【パスポート】 残存期間注意報! Vol-2

前回の続きです。

もし、パスポートの残存期間が足らず、航空会社に搭乗を拒否されてしまった場合は???

残念ながら、ほとんどのケースでどうしようもありません。
ご旅行は中止です。
ご自宅へ戻るしかありません。
そして、その国の大使館へ査証を取得しに行くか、パスポートを更新するしかありません。。。

このような悲惨な目に遭わないためには、パスポートが失効する前に、更新されることを強くお薦めいたします。

DSC_0531

 

現状、有効期間まで1年を切るとパスポートの更新は可能です。

一例に挙げた台湾は3ヶ月以上を求めていますが、実は 6ヶ月以上 と設定している国もかなり多いので、有効期間が残り6ヶ月近くになってしまったら要注意です。
特に、仕事で海外へ行かれる可能性のある方は、急なご出張にも対応できるように更新しておきましょう。

おおまかなイメージとしては・・・
アジア諸国(シンガポール、タイ、インドネシアなど)の多くは6ヶ月以上と設定しています。
また、ヨーロッパ諸国の多くは3ヶ月以上、または90日以上としています。
北米は帰国時まで有効であればOK。
南米は6ヶ月以上の国が多いです。

ご訪問される国によって条件が異なります。ご旅行の際には正確な情報でご確認ください。

リバティヒルバケーションでは、今年になってから、急なご予約でパスポートの残存期間について危なかったケースがすでに 3件 ありました。

冷や汗ものです・・・

なぜか例年より多いです。

気をつけてまいりましょう!!

《外務省ホームページ パスポート案内はこちらをクリック!》

【パスポート】 残存期間注意報です!

1457926296220

皆様はパスポートをお持ちでしょうか?

ほとんどの方はお持ちだと思いますが、ご自分のパスポートの有効期限を覚えていっらっしゃいますか?

お仕事で頻繁に海外出張される方は別として、「いつまで有効だっけ?」 なんて覚えている方はそう多くないと思います。

実は、この 『パスポートの有効期限』 には要注意です。

“有効なパスポートさえあれば、いつでも海外旅行へ行ける!” というわけではなく、訪問先の国によっては、そのパスポートに対して、一定の “残存期間” を設けているのです。

例えば、渡航者が多く身近な 『台湾』 を見てみましょう。

台湾は観光目的での渡航の場合、90日以内の滞在なら査証(ビザ)を取得する必要ありません。
いわゆる、ノービザで入国が可能なのです。

但し、ノービザの条件として・・・
(1)往復航空券または第三国(例えば香港など)へ出国するための予約済み航空券を所持していること。
(2)パスポートの残存期間が入国時に3ヶ月以上あること。
となっています。

このことを知らずに出発してしまい、出発空港で航空会社のチェックインカウンターで指摘されて、初めて気が付くケースが時々あります。

条件(1)は片道航空券ではだめだと言っているので、最悪、空港で追加購入などできますが・・・
条件(2)に該当してしまうと、もう空港ではどうしようもありません。

もし、残存期間が足らなかったら、航空会社は搭乗をさせてくれないかもしれません。

 

では、そんな時、どうしたらよいか・・・

次回へ続く・・・

【カナダ】 電子渡航認証システムeTA導入のお知らせ

カナダ政府からのお知らせです。

カナダは、カナダ入国ビザが免除されている日本国籍者などの渡航者に対し、電子渡航認証(Electronic Travel Authorization: eTA)の取得を新たに義務付けました。

対象となるのは・・・
* eTA取得対象国籍  米国を除くすべての査証免除国・地域で、有効な査証VISAを取得していない方。
* eTA取得対象者   上記国籍が発行する旅券を使用して、カナダへ入国または乗継される方。
* 義務化開始日      2016年3月15日以降にカナダへご出発する方。
* システム手数料      CA$7.00- カナダドル(要クレジットカード)
* 有効期間         5年間 または旅券の有効期限まで

ご出発空港チェックインカウンターにて、eTAの所持を確認がなされます。
対象国籍の方でeTAを所持されていない場合は、カナダ当局の指示によりご搭乗できなくなる恐れがありますのでご注意ください。

【eTAの概要】

eTAの申請は、専用ウェブサイトより手続きが必要となっています。
手続き後、数分以内にeメールでeTAの取得可否の結果を受け取ることが可能です。
渡航直前の申請も可能ですが、カナダ政府からは、渡航計画を立て始めた早い段階での申請を勧めています。
なお、取得に際しては、パスポート情報とeメールアドレスの入力、クレジットカードでの手数料(7カナダドル)の支払いが求められます。
eTAは5年間(ただし、5年以内にパスポートが失効するとパスポートの有効期限まで)有効となっており、認証の有効期限内であれば何度でもカナダへ渡航可能です。

 

アメリカのESTAと、ほぼ同じ個人情報が求められています。
そこまで身元を明かさなければ、旅行できない時代になってしまうのでしょうか・・・。

詳細につきましては、カナダ政府ウェブサイトをご参照くださいませ。

eTA申請サイトはこちらをクリック!

eTA記入に関する手引書(日本語)はこちらをクリック!

 

 

【燃油サーチャージ】 廃止について Vol-2

前回のブログで、日本航空が 『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については燃油サーチャージを徴収しません!』 という発表があったことをお知らせいたしました。

そして、『航空会社によっては、すでに燃油サーチャージを廃止しているところもありますし、海外出発の航空券も去年から廃止しています。同じ区間の航空券を購入するにしても、その航空券の購入方法によって燃油サーチャージの金額は異なります』 とご案内したところ・・・

「どれくらい違うの?具体的に・・・」 とご質問を承りました。

それでは、簡単にご説明させていただきます。

GAS

例えば、、、

弊社でも需要の多い 東京~クアラルンプール の路線を例にして、各航空会社の燃油サーチャージの料金を比較してみると・・・

※日本で往復分を発券・購入した場合(本日現在)※

日本航空 6,000円
全日空 6,000円
マレーシア航空 0円
エアアジアX 0円
キャセイパシフィック航空 (香港乗継) 0円

となります。
外国(特にアジア系)の航空会社は、軒並み燃油サーチャージはすでに廃止になっています。

ちなみに・・・
日本航空や全日空の日系航空会社のクアラルンプール発~東京着往復航空券を “クアラルンプールで発券・購入” した場合の燃油サーチャージは、外国航空会社と同じ “0円” です!

