中国大使館より、渡航時に必要な作業について、新たな情報が発出されました。
12月より、フライト搭乗時の際に「健康コード」の登録が必要になります。

2020年12月より、日本から直行便で中国へ行く搭乗者には・・・
1)搭乗2日前以内(検体採取日から起算)に大使館指定の医療機関等で「新型コロナウィルスPCR検査陰性証明」及び「血清特異性Igm抗体検査」の2つを行い、ダブル陰性証明を取得しなければなりません。
2)そして、ダブル陰性証明で、中国駐日大使館総領事館に「HSまたはHDCマークの “グリーン健康コード” 」を申請し、コードの有効期間内に飛行機に搭乗しなければなりません。
以上、2点が義務付けられました。

▶(例)12月3日がご搭乗日の場合 = 検査日は12月1日が最も早い検体日になります。
▶ ダブル陰性証明を取得後、指定サイトにて、アカウント登録、ダブル陰性証明のアップロード等の作業がございます。
▶ 航空会社チェックインカウンターでは、ダブル陰性証明のオリジナル提示とコピーの提出が求められます。

忙しいですね。

詳細は、中華人民共和国駐日本国大使館 の情報をご参照ください。
わかりやすい説明がございます。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1836108.htm

(参考)
ダブル陰性証明提示による登場に関するQ&A
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1828632.htm

健康状況声明書
http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/lstx/P020200818511761014904.pdf

現在、中国当局の指導により、日本から中国各地へのフライト便数が制限されているため、大変な混雑しており、査証取得はしたものの、なかなか中国へ渡航できないという厳しい状況が続いています。
少しずつ路線と便数が増えつつありますが、渡航を予定されていらっしゃる方は、余裕を持ったスケジュールをお願い申し上げます。

*ご搭乗の際には、最新の情報をご入手くださるよう、お願い申し上げます。

おすすめ: