税関トラブル ドイツ・フランクフルト空港は要注意です!

どこの国でも入国審査の時には緊張するものですよね。それでも、比較的日本人だと楽に入国審査を突破できる場合が多い・・・と思いがちですが、うっかりしていると多額の罰金(税金・追徴金)を請求されてしまうなんてことも。。。

ドイツのフランクフルト空港 税関検査 からのレポートです。ルフトハンザや日本航空を利用しフランクフルト空港またはミュンヘン空港乗継、ドイツ国内はもちろん欧州各国(シェンゲン協定国)へ渡航される特に出張者の方はご一読下さいませ。

*つまり、ドイツで入国審査を受ける方です。

フランクフルト国際空港での通関に際してのトラブルが多発しておりま
す。特に同空港の構造上、到着ターミナルによっては入国審査の直後に設置
された機内持込荷物用の税関窓口を通過することになり、機内預入荷物と合
わせて2回の申告を要することになります。悪意の有無にかかわらず、税関
への申告がなかったとみなされた場合には、多額の税・追徴金を課された
り、物品を税関に預け置くよう指示されることがあります。
 フランクフルト国際空港からドイツに入国又は第三国に向かわれる方は、
通関の際は思い込みや他国での経験に頼ることなく、正確な申告を心掛けて
ください。

1.機内持込荷物の申告
  商談目的でフランクフルトに到着したビジネスマンが、機内に持ち込ん
 だアタッシュケース内の商品サンプルとプレゼンテーション用パソコンを
 申告せずに緑の税関ゲート(申告すべき物品を所持しない入国者用ゲー
 ト)を通過したところ、税関職員に呼び止められ、不申告を指摘されまし
 た。申告しなかったサンプルやパソコンは再度日本に持ち帰る物であり、
 申告を要しないと思い込んでいた旨税関職員に抗議したが認められず、総
 額1,000ユーロ以上の支払を命じられました。
 ※たとえ日本に持ち帰ることが明らかな物品であっても、申告は必要で
  す。他国で指摘された際に勘違いであったと主張して通関できたことが
  あったとしても、ドイツではあくまで不申告とみなされ、関税・付加価
  値税の他、追徴金が請求されることになります。

2.ATAカルネ
  放送用機材を取材目的でドイツに持ち込んだ報道関係者が、機内に持ち
 込んでいた機材を申告せず通過、不申告を指摘されて3万ユーロにおよぶ
 支払を命じられました。同人は預入荷物内にも放送用機材を入れており、
 また仕事で同空港を何度も利用していたことから、預入荷物を受け取った
 後、受取所内にある税関窓口にて、ATAカルネを示して一緒に申告するつ
 もりであった旨、税関職員に強く主張しましたが、2か所の税関窓口それ
 ぞれで申告しなければならないと指摘されました。
 ※前述のように、到着ターミナルによっては2か所の税関窓口を通過する
  ことになりますが、空港税関によると、通関時は各窓口にて、そのとき
  の所持品についてそれぞれ申告すべきであり、本件のように、ATAカル
  ネを所持していることから後に申告する意思が明らかなケースであって
  も、規則違反の指摘は免れないとのことです。もちろん後で異議申立手
  続を取ることはできますが、いずれにせよ、いったんは多額の現金を支
  払わなければならず、ビジネスに大きな影響を及ぼします。
 ※ATAカルネは通関を保証する書類ではありません。疑問点があれば、必
  ずその場の税関職員に申告して相談してください。

3.乗り継ぎ利用
  日本からフランクフルト空港を経由し、オーストリア行の便に乗り継ご
 うとしていたビジネスマンが、オーストリアに入国した際に申告すればよ
 いと思い込み、所持していた商品サンプルを申告せず税関窓口を通過した
 ところ、税関職員に指摘されて、不申告として2,000ユーロ近い金額を請
 求されました。
 ※シェンゲン協定加盟国への乗り継ぎの場合、入国審査は最初の到着地で
  行われます。同時に持ち込み物品の申告も行う必要があります。例え最
  終持込先がドイツ以外の国であっても、最初の到着地で課税されます。
  特に目的地の通関が比較的緩やかな場合、フランクフルトでの厳しい審
  査に耐えられるだけの準備がされていないことが多く、結果として多額
  の税・追徴金を課されるケースが多くみられ、注意が必要です。

(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フランクフルト日本国総領事館
  電話: (49-69) 2385730

シンガポール航空 初就航のエアバス380の座席オークション

間もなく羽ばたく A380 ・・・

初フライトの座席は全てオークションのチャリティーで発売したそうです。この2週間で約600席、総額1億4500万をオーバーで落札された模様。

オール2階建ての機材にご興味のおありの方。成田就航の際には弊社までお問合せください!