4月と5月の2ヶ月間は、日系も米系も欧州系の航空会社ともに燃油サーチャージが廃止、または減額されます。
特に、長距離飛行で燃油サーチャージが高額だったヨーロッパや北米方面は、お一人様あたり15,000円くらい徴収されていたのが無くなりますから、ここ数年に比べるとだいぶ割安感があると思います。

今年のゴールデンウィークは、是非とも海外旅行へGO GO GO-!

なお、航空券に含まれる燃油サーチャージや空港税類などの費用は変動いたします。
航空券ご購入時の最新の情報をご参考になさってください。

【アメリカ】 ビザ免除プログラムの改訂 中東渡航歴のある方は注意!

 

米国より 《VISA免除プログラム》 の改訂に関する情報です。

先日来、ニュースで報道されていますが、アメリカのビザ免除プログラムが一部改訂されることになったようです。
2016年1月21日、米国は2015年ビザ免除プログラムの改訂及びテロリスト渡航防止法の施行を開始しました。

簡単に言うと ・・・

  1.  2011年3月11日以降に、イラン・イラク・スーダン・シリアへ入国したことのある方は、ESTA の申請ができなくなりました。(ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、限られた例外有り)
  2.  ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する
    二重国籍者の方も同様です。

万一、該当される方はVISA申請が必要になりますのでご注意ください。

詳細につきましては、米国大使館ホームページをご参照いただくとともに、情報の推移にご注意ください。
 ↓
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

 

【パリ】 連続テロ事件に対する注意喚起

無題.1115

2015年11月14日

この週末、再びパリで恐ろしい出来事が起きてしまいました。
サンドニのスタジアムやリパブリック通り、ボーマルシェ通りなど、観光客が訪れる可能性の高い場所で発砲事件が起きました。

1月のパリ市内発砲事件、8月の国際特急タリス車内の発砲事件に続き、今年3度目のです。

日本国外務省海外安全HPからの注意喚起情報が発表されています。
フランス内務省ホームページによりますと、パリを含むイル・ド・フランス州及びピカルディ州においてテロ警戒レベルが最高レベルである「攻撃の警戒」(alerte attentat)が維持されています。

パリ及びフランスにご滞在中の方は、くれぐれもご注意ください。
これらの影響を受ける弊社のお客様には、担当より個別に対応させていただきます。

***

本情報は2015年11月15日現在有効です。

フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再更新)
2015年11月14日

1.13日22時頃(現地時間),現地の報道によれば,パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue Bichat),2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au roi),3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire),4.シャロンヌ通り(rue de Charonne),5.レピュブリック通り(avenue de la Republique),6.ボーマルシャ通り(boulevard Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において,銃撃事件等が発生しました。仏政府の発表によれば,少なくとも127人が死亡し,多数が負傷しました。

2.本事件については,オランド仏大統領はイスラム過激派ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたとして発表しました。一方,ISILは本事件について犯行声明を発出し,フランスに対する更なる攻撃を警告しています。

3.14日,パリ警視庁の観光安全対策官は,今般の連続テロ事件の発生を受けて,現在,すべての観光名所が閉鎖されており,今後,新たなテロ事件の発生の可能性も排除できないので,不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。また,同日,パリ市の施設(学校,美術館,図書館,体育館,プール,マルシェ)は全て閉鎖され,集会・デモに対する許可は取消されると報じられています。さらに,オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,フランス外務省は国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロールの強化を発表しました。

4.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,イル・ド・フランス州へ渡航・滞在されている方は不要不急の外出は避け,事件現場周辺には近づかず,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

5.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

6.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:”Tour Europe”, 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/

【STEBs】 海外空港で乗継がある場合でも、お酒(液体物)が購入可能に。

この赤くて透明な袋をご存知でしょうか?

どこかの国の免税店の新しいデザインの袋ではありません。

STEBs(Security Tamper Exident Bags)不正開封防止袋 といいます。

無題8

出発空港で液体物を購入し、海外の空港で国際線を乗り継ぐ場合に、酒類や化粧品類の液体物を出発空港内の免税店で購入することを可能にする袋です。

ややこしいですね。
これは、出発空港から国際線の直行便が就航しなくて、国際線同士の乗り継ぎが生じる都市 へ行く場合に有用なお話です。
※ワンショットで目的地まで行かれる場合は無用のお話です※

ex 成田⇒シンガポール⇒ヨハネスブルグ

ポイントは、乗継時(上記ではシンガポール)の手荷物検査によって、液体物のお酒や化粧品類が没収されるケースが多かったので、成田空港の免税店や機内の免税品で液体物の購入はできませんでした。。。
(空港の作りによっては例外あり)

しかし、この世界基準の STEBS(不正開封防止袋) の赤い専用袋 を使えば、液体物の量的制限規制がクリアとなり、100ml超のお酒も持込可能となりますので、成田空港の免税店でゆっくり買い物ができる・・・ ということになります。
特に、アルコール類に制限のあるお国へ行かれる場合などには、利用価値が高いのではないでしょうか?

9無題

 

恥ずかしながら、私も知らない袋でした。
海外の空港ではすでに導入されているところも多いそうです。
日本での導入は、2015年10月27日より成田、関空、セントレアの3つでスタート。
羽田空港は順次、取扱が開始されるようです。

なお、すべての海外の空港で利用可能ではありません。
乗り継ぎの空港が STEBs に対応しているかどうか、必ず確認してからのご購入をなさったほうが賢明です。

今日の1本! Vol-15 ~YARDEN 2010~

今夜は、取引先のお客様との飲み会です。
ワイン好きな方たちなので、ワインリストを参考に 「今日は何からやっつけようか」 と熟考します。

すると、あまり見慣れない YARDEN / ISRAEL の文字が・・・
『イスラエルがなにをやるでん?』
などと思っているとご一緒の方が、「おぉっ、懐かしいな!」と久しぶりにご対面の様子。

聞けば、10数年前にご出張でイスラエルへ行った際、お土産にこのワインを数本買ってきたそうで、イスラエルを出国する際に税関職員がヤルデンのワインを見つけると 『お前、よくわかっているな。このワインはいいぞ。good job!』 みたいなことを嬉しそうに言って褒めてくれたそうです。
もちろん、ワインの美味しさでヤルデンを覚えていたのですが、その税関職員とのやり取りもあり、印象に残っていたそうです。

そういえば、私も手配させていただいた若き頃の記憶が蘇り、『ゴラン高原だけは危ないから行かないでください!』と念を押していたのを覚えています。
そのゴラン高原にあるワイナリーで作られたというこのヤルデン。

早速、オーダーしてみましょう!

