バケーション&視察?⑦~ JITC北京校

25年ぶりに中国へ行ってきました!シリーズも最後になりました。

 
今回の旅の真の目的は・・・ 

もうすぐ 2013年4月1日開校いたします 自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ・北京校 への訪問でした。
北京へ旅立って、はや数ヶ月の松島琢磨コーチの様子と新施設を見学に行ってきたのです。

map_041

 

 

 

 

 

 

 

 

グループ会社の社員である身内の私が言うのもなんですが・・・ 

以前より話には聞いていましたが、随分と立派な建物にびっくり!

東京ドームと同じエアテントは、もちろん 空調完備!
テニスコートは、USオープンと同じサーフェイス(ハード)が なんと 6面
コートの後ろも広く取られていて、照明も明るくて、打ちやすい!
フロントの中国人のスタッフは、礼儀正しくしっかりとしていて、かわいい子ばかり!

♪ 公園の中に巨大エアテント出現!

-794

 ♪ 出来たての綺麗なフロント

-787

 -791♪ テントなので支柱がなく、室内は広々しています

 

まったく新しい環境と素晴らしい施設を手にした松島コーチは、以前にも増してヤル気をみなぎらせていました。

“エアテント” の最大のメリットは・・・ なんてたって 24時間365日営業 が可能ですからね!!

松島コーチ、頑張ってください!

***********************************
ATTN!  リバティヒルクラブ、JITCのテニスプレーヤーの皆様へ
************************
***********

2013年10月初旬

当施設(JITC北京校)を利用して、現地の会員様との 親善交流試合ツアー を企画する予定です。
同時に現地では チャイナオープンの決勝戦も観戦 できる内容になる予定です。
ご興味のある方は是非ともご参加の検討をお願いいたします。

ご一緒に美味しい中国料理を食べに参りませんか?

JITC北京校の松島琢磨コーチも、皆様の来訪を首を長くして、心よりお待ち申し上げます!!

-773

 

詳細が決まり次第、追って発表させていただきます!

自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ北京校 http://www.jitc-beijing.com/
施設とオープンイベントの様子はこちら! http://www.libertyhill.co.jp/blog/tennis/from-4.php

 

自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ北京校へのご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

今日の1本!Vol-5 ~CANAYLI 2009

週末は満開でしたね~

桜を見にお近くの公園や緑道の散策を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?

私も仕事終わりに、夜のアウトドアへ誘われるがままに行ってまいりました。

いざっ、碑文谷公園へ!

公園で嗜むワインを少しだけテイスティングするために、ちょっと立ち寄りをして今日の1本を決めましょう~

今日の夜桜のお伴はコチラ!

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CANAYLI Vermentino di Gallura 2009

イタリアのサルデーニャ島からの参加です。

温暖な地中海性気候に位置していながら、岩石が多くて荒涼としたイメージのあるサルデーニャ島。。。
どのような風味なのか大変興味があります。

ひと口飲んでみると・・・ ライチ?それともグレープフルーツ? 柑橘類にも似た酸味が広がってお口爽やか~

切れ味のあるこの辛口ワインは、満開桜のほのかな香りもあいまって、少し肌寒い夜桜観賞会にはもってこいの1本でした!!

DSC_0022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアワインと言えば・・・

2013年4月8日(月)

リバティヒルクラブにて 【イタリアワイン テイスティングフェア】 が開かれるではありませんか!

国内TOP10 ソムリエ矢野氏がセレクトしたイタリアワインとラウンジフィガロのスペシャルディナーが楽しめる2時間のイベントです。

詳細は、リバティヒルクラブフロント、またはスタッフまでお問合わせいただけると幸いでございます。

またはこちらまで! (←クリック願います)

皆様のご参加を心よりお持ち申し上げます!

 

サルディーニャをはじめとするイタリアへのご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

【香港】 入国手続のシステムが変更に!

香港 へ渡航される方へのお知らせでございます。
 
2013年3月19日(火)より、香港の入国(入境)手続きが急遽、以下の通り変更になった模様です。
これまで香港出入国(出入境)時にパスポートに押されていた出入国証明のスタンプが押されなくなり、代わりに 入国チケット なるものが手渡されることになりました。
13-03-22-05
この 入国チケット には、以下の4項目が記載されております。
♪ 入国者の名前
♪  パスポート番号
♪ 入国(入境)日
♪ 香港滞在許可期限

 

香港出境時まで、このチケットを失くさぬようご注意ください。
万一、チケットを紛失された場合には、ワンチャイ(湾仔)にあるイミグレーションオフィス(入境事務大楼)にて、再発行してくれるようです。

今回の変更により、パスポートに香港入国の形跡が残らなくなりましたが、その他特に大きな変更点はありません。

システムが急遽変更になったようですので、空港での出入国審査に時間が掛っていることが予想されます。
空港での時間に十分ご注意の上、チェックインやご移動をお済ませくださいませ。

香港方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせください。

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?⑥ ~今日の1本 Vol.4 燕京ビール

今日の1本はこれ!

北京の旅の途中で出会った、ゴールドに輝きを放つ中国料理にベストマッチな地ビール。。。

燕京ビール! 

-778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燕京(えんきょう Yan Jing)とは、北京の古い呼称だそうで、北京でのトップシェアを誇る地ビールです。

アルコール度数が低くて大変飲みやすく、油をよく使って調理する料理にはもってこい!!
胃の中の油を流してくれそうで、水の如くグィグィっと行ってしまいます!!

赤ちゃんも大喜びで・・・
 ベイジンの燕京(えんきょう)だけに ベイビィのあいきょう もいいぜぇ~~~

おあとがよろしいってことにして・・・ よろしいでしょうか  ? 

 

中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?⑤ ~中国といえば・・・

25年ぶりに中国へ行ってきました!

 

ところで、北京の街を歩いていると、どうしても目に入ってくるものがあります。

別に探して歩いたわけではありません。。。

普通に歩いたり、お店に入ったりしていたら自然と目の前に現れるのです。。。

それは、私たち日本人にとって、とても衝撃的なものであったり、笑劇的なものであったりしてしまいます!!

 

たぶん、一番人気は ドラえもん でしょうね。

二番手は ジブリ かな?

 

もうおわかりですよね?

カメラを向けると 『写真ダメダメあるよ!』 と怒られますが・・・ 撮っちゃいました!

 

No,1
-797

No,2
-786

No.3
-798

No.4 

これは・・・ちょっとやり過ぎ!
DSC_0012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにもたくさんありました。

日本人としては、本物のイメージを覆すような作品はちょっと勘弁してほしいですねぇ・・・ 
面白いけど。
著作権の侵害はよくありませんが、中国の人も知っていて洒落で買っているようでした~

 

中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?④ ~天安門・故宮・王府井

25年ぶりに中国へ行ってきました~

万里の長城の見学を終えて、次は市内中心地へ戻って天安門広場と故宮へ行ってみましょう。

中国共産党のイベントがあるらしく天安門広場周辺は警備が厳しいので、車でのアプローチを諦めて地下鉄で行きます。

地下鉄の改札で荷物検査があり・・・
天安門広場の手前で荷物検査があり・・・
天安門の前でも荷物検査があり・・・

-817私たち外国人はほとんどフリーで、中国人の方のほうがIDを提示して厳しいチェックを受けているように見えました。(我々はパスポートの提示は求められませんでした)

中国の中枢機関がこの周辺に集まっています。

公安の制服を着ていませんが、たぶん絶大な権力を持っていると思われる怖そうな人がたくさんいらっしゃいました。

-816ニュースでよく見る 天安門広場越しの天安門。

-818地下道を通り 天安門

この巨大な木造建築に圧倒されてしまいます。

故宮-821・太和殿 デカイ!!
故宮の歴史と威容さがひしひしと伝わってきます。

故宮博物院はとにかく広い。様々な宮殿や門がたくさんあり、見るのに疲れてしまいます。
残念ながら、ガイドがいないのでよく背景がわかりませんでした。もったいないことをしました。
ここはガイド必須です!

 故宮をあとにしてぶらぶら歩くこと30分くらい。

『北京の銀座』 と呼ばれているらしい 王府井(ワンフーチン) まで参りましょう。
デパートが連なり、歩行者天国でもある王府井には、こんな通りもあります。

王府井小吃街

-825

小さな横町の通りには、たくさんの出店が軒を連ねています。
その中でも特に目を引くのが、小さなサソリやムカデ、なにかの幼虫などのいわゆるゲテモノの串刺しがたーくさん!

