけテイスティングするために、ちょっと立ち寄りをして今日の1本を決めましょう~

今日の夜桜のお伴はコチラ!

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CANAYLI Vermentino di Gallura 2009

イタリアのサルデーニャ島からの参加です。

温暖な地中海性気候に位置していながら、岩石が多くて荒涼としたイメージのあるサルデーニャ島。。。
どのような風味なのか大変興味があります。

ひと口飲んでみると・・・ ライチ?それともグレープフルーツ? 柑橘類にも似た酸味が広がってお口爽やか~

切れ味のあるこの辛口ワインは、満開桜のほのかな香りもあいまって、少し肌寒い夜桜観賞会にはもってこいの1本でした!!

DSC_0022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアワインと言えば・・・

2013年4月8日(月)

リバティヒルクラブにて 【イタリアワイン テイスティングフェア】 が開かれるではありませんか!

国内TOP10 ソムリエ矢野氏がセレクトしたイタリアワインとラウンジフィガロのスペシャルディナーが楽しめる2時間のイベントです。

詳細は、リバティヒルクラブフロント、またはスタッフまでお問合わせいただけると幸いでございます。

またはこちらまで! (←クリック願います)

皆様のご参加を心よりお持ち申し上げます!

 

サルディーニャをはじめとするイタリアへのご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?② ~世界三大料理を食らう

25年ぶりに中国へ行ってきました!

中国の旅の楽しみの一つが、なんと言っても世界三大料理の一つに挙げられている 中国料理 ですね。

今日のランチは、現地の社員兼コーディネーター兼通訳兼ドライバー氏お薦めの中国料理レストランへ連れて行ってもらいました。

地元の人に愛されて、観光客はほとんど入れないというこのお店のイチオシは 北京ダック! この地で一番古く、600年の歴史を持つという 『便宜坊』 に入店です。

本場・中国の北京ダックは、どのようなものが出てくるのか、大変楽しみです~

-780

 手際良くオーダーを済ませて、あっという間にテーブルの上に数々の料理が並べられる様は壮観です。

料理はもちろん美味しいのですが、大人数で大きなテーブルを囲んで楽しく食べるのが中国料理の醍醐味ですね!

さあ、メインの登場です。
颯爽と北京ダック担当のスタッフがダックの丸焼きと共に我々のテーブルの横にスタンバイ!

-78110分も経た-783ないうちに、皮も身もきれいに剥がされてテーブルの上に・・・ 

お見事な手羽先、いえ、手捌きに見とれてしまう~

では、早速いただきましょう~

初めて北京ダックが美味しいと思ったくらいに皮も硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどよい揚げ加減。身のお肉の部分も大変柔らかくて美味しい!

さすがに地元の人に愛されているだけあって、素晴らしいレストランでした。

是非、再訪したいお店です。

 

本場・中国の北京ダックを食べたくなった方、中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

添乗&バケーション!③ タイゴルフ

3年ぶりに海外出張(バケーション?)へ行ってきましたシリーズも最後になりました。

今回の旅の真の目的は ・・・

寒い日本を抜け出して常夏の国で ・・・ これです!!

 

IMG_2650
 Enjoy ! ゴルフ!

IMG_2668

東南アジア独特の田舎風景がまだ残るコースでゴルフができる贅沢!

-622

 ご存知の方も多いと思いますが、タイはゴルフ場が多くてコースも設備もサービスも素晴らしいです。

特にこの時期(11月~2月)は、乾季ですから日本からたくさんのゴルフプレイヤーがタイへいらっしゃいます。

以前より、あるグループ様のタイ・ゴルフ旅行の手配を承っていましたが、いつの間にやら、気が付けばタイでご一緒にプレーを楽しんで早3回目・・・ 
厳冬の日本を抜け出して、この季節に、この南国でプレーすることがすっかり気に入ってしまいました。

まだ朝露の残る時間にスタートすればお昼過ぎにはホールアウト。
Sihgha Beer を飲みながらなので、熱帯の暑さも苦になりませぬ!
キャディーさんもプレーヤー1人に対して1人付くという、日本では考えられない贅沢なプレーが楽しめます。

アフターゴルフでは、タイ式マッサージを夕食前までご堪能!
マッサージが苦手な私ですが、ご一緒したお客様はスヤスヤと夢の世界へ・・・ 信じられません。
ゴルフの疲れよりも日頃からの肩凝りがひどいので、今回は積極的に経験をして参りました。ワット・ポーで学んだという方のマッサージでしたが、『凝り過ぎよ~』 と言われながらも初めて気持ちよいかな~と思えました。

そして、Sihgha Beer とともにタイ料理や中華料理のディナーをお腹一杯飲んで食べて、さっさと寝て明日のプレーに備えましょう~

-654

 

朝が早くて夜も早い規則正しい生活リズム。ある意味、日本にいるよりかなり健康的な生活を送ります。

さて、リバティヒルバケーションでは、バンコクをはじめとする東南アジア諸国でのゴルフ旅行の手配を承ってございます。

お客様のスケジュールに合わせたオーダーメイドのゴルフ旅行のご予約・お申し込みをお待ち申し上げます。

まずは、お問合わせくださいませ。

 

リバティヒルバケーション ホームページ   http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

今日の1本!! ~PICOULET~

先週末は寒かったですねぇ~

あまりの寒さになにか温かいものを食べさせてもらろうと、お馴染みの店へ出掛けてしまいました~

今日の1本はこれ!

130215_2011551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PICOULET 2010

フランスの ナルボンヌ Narbonne という産地から日本へやって来たようです。

ナルボンヌ? どこだ? 知りません。

調べてみたら、地中海に面したスペイン国境からカルカソンヌ付近に至るまでのワインの産地 『ルーション Roussillon』 という地域圏のなかにある街らしい。

ルーション? なんだ? 知りません。。。

これも調べてみたら、その地域では 『水代わりに飲むような』 比較的安いワインが随分昔から作られていたそうですが、現代ではAOCに認められるような美味しいワインがたくさん!

そんなことは露知らず、地中海育ちの風味豊かなブドウ酒のフルーティーな味わいに 東北・青森で水揚げされた高級魚 おこぜのから揚げ がよく似合う!!

付け合わせのレモンは必要ないくらいに後味が豊かで美味しいワインでございました~

大変飲みやすいので、マグナムボトルもあっという間にカラになってしまいます。

ルーションか・・・ 行ってみたい!!

 

さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。
ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

ボルドーの様子はこちらをクリック!
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=453

お問合わせは是非ともこちらまで!
リバティヒルバケーション ホームページ   http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

【グレート・アロハ・ラン】 間もなくです!!

ハワイ・オアフ島で行われるマラソンといえば… そうです、毎年12月に行われる 『JAL ホノルルマラソン』 ですね。

大企業の日本航空がスポンサーのため、日本人にも大変なじみ深いマラソン大会ですが、もうひとつ、ローカル色豊かな市民マラソン大会があるのです。その名は グレート・アロハ・ラン。 今年は2月18日(月)に開催されます。チャリティー大会の側面を持つマラソン大会としては最大規模を誇り、約2万人前後の参加者が8.2マイル(約13km)を走ります。

アロハタワーからアロハスタジアムまでの区間をマラソン、ウォーキングなどそれぞれご参加者のペースでカジュアルに楽しむことのできるマラソン・イベントです。スタジアムがゴールなんて、ちょっとしたオリンピック感覚が味わえるかも???
今年で29回目を迎える同イベントは現地のロコにも人気があり、毎年たくさんの参加者でとても賑わいます。
このイベントでの収益は現地NPOに寄付されるチャリティイベントです。参加費も手頃ですので、是非この機会にぜひハワイで汗を流してみてはいかがでしょうか?参加登録締め切りは2月8日(金曜)までとなっております。

ご興味のある方は、是非お問合わせくださいませ。まだ間に合います!  

リバティヒルバケーション ホームページ   http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

グレート・アロハ・ランの詳細(英語サイト)  http://www.greataloharun.com/

GarSlideShow_4-4-800-600-80-rd-255-255-255

「今日のランチ Vol-5」 LHCの賄い食はコレだ!

シリーズ 第5弾! 

大好評 『リバティヒルクラブ 賄い食はコレだぁ!』

さぁ、今日のランチは 挽き肉のナスとニンジンとねぎの中華風炒め & キンピラ そして Zマークが目印のコロッケ というパッケージングです! 中華ソースがちょうど良い辛さでホカホカのゴハンが進みます。

美味い!

 

リバティヒルクラブ 賄い食

 

さあ、是非リバティヒルクラブのラウンジでお食事をどうぞ!

お待ちしております!!

 

「本日のランチ vol-4」 LHCの賄い食はこれだ! 

大好評の LHCの賄い食はこれだシリーズ第4弾!

本日は 「ナスの御浸し」と「野菜付け合せ」 そしてメインが「焼き鮭」です。

IMG_2677

鮭の身が軟らかくって美味しい!

ご馳走様でした。

是非、LHCラウンジのご利用をお待ちしております!

【ハワイ遊学の旅】 7月17日発5泊7日 参加者大募集中!