1431520419432

調べてみると、YARDEN とはヘブライ語でヨルダンを意味するとのこと。
現在と異なり、当時はヨルダン川を境にしたヨルダンの首都アンマンやぺトラの遺跡、死海のリゾートなど、まだ観光に行けるところでした。
しかし、今では 『ワインなんて作ってて大丈夫なのかな?』 と気分的には、なかなか遠い地域となってしまった感がありますし、ゴラン高原なんて砂漠しかないんじゃないの?と思っておりましたが・・・

まったく心配ご無用でした!

砂漠どころか、まるでオアシスで作られたかのように香り豊かで、濃い果実味が楽しめます。
凝縮された複雑な味が楽しめるワインで、とても美味しかったです。

1437654900820

 
遠いイスラエルの異国の香りと
かわいいワンちゃんにとても癒された夜でした。

中東方面へのご旅行もリバティヒルバケーションへお任せ下さい!
お問い合わせをお待ちしております。

【ハブ空港】 もっともハブ空港として機能している空港は?

乗り継ぎ看板

 

《ハブ空港》

特に海外の空港において、よく耳にするキーワードだと思います。

自転車の車輪の中心部分に例えられた言葉ですが、OAG社が「The OAG Megahubs index」というものを発表しました。
ハブ空港としての規模が大きい空港のランキングになりますが、要するに乗継ができるパターンが多くて、入国審査や乗り継ぎが今あつしており、その分時間がかかってしまう可能性が高い空港はどこ? ということがわかります。

第一位は、アメリカのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港だそうです。
ご存知、アメリカ南部の玄関口でもあり、デルタの本拠地ですね。
とっても大きな空港で、乗り継ぎの選択肢も多く、まさにハブ空港と言った感じです。

この調査は、2015年のうち世界全体で最も航空機の発着回数が多かった日をピックアップして、各主要空港で8時間以内に乗り継ぎできる回数を調査し、指標化したもので、世界第一位のアトランタ国際空港の調査対象日における乗継可能回数は、57万回以上となりました。それだけハブ空港としての役割が大きいということになりますね。

TOP20までに南北アメリカ大陸から16空港がランクインしています。特にアメリカがほとんどを占めているのがすごいです。航空機を利用した “空の旅” がそれだけ多く一般的なのでしょう。

日本からは、世界18位に東京国際空港(羽田)がランクインしました!

乗り継ぎ時のご参考になさってみてはいかがでしょうか?

 

【成田空港・第3ターミナル】 4月8日より運用開始です!

成田3

さて、報道などですでに発表されておりますが、2015年4月8日から 成田空港第3ターミナル がオープンいたします。
新規ターミナルのオープンに伴いまして、一部の航空会社のチェックインカウンターが場所が変更されておりますのでLCC(ローコストキャリア)をご利用の際にはご注意ください。

第3ターミナルから離発着するのはLCCのみなので、弊社のお客様への大きな影響や混乱は生じないと思いますが、このターミナルの場所が要注意。

成田空港を利用されたことのある方ならば誰もが知っているセキュリティーゲート。いよいよ廃止されるそうですが、お車で第2ターミナルへアクセスするときのことを思い出してみてください。
国道から左へ大きく曲がって第2ターミナルのセキュリティーゲートを潜りますが、その正面附近にあるのです。

つまり・・・アクセスが不便!

LCC用のターミナルビルには駅もなく、どこの空港でもメインターミナルビルと離れている場合が多いです。
この成田のLCC用は、海外の空港と比べるとまだメインターミナルから近いほうかもしれませんが・・・
この第3ターミナルビルへ行くまでには第2ターミナルからの移動となり、時間を要しますのでご注意ください。

《第3ターミナル位置MAP》

無題

《第3ターミナルへのアクセス》
*お車にて
第3ターミナルには駐車場はありません。一番近いのは第2ターミナルビルの駐車場になります。
*鉄道にて
第3ターミナルには鉄道の駅はありません。第2ターミナルビルで下車しましょう。

《ターミナル間の移動について》
*連絡バスにて
第2ターミナル⇔第3ターミナル間の直行バス 所要約15分 5分~11分間隔運行
空港敷地内をぐるっと回るにで時間が掛かります。第3から第2へは約5分。
第1ターミナル⇔第3ターミナル巡回バス 所要約15分 15分間隔運行
すべてのターミナルビルを巡回しているバスです。
*徒歩にて
第2ターミナルビルからは、屋根付きの歩行者専用道路が整備されていて徒歩約15分(約500m)になります。
なお、ターミナル間には階段はないそうです。

(注意点)
結局、荷物が少なければ歩いたほうが早いかもしれません。。。
LCCはチェックイン締切時間が厳しいので、ご利用の際には十分時間に余裕を持ってご出発ください。
LCCのエアアジアは引き続き第2ターミナルを利用するようです。
ご利用航空会社の使用ターミナルにご注意ください。

LHVの風景 Vol-7 ~お宝発見!?~

リバティヒルバケーションのオフィスには何台かの机や書庫、ラックなどがございます。
その一角には、見たくないものとか面倒なものがたくさん詰め込まれている、通称 “開けずの間” という引き出しが存在しています。

先日、どこをどう探しても見つからない書類を求めて、久しぶりに開けずの間を開けてみました。
案の定、欲しい書類はそこにないのですが・・・
代わりにとても懐かしいものが出てきたのです。

1424581991588

懐かしの第一勧業銀行、富士銀行、三和銀行の各行封筒に入ったヨーロッパの通貨たちを発見!

フランスフラン
ドイツマルク
ベルギーフラン
イタリアリア
イギリスポンド
行ったことのないのになぜかロシアのルーブル
etc

一部を除いて、いずれもユーロに変わる前の小額紙幣とコインたちで懐かしいものばかりで昔の記憶が甦ります。。。
初めて添乗に行ったとき、ブリュッセルでタクシーを降りる際にチップだなんだで慌ててしまい、間違って“0”がひとつ多い紙幣を渡して大損したり・・・
急遽、スケジュールが大きく変更され予定していたマルクからフランへの両替ができなくなり、お客様に立替えてもらったり・・・
当時は一回の旅行でだいたい3-4回ほど両替をしなければならず、とにかくたくさんの封筒を持ってヨーロッパへ添乗で行っていたことを思い出します。

ふっと見ると一つだけ特殊なコインが・・・

1424417978778

そのフランスフランのコインには TOUR EFFEL 1889 1989 との刻印があります。
調べてみたら・・・
なんと!
『エッフェル塔100周年の記念コイン』!!

