『A380』 エールフランスも日本路線へ投入

成田空港周辺のゴルフ場で時々ラウンドをしていると上空を離発着する航空機の騒音を耳にしますが、A380が大空へ向っていくときの音と姿は迫力ありますねぇー!エンジン音が他とは違う!

そのA380の音を耳にする機会がますます増えます!

 

エールフランス航空(AF)は9月2日、エアバスA380型機を成田/パリ線に投入する。4機目のA380型機の受納が確定したことから導入を決定した。まずは成田発が月、木、土曜日の週3便から開始し、10月5日からはデイリー化する。AFがA380型機を投入するのは、2009年11月のニューヨーク、2010年2月のヨハネスブルグに続いて3都市目。

 AFのA380型機は3クラス構成で、座席数は全538席。メインデッキにはファーストクラス9席、アッパーデッキにビジネスクラス80席、エコノミークラス449席はメインデッキに343席、アッパーデッキに106席配置する。機内にはクラス別のバーカウンターを合計6ヶ所設けている。また、合計22名のフライトアテンダントが搭乗してサービスにあたるという。

 なお、日本発着路線では、シンガポール航空(SQ)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)が成田/フランクフルト線への導入を済ませている。