リバティヒルクラブ と 自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ共催

【ハワイ遊学の旅】 と題しまして、ハワイ島の5泊7日の旅のイベントを只今企画しており、参加者大募集中でございます。

テーマは2つ

1つは、ハワイの大自然のなかをハイキングして、失われつつあるハワイ固有の動植物や文化、歴史を通し本当のハワイを体験し、地球のエネルギーを感じてみよう!という【エコツアー】

1つは、ハワイ島の現地テニスクラブの会員様とフレンドシップマッチを行い、小さな国際交流をしてみませんか?という【テニス国際親善交流試合ツアー】

いずれもこの夏休みにご家族でご参加いただきたい内容になっていますので、是非ご検討をいただければと思います。

詳しくはコチラをクリック!!

https://acrobat.com/#d=-ujWkRg4YFNVWTZNhB-bgw

リバティヒルクラブ の自慢桜!2010年!

今年も桜の季節がやってまいりました!

以前はいやーな季節だったのですが、ここ2~3年は理由もわかりませんが15年くらい付き合わされた花粉症も治りましたので、さわやかな気持ちでお花見を楽しんでいます。

2010年も元気にリバティの桜も咲きました!

いかがでしょうか?

綺麗でしょ?

IMG_2817

今年の花見は目黒川ではなく、近くの緑道でコンビニ酒とおつまみで簡単に0時頃から朝方4時頃までと相成りまして・・・ 来年はもう少しちゃんとやりたいと思います。

 

去年の様子はこちら

http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=1042

LHV Naviセミナー 『How to cruise life!』 1月22日(金)開催!

来年2010年の 1月22日(金) に第5回目となる LHV NAVI セミナーの How to Cruise life  をリバティヒルクラブ ラウンジ・スイートルームにて開催いたします。

『2010年のゴールデンウィークにお勧めのクルーズコース』 と 『2010年 2月3月の添乗員付きのお勧めツアー』 と題して、世界のクルーズ事情とお勧めのコースをご紹介したいと思っています。

ご参加は 無料(紅茶付) となっておりますので、皆様お誘いあわせのうえ是非ともクルーズセミナーへご参加くださいませ。

 

■ 日時    2010年1月22日(金)

■ 会場    リバティヒルクラブ ラウンジ・スイートルーム

■ 時間    14:00受付開始   14:30スタート (約2時間の予定です)

 LHV NAVI セミナー

 

お友達やご家族の方をお誘いあわせのうえ、是非、ご参加くださいませ。

お問合・お申込先

リバティヒルバケーション 担当:岩崎治幸

TEL: 03-3723-1500   FAX: 03-3723-8788     e-mail :  iwasaki@libertyhill.co.jp

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。。。

  詳細はこちらをクリック!

https://acrobat.com/#d=2fpqIb48GIuQqcGNNRwuqQ

 

 

今日の賄い食はコレ!

 

シリーズ 第2弾! 

『リバティヒルクラブ 今日の賄い食はコレだぁ!』

さぁ、今日のランチは 豚肉の炙りチャーシュー と 魚の煮付け というラインアップですな。ちょっとお腹が空いていたので迷わず炙りチャーシューをチョイス!

IMG_1808

たくさんのチャーシューにお味噌のソースが絡んでいて美味!

IMG_1810

今日はシェフの気分がいいのか、サラダときんぴら、豚シャブと漬物という豊富なおかず!

美味しくいただきましたぁ!ありがとう。

次回をお楽しみに!!

リバティヒルクラブ 今日の賄い食はコレだぁ!

さぁ、今日から始まった新シリーズ 

『リバティヒルクラブ 今日の賄い食はコレだぁ!』

 

リバティヒルクラブで働く多くのスタッフは、クラブ内のラウンジ(イタリアンレストラン)より提供される 賄い食 というのを実は食べています。本来の賄い食の意味と言えば、レストランのスタッフさん向けに作られる料理ですよね。プロが作ってプロが食べるから例えただでも味には妥協は許されない・・・ 

我々が食べているのは、正確にいうとラウンジ以外のスタッフ向けの 『お弁当』 といったところでしょうか。お安い値段で多様なメニューが設定されているのです。

前置きはここまでにして、今日のメニューはコレだ!!

松花堂弁当 
松花堂先生が考案したというお弁当箱

リバティヒルクラブ 松花堂弁当

 
『いざっ! オープン!』

今日の中身は・・・ 新鮮サンマ!黒味噌仕立の茄子と秋を感じさせる旬なやつらが勢揃いです。

リバティヒルクラブ 松花堂弁当

う~ん、低カロリー!
いいですな!
美味しくいただきましたぁ!
今日は奢ってもらったので余計にウマイ!
ごちそうさまでした!

 
まぁ、こんな感じで私が食べているリバティヒルクラブの 賄い食 を勝手にUPしていきます。
リバティヒルクラブにはナイショです。
面倒なので許可取ってませーん。
次回をお楽しみに!!

追伸

賄い食はあくまでスタッフ向けです。お客様にはご案内してございません。どーしても食べてみたい!とおっしゃる方は・・・ ご相談くださいませ!