たぶん、大量に出回っていて当時からなんのプレミアもない普通の5フランのコインなのでしょうけど、とっても得した気分にさせてもらいました~
次回も開けずの間を開けるときは、なにが出てくるのか期待してみたいと思います~

【パリ】 発砲事件発生に伴う注意喚起

paris新年早々から嫌なニュースが入ってきました。。。

2015年1月7日と8日
パリ近郊で発生した発泡事件に関する日本国外務省海外安全HPからの注意喚起情報をご紹介いたします。
また、フランス内務省ホームページによりますと、パリを含むイル・ド・フランス州及びピカルディ州においてテロ警戒レベルが最高レベルである「攻撃の警戒」(alerte attentat)に引き上げられています。
パリ及びフランスにご滞在中の方はくれぐれもご注意ください。

これらの影響を受ける弊社のお客様には、担当より個別に対応させていただきます。

パリ南部近郊における発砲事件の発生に伴う注意喚起

1.1月8日早朝(現地時間),パリ南部近郊のモンルージュ(Montrouge)にて発砲事件が発生し,警察官1名が死亡,1名が負傷しました。現時点で犯人像は明らかになっておらず,実行犯は逃亡中です。

2.また,7日に発生した左派系雑誌社「シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)」に対するテロ事件(1月7日付けスポット情報「パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起」参照)に関し,報道によれば,フランス治安当局は実行犯3名の身元を特定し,うち1名とされる人物は警察に出頭しましたが,指名手配している2名は現在も逃亡中です。なお,フランス治安当局は上記2つの事件は,関連はないとしています。

3.ついては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努め,不必要な外出は避けてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:”Tour Europe”, 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

【アメリカ】 ESTA申請の際の質問が詳細に!

無題

現在、アメリカ合衆国への入国の際には 査証(ビザ) が免除されていても、ESTAという電子ビザの事前申請が必要です。

この11月より、緊急に以下の質問事項が追加要求されていますのでご注意ください。

*別名や他の国籍の有無
*ご両親の氏名
*連絡先情報(eメールアドレス、電話番号、連絡先住所)
*緊急連絡先(お名前、電話番号、eメールアドレス)
*勤務先情報(名称、住所、電話番号)
*出生地

はっきり言って、普通に査証を申請するくらいの情報量になりました。。。
以前のものは、パスポートの顔写真のページのみの最低限の情報入力でも申請できたのですが、質問事項はすべて埋めなくてなならず、さらに、詳細な情報提供をしなくてはなりません。
テロへの警戒の一つだと思われます。

現在、アメリカをはじめヨーロッパなどの各空港での入国審査には、大変時間を要しています。
特にアメリカの乗り継ぎの場合、通常期として考えると乗り継げない状況になりがちなので、十分ご注意くださいませ。

【国内空港税】 消費税増税に伴い値上げされます。

4月より運用される消費税8%。
不課税の“国際線航空券”ですが、その一部に影響がございます。

それは、【国内空港税】と言われているもので・・・
 *旅客サービス施設使用料 PSFC
 *旅客保安サービス料 PSSC
の2種類の費用に若干の増税の影響が生じます。

普段、国際線航空券の料金に自動的に取り込まれてしまう空港税や燃油サーチャージですが、国内消費分の国内空港税だけは消費税の煽りを受けることになります。

narita-airportP1000004blg551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
日本各地の空港においてその費用は異なりますが、メジャーな空港の値上状況がわかりましたのでお知らせいたします。

≪成田空港≫

   変更前 JPY2,540-  ⇒  変更後 JPY2,610-

≪羽田空港≫

   変更前 JPY2,000-  ⇒  変更後 JPY2,570-

≪関西空港 第一ターミナル≫

   変更前 JPY2,950-  ⇒  変更後 JPY3,040-

≪関西空港 第二ターミナル≫

   変更前 JPY1,500-  ⇒  変更後 JPY1,540-

≪中部空港≫

   変更前 JPY2,500-  ⇒  変更後 JPY2,570-

*** 金額は大人1名様あたりのPSFCとPSSCの合算です。
*** 最終的な金額は関係各所、または御請求書にてご確認ください。

羽田空港の上昇率が目立ちますが、羽田空港に関しては消費税アップに加えて、国際線ターミナル増設分等の設備費用が転嫁されているようで、成田空港並みになりました。

また、同時に日本国内線の空港利用料もアップされますのでご注意ください。(例えば、羽田空港国内線は 170円から290円へ… etc)

2月以降の航空券発券分で、4月1日より搭乗される航空券から対象になっていきます。
お客様には、弊社が発行するご請求書の国内空港税欄のご請求金額が、今までと変わりますので経理処理にご注意くださいませ。

祝!記録更新 羽田空港自由が丘行

記録を更新いたしましたので、ここにご報告申し上げます。。。

羽田空港国際線ターミナルに航空機がスポットインして、~飛行機を降りたところから自由が丘に帰宅するまでの所要時間の記録~ というものの最短時間の記録を更新いたしました!!

私の乗っている飛行機がイミグレーションに近いスポットに到着したので、『んっ?これはいけるッ!』 と直感!
さぁ、“記録更新” の四文字を頭に浮かべ気合を入れて、飛行機を降り検疫をスルー、バケージクレイムも預けてなかったのでそのままスルー。
一番の懸念だった入国審査も連休なのに空いていた時間帯らしく幸いガラガラ。。。
そして、最後の税関には「悪いものはなにも持ってません!」と顔で猛アピールしておいたのでここもパス。

到着ロビーに出たところで時計を見ると・・・ここまで来るのになんと15分。
見えてきました!
もう記録更新を狙うしかありません!

国際線駐車場も渡り廊下のある同じ3階に停めておいたので、同フロアからスムーズに環八へ。
祝日の夜でしたので、環八も渋滞知らずでスイスイ~
あっという間に自由が丘まで戻って参りました。

気になる時間は・・・

なんと!66分後にはソファーに座っていました。
目標の60分以内には届きませんでしたが・・・ 惜しかった!

