成田空港 出入国審査が自動ゲート化に・・・

噂には聞いていた 出入国審査 の自動化。いよいよ正式運用に入るみたいです。なんでも、この自動化されたゲートを利用して出入国審査を通りたい場合には、事前に指紋(外国人の場合には指紋と顔写真)を登録して個人識別を行うそうです。

メリットは、この登録をしていれば空港に2時間前に行く必要は無くなるのではないでしょうか?チェックインと出国審査にかかる時間がだいぶ軽減されることでしょう。

でも、アメリカのTVやハリウッド映画などでよくあるシーン・・・ 

どこかの悪徳製薬会社の試薬研究所に単身乗り込むスーパーデカ、例えばジャックバウアー。犯罪の証拠を得るため悪徳研究員を襲ってその指を研究室入り口にあるリーダーへかざし・・・ なんて。

指紋だけで審査終了は大丈夫なのでしょうかねぇ???

法務省は11月20日から施行する改正出入国管理法に伴い、成田空港において自動化ゲートの運用を開始する。これは成田空港を利用する日本人、外国人共に実施するもの。利用希望者は、利用前に日本人は指紋、外国人は指紋と顔写真による個人識別情報を提供し、登録する必要がある。登録は東京入国管理局、および成田空港の第1、第2旅客ターミナルの東京入国管理局成田空港支局で受け付ける。

 手続きは申請書、旅券を提出し、人差し指の指紋を提供する。これにより、旅券に登録済みスタンプを受け、登録手続きが完了する。利用にはゲート入り口前の旅券リーダー(写真:黒い円のある円柱)に旅券をかざし、認識、確認された場合にゲートに入場ができる。この際、ゲート内で指紋を提供し、登録者であることが確認されると、ゲートの出口が開き、出国、または入国できる。なお、このゲートを利用した場合、スタンプを押さないため、出帰国の記録は旅券に残らない。

 法務省は既に1月から、空港手続きの電子化に関する実証実験「SPTトライアル2007」として準備を進めていた。

img45bdf2489ae81.jpg

イミグレーションの時間短縮に期待です!

JAL 『うどんですかい』にカレーうどんが新登場!

日本航空へ搭乗された方ならご存知の方も多いでしょう、カップめんの うどんですかい & そばですかい & らーめんですかい でお馴染みの 「デスカイシリーズ」 に待望の 『カレーうどんですかい』 が搭乗・・・ いえ、登場することになったそうですね。なんでも、かつおとしいたけの和風出汁を使用したものだそうで!

機内で一ついただいて、旅先のホテルでひとり寂しく何度食べたことか・・・ 

いやぁ~ ありがたいカップ麺でしたぁ~ JALに乗る楽しみが増えた感がありますねぇ~

kare.jpg

* 

JALUX(ジャルックス)は11月1日から、ジャル・セレクションのカップ麺商品「デスカイシリーズ」の新商品、「カレーうどんですかい」を発売する。ユーザーの希望やマーケット調査の結果、独自色を活かして開発。かつおとシイタケの和風だしを贅沢に使用した上、スパイシーさはまろやかにし、最後まで飲み干したくなる本格的なスープに仕上げた。12月1日からは、日本航空(JL)の東京/ロンドン線、国際線プレミアムエコノミーで提供する予定。
 

ユーロスター ロンドン発着駅が変更に

ご存知、パリとロンドンを結ぶ ユーロスター のロンドン側の発着駅が来る11月14日(水)から変更になります。

今までのウオータールー駅 Waterloo から セントパンクラス駅 St.Pancras へ変わります。あまり馴染みのない名前の駅ですが、ユーロスターを利用する際にはより便利になります。

ユーロスターをご利用になる際には要注意です!!

シンガポール航空 A380の目玉 シンガポールスイートとは・・・?