-823

カラッとから揚げにして食べるのようですが、さすがにチャレンジできません・・・

パワフルな中国人の秘訣は、このへんにあるのかもしれませんね!

中国人の方は、ちゅごく 美味しそうに食べていらっしゃいました~

 おあとがよろしいようで・・・ ?

 

故宮や天安門、王府井をはじめ中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?③ ~万里の長城

25年ぶりに中国へ行ってきました~!

今回の訪問地は、そう 北京!
中国総人口15億~17億人の首都でございます。
人が多ければ空港もデカイ!道路も広くて車も多い!地下鉄も人で大混雑しているし、街には公安や私服警官がウヨウヨ・・・ まぁ、とにかく中国全土からたくさんの人々が集まっていました。

北京と言えば、万里の長城や故宮博物院に代表される 『世界遺産』 が目白押し!

今日は 北京1日観光 を楽しみました。

万里の長城 八達嶺水関長城

北京の中心地から車でおよそ60分少々。到着したのは数ある万里の長城の観光ポイントの一つ、『八達嶺水関長城』 でした。
大都会の喧騒とは別世界の山中にある長城は、とにかく寒い!随分前に降ったような雪が氷になってところどころに残っています。

-799

オプショナルツアーでよく設定されている “八達嶺長城” は、急な斜面の男坂となだらかな斜面の女坂があり、ロープウェーでも登れますが・・・

この水関長城は左右どちらもスタートから激坂!!

 -809

自分の膝の高さまであるような階段をしばらく登らなければなりませぬ。

やっとの思いで最初の砦を過ぎると道はなだらかになり・・・

-804

雄大な長城と荒々しい山々が姿を現します。
(右中央の砦までず~と長城は続いています。下の写真)

-803

『もうこれ以上行ってはだめ!!』 と私の膝が叫ぶので戻りましょう。

下りは・・・ 怖いです!!

ただでさえ急な斜面で危ないのに下から群れを成して登ってくる軍団を避けなければなりません。

手摺の奪い合いとなりまーす!

-807

私がイメージしていたものと違って、実際の万里の長城は立派に整備されて、とてもきれいな状態を保っていました。

そして、この大自然のなかに長城という人工物が見事に溶け込んでいることに感動しました。

もともと周囲は岩山なのですが、近年、植樹を推し進めていているそうです。もうすぐ新緑が芽生えて、秋には紅葉も楽しめるようになるそうです。

このロケーションでの紅葉はきっと素晴らしいでしょうねぇ~

もう一度、紅葉の季節にいこうよぅ~~~

おあとがよろしいようで・・・

 

万里の長城や故宮博物院などの世界遺産の見学へ行かれる方、中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?② ~世界三大料理を食らう

25年ぶりに中国へ行ってきました!

中国の旅の楽しみの一つが、なんと言っても世界三大料理の一つに挙げられている 中国料理 ですね。

今日のランチは、現地の社員兼コーディネーター兼通訳兼ドライバー氏お薦めの中国料理レストランへ連れて行ってもらいました。

地元の人に愛されて、観光客はほとんど入れないというこのお店のイチオシは 北京ダック! この地で一番古く、600年の歴史を持つという 『便宜坊』 に入店です。

本場・中国の北京ダックは、どのようなものが出てくるのか、大変楽しみです~

-780

 手際良くオーダーを済ませて、あっという間にテーブルの上に数々の料理が並べられる様は壮観です。

料理はもちろん美味しいのですが、大人数で大きなテーブルを囲んで楽しく食べるのが中国料理の醍醐味ですね!

さあ、メインの登場です。
颯爽と北京ダック担当のスタッフがダックの丸焼きと共に我々のテーブルの横にスタンバイ!

-78110分も経た-783ないうちに、皮も身もきれいに剥がされてテーブルの上に・・・ 

お見事な手羽先、いえ、手捌きに見とれてしまう~

では、早速いただきましょう~

初めて北京ダックが美味しいと思ったくらいに皮も硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどよい揚げ加減。身のお肉の部分も大変柔らかくて美味しい!

さすがに地元の人に愛されているだけあって、素晴らしいレストランでした。

是非、再訪したいお店です。

 

本場・中国の北京ダックを食べたくなった方、中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

バケーション&視察?① ~成田空港にて『昔はさぁ・・・』

さあ、今月も海外へ行ってきました。

いざっ、羽田・・・ではなく、今回も成田空港から旅立ちます。
ひと昔前 と比べると空港アクセスも改善され、ターミナルやチェックインカウンターも増えて随分と便利になりました。20年くらい前から100回くらいは来ているこの空港には、文句を言いつつも愛着があり、成田空港からの出発にはなんとな~く “旅情” を感じてしまいますね。

慌ただしくチェックインを済ませると90分のディレイをあっさりと告げられました。とりあえず、二言三言文句を言ってミールクーポンを貰おうとしましたが 『ありません!』 とピシャリ。
これも ひと昔前 なら、90分以上のディレイの場合にはドリンクチケットくらい出たはずなのですが、今はコスト管理が厳しいですからねぇ。

20:00を過ぎた頃に2-3名しかいない出国審査場を通りゲートへ向かうと、これから目的地まで運んでくれる、ちっちゃな飛行機(ボーイング737-800)が佇んでいました。

-758

最近のこの路線は、両国の関係が冷え切っているのでフライト本数はそれほど減ってはいないものの、機材のダウンサイジングが進み、150名~180名くらいしか乗れない機材が主流です。
「こんなちっちゃい飛行機が成田にいるなんて・・・ ひと昔前 はジャンボ以外はいなかったのに。国内線じゃないんだから」 とブツブツ言いながら機内に入ると、現に50名くらいしか乗っていません。。。
寂しい限りですねぇ。もっともっと活発に人や物資の往来が早急に再開されてほしいものです。

今回は、初めて中国のナショナルフラッグキャリアである中国国際航空に搭乗します。
東京路線は、小さいながらも新しい機材を使用しているので、機内はとてもきれいで快適。
一方、ソフト面はやっぱりイマイチでした。日系やその他のアジア系と比べると雲泥の差があります。
アメリカの人は、米国内線をバス感覚で乗りますが、スタッフの対応はそれに近いものがありますね。
一番びっくりしたのが、機内アナウンスは中国語と英語のみで行い、唯一、緊急時の説明ビデオのみ、日本語バージョンがありました。そのほかは皆無です。

日本各地へ1日何十便も飛ばしているのに日本語のアナウンスがないなんて・・・ 現在の両国間の関係を反映しての??? と少し勘ぐってしまいます。

往路の機内食(夕食)
-759

 復路の機内食(朝食)
-827

真ん中の黒い物体は・・・味玉??? 
いや、味玉のわりには黒過ぎる。

まさか、大嫌いなピータン???
えっ?機内食でピータン!?

ひと口だけかじってみましたが、なんだかよくわかりません!

味は、、、聞かないでくださいね~
たぶん、ご想像通りです!

中国のナショナルフラッグキャリア・中国国際航空や中国東方航空など、中国方面へのご出張、ご旅行も、是非とも弊社までお問合わせくださいませ!

リバティヒルバケーション ホームページ  http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2

今日の1本 Vol.3 ~LEOPOLDO I DI TOSCANA~

本日の2本目はこちら!

かっこいいデザインのラベルが目を引くボトルが・・・

さすがに イタリアのトスカーナ地方 からやってきただけありますね!

お洒落です!!

 

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEOPORDO I di TOSCANA 2009 レオポルド プリモ ディ トスカーナ

イタリアンレッドといいましょうか~

深紅のフェラーリのように美しい色が印象的。

僕が 「色が濃い赤だねぇー」 と言うと、一緒にいた方が 「深いルビーレッド」 とひと言・・・ 表現力が負けた瞬間でした。

味が濃厚なわりには喉越しがスッキリしていて、見た目よりも大変に飲みやすいワイン。

チーズによくマッチして、もう無理!! というときに飲むにはもってこいのワインでした~

 

レオポルド???

どこかで聞いたことある名前だったような ・・・

 

さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。
ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

ボルドーの様子はこちらをクリック!
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=453

お問合わせは是非ともこちらまで!
リバティヒルバケーション ホームページ   http://www.libertyhillvacations.co.jp/
リバティヒルバケーション ブログ  http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=2