次のチャンスがあったなら 60分の壁 を狙ってみたいと思います。
(もちろん交通ルールを守りながらの運転で!)

あぁ、惜しかった・・・

それから・・・

羽田空港・国際線ターミナルの拡張&増築工事が、ものすごい勢いで進んでいますねぇ。
今年3月に来た時には、来年3月の供給開始に間に合うのかな~といった感じでしたが、すでにサテライト部分の骨格はほとんど出来上がっているようです。

国際線の発着枠や駐機スポットの数の増加に加えて、慢性的に混雑している駐車場やホテルなども新たに作られるらしいです。
この連休の駐車場はもの凄く混雑していました。夏休み期間中も注意が必要です。

-829

-8311

ソウルや上海などのハブ空港に対抗できる、アジアを代表する東京の空港になってほしいものですね!

【訪日観光客向け】 の日本国ビザが緩和されます

現在、私たち日本人が 【観光目的】 で海外旅行へ行くときには、ほとんどの場合において、査証(ビザ)の取得を必要としていません。

しかし、私がこの旅行業界に入った約20年前は、まだ多くの国で日本人国籍の渡航者に対してビザ取得を義務付けており、各国の大使館または領事館へビザの申請&受領へ行くことが新人業務の一つ。毎日のように韓国、中国、オーストラリア、インド、台湾などのビザセクションへ出入りしていました。
当時はビザセクションの人たちが怖くて冷たくて・・・ 順番が来ると書類提出の前にまずはご機嫌伺いから始めて、如何に怒られないようにしようかと、いつもビクついていたのを覚えています。。。

DSC_0098

 

海外の方が日本へ渡航する場合、特にアジア諸国の国籍の方に対してビザの取得を求めていますが、最近、少しずつ緩和されてきているようです。これで、ビザという壁が取り払われれば、もっともっと簡単に東南アジアの方々に日本を楽しんでいただくことが可能になります!

日本政府は『第2回観光立国推進閣僚会議』なるもので、訪日観光客向けビザの大幅な緩和を決定。日・ASEAN友好協力40周年を契機に夏までに実施する計画として・・・
※ タイ、マレーシア向けのビザは免除
※ ベトナム、フィリピン向けのビザを数次(マルチ)ビザ化
※ インドネシア向け数次ビザの滞在期間を延長

内閣総理大臣の安倍晋三氏は、訪日外国人旅行者数1000万人の達成と2000万人をめざすため、アクション・プログラムを直ちに実行していくと説明。「アジアNo.1の国際会議開催国の地位を不動のものとする」
と述べたそうです…

近年、中国人旅行客が日本へ来なくなりましたが、その代りにタイやマレーシア、台湾の方々に日本への旅行の人気が高まりつつあります。
冬のスキーシーズン&温泉はもちろん、今年の春、桜のシーズンのバンコク線やクアラルンプール線は、東南アジアからの花見客の団体で連日満席!ホントーに席が取りにくかったですからー!!

誰もが 『冬のシーズンだけの運航だ!』 と思っていた新規路線のタイ航空・バンコク~札幌間の直行便は、6月になった今でも週4便で運航しています。それほど需要が高いということで通年運航するのでしょうね~

また、訪日ビザも大事ですが、アジアNo.1の国際会議開催国を目指すならもっともっと大きな展示会場や空港アクセスを整備も並行してやっていってほしいものです。日本の展示会場は海外のそれと比べると狭すぎますからね!

海外から日本へのお客様が増えることは、日本にとって大歓迎すべきことです。
しかし… 同時にフライト数の増加や航空機のサイズアップがない限り、まずます座席が取りにくくなることは明白です。

嬉しいような、悲しいような・・・ 
特に日系航空会社さん、機材の大型化してくださいな

お願いします!

→リバティヒルバケーションHP
→リバティヒルバケーションBLOG

【香港】 入国手続のシステムが変更に!

香港 へ渡航される方へのお知らせでございます。
 
2013年3月19日(火)より、香港の入国(入境)手続きが急遽、以下の通り変更になった模様です。
これまで香港出入国(出入境)時にパスポートに押されていた出入国証明のスタンプが押されなくなり、代わりに 入国チケット なるものが手渡されることになりました。
13-03-22-05
この 入国チケット には、以下の4項目が記載されております。
♪ 入国者の名前
♪  パスポート番号
♪ 入国(入境)日
♪ 香港滞在許可期限

 

香港出境時まで、このチケットを失くさぬようご注意ください。
万一、チケットを紛失された場合には、ワンチャイ(湾仔)にあるイミグレーションオフィス(入境事務大楼)にて、再発行してくれるようです。

今回の変更により、パスポートに香港入国の形跡が残らなくなりましたが、その他特に大きな変更点はありません。

システムが急遽変更になったようですので、空港での出入国審査に時間が掛っていることが予想されます。
空港での時間に十分ご注意の上、チェックインやご移動をお済ませくださいませ。

香港方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

中国 2010年の旧正月は間もなくです

中国は間もなく旧正月を迎えます

2月14日(日)が春節になるそうですので、その前後は連休になります。。。

連休のあいだは大使館業務もお休みになりますので、中国査証(ビザ)申請はできません。この期間は通常より日数が必要になりますので十分にご留意くださいませ。

 

アメリカ 入国カードが新様式に変更されました!

海外旅行に付きものの出入国カード。皆さまも一度は書かれたことがあると思います。

しかし、最近ではパスポートにICチップが内蔵されたり、電子ビザ(アメリカのESTAやオーストラリアのEATS)の普及により、出入国の際にはパスポートと航空券のみの提示で済む国も多くなってきましたね。

そのアメリカの出入国カードが新様式に変更になります。

I-94 と I-94W の新様式は2009年10月1日から導入されることになり、以前のものは一切利用できなくなっているようです。

アメリカは、ESTAが導入されているので本来であれば出入国カードは省いてもいいようなものですが、なぜ今になって新様式にするのかねぇ? その ESTA も近いうちにシステム利用料と称して有料化になる・・・ なんて噂もチラリホラリ・・・。

 

新様式のカードはこちら!
https://share.acrobat.com/adc/document.do?docid=b5535132-fb15-41fb-b6d0-397bacad3b8c

しばらくの間は旅行会社には配布されませんので、機内でご入手下さいませ!
相変わらず下半分が出国カードですので、無くされませんように!

【中国】入国時に健康検疫証明書の提出が義務付けられました

この度の新型インフルエンザ発生に伴い、中国入国時に「健康検疫証明書」の中国税関への提出が義務付けられました。現在のところ、この「健康検疫証明書」は日本で入手する事は出来ず、搭乗便の機内にて配布されるのみとなっております。

同申告書の記入例を下記にお知らせ致しますので、中国へのご旅行をご予定の方はご覧下さい。なお、最新版ではない為、実際の申告書とは若干異なる可能性がございます。ご了承下さい。

https://share.acrobat.com/adc/document.do?docid=0c7f6c15-b0db-44b6-8aef-4c98c8d5402a

※健康検疫証明書、記載例 — 中国入国時に要提出
①名前 (例: OSAKA / TARO MR)
②性別 どちらかにチェックしてください  □ 男性  □ 女性
③生年月日 (1970. 12. 31)
④国籍(JAPANESE)
⑤パスポート番号 (TF1234567)
⑥到着フライト便名 (CA123)
⑦現地宿泊先ホテルとその電話番号(SHERATON XX HOTEL、021-1234-5678)
⑧過去1週間以内に家禽または鳥と接触しましたか?□ はい  □ いいえ
⑨過去1週間以内にインフルエンザの患者あるいはその疑惑がある人と接触しましたか?□ はい  □ いいえ
⑩下記の当てはまる症状があればチェックしてください。
   □ 熱  □ 鼻水  □ せき  □ のどの痛み
   □ 頭痛  □ 下痢  □ はき気  □ 呼吸困難
   □ 性病  □ AIDS/HIV  □ 精神病
   □ 肺結核
⑪私はこの申請書に提供した情報がすべて真実かつ正確である事を宣言します。
  自筆サイン  入国日
 *1番下の体温欄は検疫職員が使用する為、記入不要です

グアム 入国審査 ESTA導入に伴うシステム変更

さて、米国へ入国する際に必要となる ESTA ですが、グアムやサイパンへの渡航の際にはどうなるのか・・・ 導入前と若干の変更が出ているようなので、ご報告させていだきます。

2009年1月18日より運用されている変更点は・・・

1. 用意する入国審査の書類によっては ESTA の事前認証(申請)が必要になる

2. 滞在日数が15日となっている グアムビザ免除プログラム(注1) (白い色のカード I-94 と 白いちょっと小さいカード I-736) を利用して入国審査を受ける場合でも、入国時の指紋採取及び顔写真撮影が全ての非アメリカ国籍の渡航者に実施することになった。このため、入国手続きにお時間がかかる場合もありますので、十分にご注意くださいませ

(注1) グアムビザ免除プログラム参加国(本日現在)

オーストラリア、ブルネイ、インドネシア、日本、マレーシア、ナウル共和国、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、シンガポール、ソロモン諸島、台湾(資格のある台湾市民で台湾に居住し、台湾からの直行便またはサイパン経由でグアムへ渡航する台湾のナショナルID所持者のみ)、イギリス(British National Overseasを含む)、バヌアツ共和国、西サモア

 

詳しくは、グアム政府観光局の グアムへの入国 にてご確認をお願いいたします!

http://www.visitguam.jp/basic-info/travel/entry/

 

 

≪重要≫ ESTA アメリカ渡航認証システム 運用開始

  

~2009年1月12日から米国の入国制度が大きく変更されます~

 

■ 観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、査証(ビザ)が免除されており、米国の査証を取得する必要がありませんが、米国行きの航空機や客船等への搭乗・乗船時の米国入国前に電子渡航認証システム Electronic System for Travel Authorization : ESAT に従って申請を行い、認証を受けることが必要となりました。

  

詳しくは、在日米国大使館のウェブサイト(日本語)

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

米国国土安全保障省のウェブサイト(英語)

http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/

等をご参照ください。

 

査証を取得していない場合とは、米国にて乗継するケースも含まれますので、南米やカナダへのご旅行の際にも申請が必要です。

また、ESTAは査証免除者を対象としていますから、既に何かしらの査証(留学や就労など)をお持ちの方は、ESTAへの申請は必要ございません。また、グアム・サイパンへの渡航の際にも必要ありません。

 

■ ESTA への申請は、専用のウェブサイト から行います。

https://esta.cbp.dhs.gov/ 

日本語表記のサイトがございますが、入力自体は英語で行います。入力する内容は、今まで米国入国に際して提出していたグリーンの出入国カード(I-94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報のほかにいくつかの質問に対して、『はい』 『いいえ』 で答える形式になっています。

インターネット環境に無い方や英語がわからない方などは、申請者本人以外が代行することが可能です。

 

***弊社、リバティヒルバケーションでも代行いたします***

 

申請に対する回答は概ね即座になされますが、仮に回答が保留された場合は、72時間以内に回答がなされますので、数時間後に再度ウェブサイトでご確認をお願いいたします。

また、認証が拒否された場合、最寄の米国大使館・総領事館で査証申請を行う必要がございます。

一度認証を受けると2年間(但し、パスポートの有効が切れる場合にはパスポートの有効期限まで)有効となります。

 

【注意点】

米国政府は渡航する72時間前までの申請を勧めていますが、申請自体は、具体的に渡航日程が決まっていなくても出来ますので、米国への渡航予定がある方は余裕を持って申請するようになさってください。

 

中国ビザ(査証) マルチビザの発給停止!

 中国ビザの発給に変更がありました。

今までは マルチ(複数回) と ダブル(2次) と シングル(1次) とありましたが、昨今の政治状況を反映してか・・・

 

当分のあいだ日本人の場合 『シングルのみ』 となりました!!

 業務渡航で中国へ頻繁に行かれている方、十分にご注意くださいませ

*マルチは廃止ではございません。当分の間停止ですのでご注意を

*最新の情報は中国大使館、またはLHVまでお問合せください

アメリカ 入国の際の全指の指紋採取 続報です

 昨年の12月より一部の空港で始まった両手全ての指の指紋を採取するアメリカの入国審査。

今年の年末までには、ほとんどの空港が対象になるべく少しずつ増やしていっているようです。

 

2月に導入した空港は・・・

*サンフランシスコ

*マイアミ

*オーランド

*デトロイト

既に1月までに開始している空港は・・・

*ワシントン

*ボストン

*シカゴ

*アトランタ

*ヒューストン

もうすぐ運用開始・・・

*ニューヨーク!

確実にイミグレーションの所要時間が長引くことになりますので、乗継の際にはくれぐれも余裕を持ったスケジュールで参りましょう!!

マレーシア 出入国カードの書類が廃止に!

 マレーシアの出入国カードが廃止になったようです。

最近、出入国カードや税関申告書の提出が不要になるケースが多いようですね。入国カード類に記入し準備するのは、結構面倒なのでよい流れです。

 マレーシア カード

  

先日、フランスから帰国する際の機内では、隣の席にリトアニア人のオペラ歌手の方が座っていました。アンドレイなんとか・・・ という名前でサンクトペテルブルグフィルハーモニー歌劇のテノール歌手の好青年でしたが、日本の外国人用の出入国カードと税関申告書に悪戦苦闘。【こんなもん書かせんのはクレイジーだぜ!】とビールとウオッカをがぶ飲みしながら1時間くらいかけて書いてました。違う用紙に同じこと書きますから確かに面倒ですよね。。。

中国 税関申告書も廃止に・・・ より簡素な出入国へ

 中国税関当局の発表によると、2008年2月1日より今まで出入国の税関検査の際に提出していた 『税関申告書』 の提出は、免税の場合のみ提出しなくてよいことになったそうです。

免税範囲内の方は、緑色の検査台へ進みましょう。

もちろん、中国税関が規制するものを持ち込む場合には税関申告書の提出が必要ですので、機内で入手して赤色の検査台へ進み、申告することになります。

 

これも2008年の北京オリンピック開催と2010年の上海万博開催のための措置ですね~

うまく成功するといいですねぇ

中国 税関申告書

台湾 無査証入国の滞在日数が90日間に延長

台湾へ長~くご滞在される方へ朗報です!

2月より無査証(VISAなし)で渡航される場合、今までは30日以内の滞在までということでしたが、2008年2月より90日以内までに延長されることになったようです。

  

台湾の外交部は2月1日から、日本パスポート所持者の無査証による滞在期間を30日間から90日間に延長する。無査証での滞在の場合、入国時に旅券の有効期限は3ヶ月以上必要となる。台湾査証に関する問合せは下記のとおり。

▽台北経済文化代表處 
東京 03-3280-7800 査証部
横浜 045-641-7737
大阪 06-6443-8481
福岡 092-734-2810

ここでーす

台湾

中国 『健康申告書』の提出が不要? ほんと~?

中国を旅行したことのある方ならご存知かと思いますが、出入国の際に必要になるカード類はたいへん多いですね。カードへの記入する項目も多いので実に面倒!

ところが、1月より健康申告書 Health declaration form on entry がなくなったようです。

一つ減っただけでも嬉しいですね~

それとも オリンピック期間中だけだったりして・・・

但し、発熱や嘔吐などの症状がある方には口頭で検疫官へ申告する必要があるほか、中国国内外で過去のSARSのように広範囲に感染する伝染病が流行した場合には、健康申告書の記入と提出が求められます。

突然の変更にご注意くださいませ

中国 健康申告書

アメリカ 入国時の指紋採取は “10指” へ変更です!

アメリカ入国審査の際、現在行われているのが両手人差し指2本の指紋採取と写真の撮影ですが、これでもまだ足りないようです。テロ対策の一環として、順次、両手全ての指の指紋を採取することになるようです。。。

米国土安全保障省(DHS)は、テロ対策の一環として、アメリカへの入国者に対して実施している指紋採取について、対象を現行の両手人差し指の2本から全ての指に変更した。ダラス空港では既に採取を開始しており、2008年の早い段階でその他の9ヶ所の空港に拡大し、2008年末までには全空港で導入する。DHSでは、「危険人物の入国を防ぎ、合法的な旅行をより効率的にするために、最重要な課題であった」としている。9ヶ所の空港は下記を参照のこと。

▽2008年早期の新指紋採取プログラム導入空港
・ボストン空港
・シカゴ・オヘア空港
・デトロイト空港
・アトランタ空港
・ヒューストン空港
・マイアミ空港
・ニューヨークJFK空港
・オーランド空港
・サンフランシスコ空港

日本 帰国時の税関では全員申告書の提出が必要に!

現在、日本の空港で行われる税関検査の際には、免税範囲内であれば 『携帯品・別送品申告書』 を提出する必要はありませんでしたが、いずれ(来年早々?)全員の提出を義務付けることになるようですね。

今年の7月頃には、新様式の申告書ができていたのですが周知徹底されていなかったので、現在は猶予期間でした。それから半年が過ぎいよいよ義務化になるようです!

LHVではこの新様式の 『携帯品・別送品申告書』 をお客様へ他の出入国カード類を合わせてご出発前にお渡しいたしますのでご安心を。

こんなヤツです・・・

 税関申告書 新様式

コピーでも使えるのでオリジナルのコピーです

こちらもご参考までに・・・

http://www.customs.go.jp/kaisei/youshiki/form_C/C5360r.pdf

成田空港 出入国審査が自動ゲート化に・・・

噂には聞いていた 出入国審査 の自動化。いよいよ正式運用に入るみたいです。なんでも、この自動化されたゲートを利用して出入国審査を通りたい場合には、事前に指紋(外国人の場合には指紋と顔写真)を登録して個人識別を行うそうです。

メリットは、この登録をしていれば空港に2時間前に行く必要は無くなるのではないでしょうか?チェックインと出国審査にかかる時間がだいぶ軽減されることでしょう。

でも、アメリカのTVやハリウッド映画などでよくあるシーン・・・ 

どこかの悪徳製薬会社の試薬研究所に単身乗り込むスーパーデカ、例えばジャックバウアー。犯罪の証拠を得るため悪徳研究員を襲ってその指を研究室入り口にあるリーダーへかざし・・・ なんて。

指紋だけで審査終了は大丈夫なのでしょうかねぇ???

法務省は11月20日から施行する改正出入国管理法に伴い、成田空港において自動化ゲートの運用を開始する。これは成田空港を利用する日本人、外国人共に実施するもの。利用希望者は、利用前に日本人は指紋、外国人は指紋と顔写真による個人識別情報を提供し、登録する必要がある。登録は東京入国管理局、および成田空港の第1、第2旅客ターミナルの東京入国管理局成田空港支局で受け付ける。

 手続きは申請書、旅券を提出し、人差し指の指紋を提供する。これにより、旅券に登録済みスタンプを受け、登録手続きが完了する。利用にはゲート入り口前の旅券リーダー(写真:黒い円のある円柱)に旅券をかざし、認識、確認された場合にゲートに入場ができる。この際、ゲート内で指紋を提供し、登録者であることが確認されると、ゲートの出口が開き、出国、または入国できる。なお、このゲートを利用した場合、スタンプを押さないため、出帰国の記録は旅券に残らない。

 法務省は既に1月から、空港手続きの電子化に関する実証実験「SPTトライアル2007」として準備を進めていた。

img45bdf2489ae81.jpg

イミグレーションの時間短縮に期待です!

税関トラブル ドイツ・フランクフルト空港は要注意です!

どこの国でも入国審査の時には緊張するものですよね。それでも、比較的日本人だと楽に入国審査を突破できる場合が多い・・・と思いがちですが、うっかりしていると多額の罰金(税金・追徴金)を請求されてしまうなんてことも。。。

ドイツのフランクフルト空港 税関検査 からのレポートです。ルフトハンザや日本航空を利用しフランクフルト空港またはミュンヘン空港乗継、ドイツ国内はもちろん欧州各国(シェンゲン協定国)へ渡航される特に出張者の方はご一読下さいませ。

*つまり、ドイツで入国審査を受ける方です。

フランクフルト国際空港での通関に際してのトラブルが多発しておりま
す。特に同空港の構造上、到着ターミナルによっては入国審査の直後に設置
された機内持込荷物用の税関窓口を通過することになり、機内預入荷物と合
わせて2回の申告を要することになります。悪意の有無にかかわらず、税関
への申告がなかったとみなされた場合には、多額の税・追徴金を課された
り、物品を税関に預け置くよう指示されることがあります。
 フランクフルト国際空港からドイツに入国又は第三国に向かわれる方は、
通関の際は思い込みや他国での経験に頼ることなく、正確な申告を心掛けて
ください。

1.機内持込荷物の申告
  商談目的でフランクフルトに到着したビジネスマンが、機内に持ち込ん
 だアタッシュケース内の商品サンプルとプレゼンテーション用パソコンを
 申告せずに緑の税関ゲート(申告すべき物品を所持しない入国者用ゲー
 ト)を通過したところ、税関職員に呼び止められ、不申告を指摘されまし
 た。申告しなかったサンプルやパソコンは再度日本に持ち帰る物であり、
 申告を要しないと思い込んでいた旨税関職員に抗議したが認められず、総
 額1,000ユーロ以上の支払を命じられました。
 ※たとえ日本に持ち帰ることが明らかな物品であっても、申告は必要で
  す。他国で指摘された際に勘違いであったと主張して通関できたことが
  あったとしても、ドイツではあくまで不申告とみなされ、関税・付加価
  値税の他、追徴金が請求されることになります。

2.ATAカルネ
  放送用機材を取材目的でドイツに持ち込んだ報道関係者が、機内に持ち
 込んでいた機材を申告せず通過、不申告を指摘されて3万ユーロにおよぶ
 支払を命じられました。同人は預入荷物内にも放送用機材を入れており、
 また仕事で同空港を何度も利用していたことから、預入荷物を受け取った
 後、受取所内にある税関窓口にて、ATAカルネを示して一緒に申告するつ
 もりであった旨、税関職員に強く主張しましたが、2か所の税関窓口それ
 ぞれで申告しなければならないと指摘されました。
 ※前述のように、到着ターミナルによっては2か所の税関窓口を通過する
  ことになりますが、空港税関によると、通関時は各窓口にて、そのとき
  の所持品についてそれぞれ申告すべきであり、本件のように、ATAカル
  ネを所持していることから後に申告する意思が明らかなケースであって
  も、規則違反の指摘は免れないとのことです。もちろん後で異議申立手
  続を取ることはできますが、いずれにせよ、いったんは多額の現金を支
  払わなければならず、ビジネスに大きな影響を及ぼします。
 ※ATAカルネは通関を保証する書類ではありません。疑問点があれば、必
  ずその場の税関職員に申告して相談してください。

3.乗り継ぎ利用
  日本からフランクフルト空港を経由し、オーストリア行の便に乗り継ご
 うとしていたビジネスマンが、オーストリアに入国した際に申告すればよ
 いと思い込み、所持していた商品サンプルを申告せず税関窓口を通過した
 ところ、税関職員に指摘されて、不申告として2,000ユーロ近い金額を請
 求されました。
 ※シェンゲン協定加盟国への乗り継ぎの場合、入国審査は最初の到着地で
  行われます。同時に持ち込み物品の申告も行う必要があります。例え最
  終持込先がドイツ以外の国であっても、最初の到着地で課税されます。
  特に目的地の通関が比較的緩やかな場合、フランクフルトでの厳しい審
  査に耐えられるだけの準備がされていないことが多く、結果として多額
  の税・追徴金を課されるケースが多くみられ、注意が必要です。

(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フランクフルト日本国総領事館
  電話: (49-69) 2385730

海外で購入した 肉製品 持込時の摘発多く ・・・ ご注意ください

農林水産省消費・安全局動物衛生課では、お土産として海外から日本へ持ち込む肉製品について注意喚起を呼びかけています。

農水省は成田国際空港に2005年12月に検疫探知犬2匹を導入し、2006年1年間の摘発件数は2000件にのぼったという。ヨーロッパからはハム、ソーセージなど、アメリカはビーフジャーキーが摘発される品目として多いが、ヨーロッパはBSEや豚コレラ、アメリカはBSEの発生を理由として、持ち込むことはできない。また、持ち込むためには適切な処理を施したことを示す政府機関の検査証明書が必要。なお、検疫検査犬の導入で手荷物引き取りのターンテーブル付近で検査するなどしており、今年度中には関西国際空港にも検疫検査犬を導入する。また、中部国際空港についても、今年度以降に導入を実施したいという。

成田犬

 『水際で止めてやるワン!でも、好物はびーふじゃーきーだワン!』

⇒ 肉製品などのおみやげ検査手続きに関する情報はこちら。
http://www.maff-aqs.go.jp/ryoko/aq2/aq2.htm

お土産などを日本へ持ち込むときには注意が必要です。特に食品や動植物には気をつけましょう。申告すれば問題ないものをありますので。。。