いよいよシンガポール航空が新機種のエアバスA380を受領しました。

02.gif 

シンガポール航空が運航するA380には、ファーストクラスよりも上級クラスになる 『シンガポール航空スイート』 を設定しています。いったいどれくらいの料金設定になるのか定かではありませんが、是非、ちょっとだけでも乗ってみたくなる豪華な空間のようですね~

詳細は、URLをクリックしてみたください!

http://www.a380.singaporeair.com/content/interior/index.html?videoType=suites 

シンガポール航空(SQ)は10月15日、エアバス380第1号機を受領し、機内設備を公開した。注目の「シンガポール航空スイート」は全12席で、スライディングドアで仕切られた個室となっており、座席幅は約1メートルを確保。座席とは別にベッドを装備し、就寝時には客室乗務員が、フルサイズベッドと羽毛布団、クッションを用意する。カップルでの利用の場合、オプションで中央2列の座席をダブルベッドとして利用することも可能だ。

Hawaii ロイヤルハワイアンが大規模改装のためクローズに

ワイキキビーチを歩いたことのある方なら誰もが一度は見たことのあるでしょう、通称ピンクパレス(シェラトン系) THE ROYAL HAWAIIAN の大規模リノベーションが決まったようです。

oahu0361_s.jpg 

期間は、2008年6月頃から約7ヶ月を目処にしている模様です。部分改装ではなく、気合入りまくりの全館をクローズしての全面改装!

2008年の夏の旅行から2009年の年始までのご旅行に際には、ピンクパレスにはご宿泊できない状況ですので、ご注意くださいませ。

キレイに生まれ変わるのは大歓迎ですが・・・ 

また料金上がらなければいいですけどねぇ~

Hawaii ディズニーのリゾートホテルが2011年に開業予定

ハワイ・オアフ島にディズニーリゾート がやってくる!

現在、オアフ島で急速に開発が進んでいる コ・オリナ地区は、西オアフにありワイキキから車で30分くらい。この地区にはJWマリオット・イヒラニリゾート&SPAやコオリナゴルフクラブ、タイムシェアタイプの高級コンドミニアムなどが集まる、今HOTな場所。

残念ながらディズニーランドのようなテーマパークの併設は無いようですが、ディズニーをイメージしたホテルとなるようですから、いったいどんな手法で宿泊者を楽しませてくれるのかが、今から楽しみですね。

ディズニーのテーマパークやリゾート部門を管轄するウォルト・ディズニー・パーク&リゾートは10月3日、ハワイ・オアフ島の海岸沿いにある不動産物件の購入計画完結を表明し、11年の開業を目指す。タイムシェアプログラムである「ディズニー・バケーション・クラブ」会員からは、ハワイでのリゾートに対する要望が多かったため、これに応える形となった。
 オアフ島の高級リゾートであるコ・オリナ・リゾート&マリーナ内にある不動産物件は、ディズニーがテーマパーク開発以外で初めて着手する複合ファミリーリゾート事業の本拠地となる。タイムシェアプログラムの「ディズニー・バケーション・クラブ」会員用のホテルタイプの客室やヴィラを含む800ユニット以上の建物が点在する。

ディズニー+ハワイのコラボ・・・ 楽しみです!

日本航空 いよいよ≪プレミアムエコノミー≫導入決定!

年々、各国の航空会社が導入を増やし存在感を増してきている国際路線の新しいクラス(座席)の ≪プレミアム・エコノミー≫ ですが、いよいよ日本航空(JL)にも導入されることになったようですね。

簡単に言うと、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間クラスのことをプレミアムエコノミーと呼ぶ航空会社が多くなってきていますね。ビジネスよりは安く・・・エコノミーよりは少々(だいぶ?)高くが基本です。

エコノミークラスの座席仕様をすべて廃止して、プレミアムエコノミー並の座席を設置し、運賃は従来通り・・・ という夢のような機材を飛ばしてくださる航空会社はいつになったら現れるのか・・・ 

日本航空では、≪JALプレミアム・エコノミー≫を12月1日から東京/ロンドン線で開始し、08年後半には東京/パリ、フランクフルト線に導入することに。

座席には新たに「JALスカイシェルシート」を設け、リクライニング時に背もたれが後部に倒れない構造を採用したほか、シートピッチは従来のエコノミークラス(Yクラス)より約20%拡大。A4サイズのノートパソコンの置ける大型テーブルや電源を設置するなど、ゆとりあるつくりとした。

また、専用チェックインカウンターを設置し、空港ラウンジや荷物引取りの「JALフライトキャディサービス」も利用可能とするなど、サービス面でも差をつけた。

 利用可能運賃はYクラス普通運賃、JALエコノミーセイバーフレックスと、新たに設定した専用運賃の「JALエコノミーセイバープレミアム」で24万7000円から。「JALエコノミーセイバー」で往復3万円、片道1万5000円の差額で設定している。座席数はロンドン線のボーイング777-300ERの場合、従来のYクラスが220席のところ、プレミアムエコノミーを44席、Yクラスを156席と20席減少となるが、イールドを高めることで、年間の営業利益で40億円の効果を見込む・・・

果たして結果はいかに・・・ 10月11日より予約開始です。

詳しくは、JALのインフォメーションにてどうぞ

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/premium_y/information.html

クルーズ セブンシーズ マリナー号 内覧会のご報告

世界の7つの大海を股にかけるオーシャンライナー SEVEN SEAS MARINER が横浜大桟橋へやってきました!

内覧会の模様をアップしたしましたのでご覧下さいませ

世界のセレブ達を相手にするクルーザーとは、一体どうなっているのか? 他の船とはどこが違うのか。。。

さぁ、乗船乗船~

http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?page_id=115

img_0087.jpg

セブンシーズマリナー 内覧会の模様です

2007年9月 

なぜか私が来るといつも雲っていることが多い、ここ横浜大桟橋(たぶん気のせいだと思っていますが・・・)に先日世界最高水準のラグジュアリークルーズ 『SEVEN SEAS CRUISES』 が世界に誇る 『SEVEN SEAS MARINER』 がやって来ました!

ゆとりの居住空間

気品あるインテリア

一流シェフによる料理

よりラグジュアリーに、よりパーソナルに 個々のお客様のご要望におこたえする、贅沢で快適なパーソナルタッチのクルーズライフが楽しめるという、このマリナー号・・・ 世界最高峰のオーシャンライナーはどんなものなのか、ちょっと拝見してきました!

 img_0106.jpg img_0089.jpg img_0087.jpg

 桟橋からの外観です。グランドアジア・パシフィッククルーズの途中に横浜へ寄港したとは思えないほど船体は美しかったです

左側は飛鳥Ⅱですが、やっぱり船も磨くのですね。外観にも力を注いでいる点はさすがです!一方、マリナー号の女性陣はつかの間の休息か・・・

img_0093.jpg img_0091.jpg

少し離れて見ると、もう船ではなくビルですね

img_0094.jpg  img_0096.jpg

後方より

img_0092.jpg

船尾にももちろんお部屋があり、両サイドのお部屋は『セブンシーズスイート』、間の3つのお部屋には『ホライゾンスイート』という名前が付いています。それぞれ上から4番目と5番目のカテゴリーになります

さあ、いよいよ乗船し内覧会の始まりです

国際線航路就航中ということで、(パスポートの代わりに?)身分証明書を預けて船内へ・・・

 img_0099.jpg img_0100.jpg

いざ、船内へ

こちらはフロント

img_0163.jpg

意外に普通。。。と思っていたら・・・ ドーンと吹き抜けのアトリウムが。船内にいることを忘れてしまいそうです

img_0158.jpg img_0122.jpg

自慢の吹き抜けエレベーターに乗って、最上階のデッキ12へ行ってみましょう

この日は、偶然にも 『飛鳥Ⅱ』 がとなりのホームへ帰港していました。船の大きさはほぼ同じながら、客室窓の大きさ(つまり部屋の大きさ)がだいぶ違うことがよくわかります

img_0103.jpg img_0109.jpg 

DECK-12

航海中に運動ができるよう、パドルテニスコート、ゴルフのドライビングレンジ、そして定番のジョギングトラックがあります

img_0107.jpg img_0108.jpg 

DECK-11

豪華客船には、欠かすことの出来ないプールがこちら。気持ち狭い(?)感じもしますが、立派なジャグジーも完備!

POOL BAR には、夜な夜な来てしまいそうですねー

img_0113.jpg img_0104.jpg img_0112.jpg img_0105.jpg

DECK-10 9 8 は客室オンリー

長ーい廊下の前後にはエレベーターが2箇所にあり、計5台が活躍

img_0142.jpg

DECK-7

このデッキから下が、主に ACTIVITIES のフロアになってまいります

まずは、長い航海に欠かせない設備のひとつ

ジムです。お隣はエアロビクススタジオ

img_0118.jpg img_0119.jpg 

セレブを魅了するパリの老舗スパ&ビューティーサロン 『CARITA SPA』

この奥にはサウナもあります

img_0117.jpg img_0116.jpg

こちらも定番、カジノです

img_0123.jpg

そして、意外にも敷地が狭かったのが、このブティック(ショップ)でした。停泊中だったのでほとんど商品を撤去してしまっていた。

img_0124.jpg

今ではどこの船にもあるコンピュータルーム CLUB COM と DVDや本を貸してくれるライブラリースペース

img_0129.jpg img_0131.jpg

さあ、やっぱりクルーザーを選ぶ基準大きな要素の一つになるであろう CUISINE のコーナーです。

メインダイニングの コンパス・ローズレストランを始め、ラティテュードやシグニチャーなど計5つのレストラン。そのほかにも BARが数ヶ所ありますので、まぁ人が歩けば食事にアリツケル・・・ という感じで、食は豊富です!飽きることがないと思います

 img_0143.jpg img_0111.jpg 

一番人気のレストラン、なんとなくお皿も高そう・・・ ドリンクめにゅー・・・

img_0141.jpg img_0139.jpg img_0140.jpg

こちらのレストランは、訪問地域のよって提供されるメニューが変わるそうです。今は日本なのでアジアンチック満載のお店の雰囲気に。。。

img_0152.jpg img_0153.jpg img_0151.jpg img_0154.jpg

メインダイニングはこちらです!

img_0149.jpg img_0147.jpg img_0148.jpg

デッキ11のラ・ベランダレストラン 航海中はキモチいいでしょうねぇ

img_0146.jpg

そして、この船のもう一つの特徴

船内のあらゆるスペースに飾られているお花と絵画たち。お花はすべて “生花” ばかりというのですからビックリです。ラグジュアリークルーザーではあたりまえのことだそうですが。。。

そして、絵画たちは飾られているだけではなく、商品として売られているものもあるようです

img_0121.jpg img_0128.jpg img_0137.jpg

img_0132.jpg img_0125.jpg img_0150.jpg

船内には、ラウンジやシアターなども複数個所あります。船内のそこかしこに椅子が用意されていますので、少し疲れたらキャビンに戻らなくても休むことができるようになっているようですね

img_0136.jpg img_0102.jpg img_0161.jpg img_0133.jpg

船内の至るところに ラグジュアリークルーズとしての気品というか、いろんな意味での “余裕”が感じられたマリナー号。乗客定員を抑えて、乗客一人当たりの空間的ゆとりを示すスペースレイシオは71.4トン(世界最高レベル)を確保していると唄うのも肯けますね

さて、気になる肝心のキャビンに関しては、残念ながら今回の内覧会では見ることができませんでした。なんせ、全室完売の状況のグランドクルーズが、途中横浜へちょっと寄っただけですので・・・ すべてのお部屋にお客様がいらっしゃるのであればお部屋は見ることができません

残念!

お部屋を見てみたい!とおっしゃる方はLHVまでお気軽にご相談ください

パンフレットやDVDよりお部屋の状況がチェックできます!

さあ、是非、オーシャンライナーの旅をどうぞ!

おまけ

img_0101.jpg