【奄美・沖縄②】今年の夏、訪れるチャンスです!

【奄美・沖縄①】の続きになります。

奄美大島・徳之島・沖縄島北部、及び西表島

さて、今夏のお勧めディスティネーションの【奄美・沖縄】ですが、その位置を確認してみたいと思います。

およそ700kmほどの距離に及ぶ広大な海に浮かぶ、4つの島と地域を【奄美・沖縄】として世界自然遺産へ登録する予定です。
およそ700km・・・ 東京から八戸あたりまで、または、東京から姫路あたりにまでに匹敵する距離になりますね。
西表島から台湾は目と鼻の先になります。

東京からのアクセスは・・・

奄美大島(奄美空港) ・・・ 直行便がございます!
徳之島(徳之島空港) ・・・ 鹿児島空港、または奄美空港からの乗継便になります。
沖縄島北部(那覇空港) ・・・ 那覇空港から北部まで少し遠いですが、沢山の直行便ございます!
西表島 ・・・ お隣の石垣島まで直行便。フェリー乗継でのんびりどうぞ!

さあ、【奄美・沖縄】の見どころは、コチラ↓↓↓をクリック!
是非、ご覧ください。

時を紡ぐ、彩の島 奄美・沖縄 各地域の魅力と豊かな個性をナビゲート

http://amamiryukyu.jp/

ユネスコ・世界自然遺産の申請理由の代表的なものが、東洋のガラパゴスと呼ばれる、独自の進化を遂げた貴重な生き物や植物がたくさん生息していることです。

この地域の魅力の一つが、エコツアーガイドです。

エコツアーガイドと言えば、固有の動植物が多く、ハワイ諸島の成り立ちやポリンシアの歴史などが学べる「ハワイ島」が有名で、エコツアーが盛んに行われていますが、この「奄美・沖縄」のエコツアーガイドだって負けてはいません!!

壮大な大自然の神秘を辿る島 エコツアーガイドのご紹介

エコツアーガイドに参加することで、自然環境への親しみと理解を深めることで、世界自然遺産としての真の価値に触れることができると思います。

世界自然遺産の登録目前の自然豊かな島々の「奄美・沖縄」へ、今年の夏、訪問してみてはいかがでしょうか?

弊社では、航空機にご搭乗される際やご旅行の際には、コロナウィルス感染拡大防止のガイドラインを遵守し、安心 & 安全な旅行をご提供させていただきます。

リバティヒルバケーションでは、国内旅行のご予約・ご相談も承っておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!!

【奄美・沖縄①】ユネスコ世界自然遺産の登録は?

【奄美・沖縄】
奄美大島・徳之島・沖縄県北部、及び西表島

鹿児島県と沖縄県にまたがる琉球列島のこの4地域は、2017年からユネスコの世界自然遺産の登録を目指していました。

今月、中国で行われるユネスコ世界遺産委員会で「知床」「白神山地」「小笠原諸島」「屋久島」に続き、見事、日本で5カ所目の世界自然遺産登録決定!!~となるはずでしたが・・・

2月以降の多くの国際会議や展示会などと同様、このユネスコ審査会もコロナウィルスの影響で延期となってしまい、残念ながら「奄美・沖縄」の世界自然遺産の登録も、今年は流れてしまいました。。。

ということは・・・

今年の夏に・・・

訪れるチャンス?!

ユネスコ世界自然遺産の登録後には、(一般的に考えれば)世界的にメディアに取り上げられ、行政や航空会社のキャンペーンも盛んに行われ、各旅行会社も精力的にセールスを開始すると思われ、せっかくの豊かな自然の島が、混雑必至になってしまいます。

現に、西表島では、水道供給の問題から、ユネスコ登録完了後の受入れ観光客数を目標値で1,230名/日とするという案もあるそうです。

今年の夏は、もちろん、コロナ禍の影響がござますので、旅行に対するご不安も有るかと思いますが、世界自然遺産の登録前の自然豊かな島々の「奄美・沖縄」は、今年の夏の訪問先候補の一つになると思いますが、いかがでしょうか?

弊社では、航空機にご搭乗される際やご旅行の際には、感染拡大防止のガイドラインを遵守し、安心 & 安全な旅行をご提供させていただきます。

リバティヒルバケーションでは、国内旅行のご予約・ご相談も承っておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!!

【ヴェネチア・リアルト橋】 工事の延長が確定しました。

ヴェネチアを代表する観光スポットといえば・・・

カナル・グランデ(大運河)
サン・マルコ広場
サン・マルコ寺院
ドゥカーレ宮殿
ため息の橋
サンタマリアデッラ・サルーテ教会
そして、ゴンドラやボートが行き交うカナル・グランデの中間にあるリアルト橋
etc …

優雅に流れるカナルグランデ(大運河)に掛かる4本の橋のなかで、リアルト橋は一番大きく、一番古く、そして一番有名です。
ヴェネチアを訪れたことがある方ならば、必ずやこの橋を渡ったことがあると思います。
この橋から見る夕暮れのヴェネチアの街は、きっと想い出深いシーンになったのではないでしょうか?

さて、そのリアルト橋ですが、現在、修復工事中の真っ只中です。

11無題

そして、工事の延長も決定され、
少なくても2016年中も美しい橋の全容を見ることができなくなっています。

リアルト橋は、当時、無名だった建築家のアントニオ・ダ・ポンテの設計によるもので、1592年に作られてから既に400年以上の歳月が経っています。
12世紀に作られたものは木製の跳ね橋でしたが、1592年に現在の石造りの橋に造り変えられました。
その石橋の設計は公募によって決まったのですが、ミケランジェロなどルネッサンス期の有名な建築家の名前もあったそうです。

塩野七生さんの世界ですね。

本当に2016年中に修復が完了するのかは、もちろんわかりません・・・
ヴェネチアを観光で訪れる方は、ご注意くださいませ。

イタリア旅行もリバティヒルバケーションへお任せ下さい!

ロサンゼルス メトロ・ゴールドラインに『リトル・トーキョー駅』誕生!

 

ロサンゼルスにご宿泊されるときは、どちらの地区にされますか?

リトル・トーキョーに泊まられる方も多いと思いますが、あまり交通の便がよくありませんでしたが・・・ メトロのゴールドラインが延長さてて新駅『リトル・トーキョー』が誕生したようですよ!

ロサンゼルス観光局によると、ロサンゼルスのメトロ・ゴールドラインが11月15日、東に約10キロ延長した。同路線は従来、ダウンタウンのユニオン・ステーションからパサデナを結んでいたが、新たにユニオン・ステーションからリトル・トーキョー駅、ピコ駅、マリアッチ・プラザ駅、ソト駅、インディアナ駅、マラビーラ駅、イーストLAシビック・センター駅、アトランティック駅の8駅がオープン。特にリトル・トーキョー駅は全米日系人博物館に隣接し、ミヤコ・ホテル・ロサンゼルスやキョート・グランド・ホテルといった日本人観光客が多く利用するホテルに近く、同路線を利用することでロサンゼルス市内からのアクセスが便利になる。

 img4b049ee4ac3141

注目! アジア内のこれから注目される観光地 TOP20とは

旅行情報を発信する世界的な 某インターネットサイト が、面白いものを公表しました。

『アジアの “これから注目の観光地TOP20”』

1位はインドネシアのバンドン! 

以前に手配したことがあったのでバンドンは辛うじて知っていましたが、2位以下、知らない街が多い・・・

なかでもフィリピンは凄い、大人気です。ベスト4に3都市がランクインし、トップ10圏外にも3都市入っておりますので計6都市がベスト20に顔を出しています。来週の “スポットライト” の登場間違いなしですね。

 日本はというと函館、長野、そして高山がランクインしています。雪国が多いのはなぜなのか図りかねますが、共通事項は・・・

函館= 都道府県別温泉数日本一の北海道を代表する “湯の川温泉”

長野= 同じく、都道府県別温泉数第二位(そこら中に温泉があるらしいけど代表で) “別所温泉” 

高山= 日本3名泉の一つでもあり、露天風呂の数日本一という “下呂温泉”

 

ということで日本の人気都市のキーワードは ≪温泉≫ ということに~

 

 このランキングは2007年9月から2008年9月までの某グローバルウェブサイトのユニークユーザー数、クチコミ投稿数、ページビュー数、旅の質問箱への参加数などを総合的に考慮した「Travel Cast」という指標を用いている。

 一位のバンドンをもつインドネシア共和国文化観光省日本地区事務所では、バンドンについて「ジャカルタから2時間圏内というアクセスの良さ、昔懐かしいたたずまいが人気」という。また、9位になった函館国際観光コンベンション協会は「函館は、日本で最初の国際貿易港として開港した土地。現在、台湾からのチャーター便は年間600便が運航しており、『地域ブランド調査2008』でも2位にランキングされ、日本での高い評価が外国の方々へも浸透している」としている。なお、ランキングの詳細は下記のとおり。

▽アジアの“これから”注目の観光地ランキング トップ20
1位 バンドン、インドネシア
2位 バタンガス、フィリピン
3位 タガイタイ、フィリピン
4位 ラオアグ、フィリピン
5位 ジョグジャカルタ、インドネシア
6位 黄山、中国
7位 シアヌークビル、カンボジア
8位 ヴィエンチャン、ラオス
9位 函館、日本
10位 コーヒョン、台湾
11位 スービック、フィリピン
12位 クアラトレンガヌ、マレーシア
13位 エル・ニド、フィリピン
14位 長野、日本
15位 メルシン、マレーシア
16位 ダグパン、フィリピン
17位 ウナワトゥナ、スリランカ
18位 パトン、タイ
19位 ジャカルタ、インドネシア
20位 高山、日本

ハワイ州 生誕50周年記念でハワイが熱い

2009年 ハワイは米国の50番目の州となってから50周年を迎えます。

さあ、とっておきの出来事が待つ、州の誕生50周年のハワイへ、是非参りましょう!!

  

さまざまなイベントやキャンペーンが繰り広げられているようです。ホームページをまずはご覧ください。

この年末年始・・・ まだ間に合うかもしれませんよ!

 http://www.gohawaii.jp/50th/index.html

やっぱり暑い、いやいや熱い! マカオ人気!

マカオ航空の関空就航が確定したり、マスコミで取り上げられたり、日系企業が進出したりとなにかと目につくマカオ。やはりその人気は数字で見ると目を見張りますね~

マカオ観光局によると、7月にマカオを訪れた日本人の数は2万2142人で、前年比42.7%増となった。このうち、1泊以上の滞在客の割合は58%となり、前月より6ポイント増。また、1月から7月の累計は34.7%増の15万2238人であった。