シンガポール航空(SQ)が8月27日から実施したエアバス380型機の世界初就航便のチャリティオークションで、総額が190万シンガポールドル(約1億4551万6320円)に達した。SQは2週間にわたり、、600席以上が落札された。

最高落札価格はシンガポール/シドニー行きの「シンガポール航空スイート」座席のパッケージで、15万3000シンガポールドル(約1200万円)。最低価格はシドニー発シンガポール行きエコノミークラスⅠ座席の853シンガポールドル(約6万円)であった。SQは売上を三等分し、シンガポール共同募金とシドニーの小児医療機関、国境なき医師団に寄付する。
落札者の国籍は、オーストラリアが15%、シンガポールが11%、イギリスが6%、アメリカが4%、ドイツが3%・・・
 

行ってきました 横浜グランドインターコンチネンタル

旬ではありませんが・・・

行ってきました!横浜MM21にそびえ立つ 『YOKOHAMA GRAND INTERCONTINENTAL HOTEL』

知人の結婚式が行われる会場だったので、せっかくだから・・・ということにして前泊してみることに。

港街らしく、帆の形をしているこのホテルはMM21のなかでも目立ちますね。なんとな~くドバイの バージュアルアラブ に似ています。また、展示会場に隣接していることもあり、何回かロビーや駐車場には来たことがあるのですが宿泊は今回が初。

建物1階に入るとそこは3フロアをぶち抜いたアトリウムになっており、階段や滝が配置されなかなかゴージャスな雰囲気です。このアトリウムを使って挙式が行われるようですが、一般の方々が普通に出入りする場所でのセレモニー。。。度胸がないとこの会場では無理だな~と思いつつ、エスカレーターで2階ロビーへ。

チェックインも早々にアサインされたお部屋は1014号室。

img_0060_edited.jpg

部屋のタイプは、スタンダードなもので特別広いわけでもなく至って普通。ただ、バスルームアメニティー類はかなりの充実度でした。やはり横浜ということと女性客を意識してのことでしょう。

そして気になる眺望は・・・ 10階と聞いたとき 低!! と思いましたが、さすがは BAY View。最高の眺望を充分楽しむことができます。ベイブリッジはもちろん、遠くはつばさ橋も見ることができます。ホテルの前には水上バスの発着所もありちょっとしたクルーズも楽しめそうです。

img_0078.jpg  img_0077.jpg  

 img_0079.jpg

ナイトビューはこんな感じに・・・

 img_0075_edited.jpg

中華街で中華を堪能したあとは、山下公園あたりから水上バスに乗ってインターコンチへ乗り付けるなんていいかもしれませんよ。

横浜BAY VIEW を楽しむのなら、お勧めのホテルですね!

おまけ。。。

img_0080.jpg

クルーズ クイーン・エリザベス2 のキュナードラインの取扱開始!

世界でもっとも有名なオーシャンライナー(豪華客船)といえば・・・

ほとんどの方は 『クイーン・エリザベス2号』 とお答えになられるのではないでしょうか。しかしながら、その船は2008年11月にオーシャンライナーとしての幕を閉じることが決まっています。昨年、進水後40周年を祝ったばかりのクイーンエリザベス2は、2008年11月に最後のさよならクルーズを終えたあと、ドバイでシップホテルとして生まれ変わります。。。

このたび、弊社ではキュナード・ラインのクルーズ旅行商品の日本地区販売代理店であるクルーズバケーション様を経由し、 『クイーン・エリザベス2』 『クイーン・メリー2』 そして、2007年12月には3隻目の女王 『クイーン・ヴィクトリア』 のクルーズの旅行手配を開始いたします。

img_0059.jpg

現在の目玉は、やはり引退間近のクイーンエリザベス2 ではないでしょうか?定番の大西洋横断クルーズはもちろん、比較的安価な4日間や6日間のショートクルーズも設定されています。最新鋭の船に比べると使い勝手が悪かったりするのですが、他ではもう味わうことの出来ない魅力が沢山詰った40年の歴史を感じるクルーズを引退前に体感されてはいかがでしょうか?

また、12月には超巨大は 『クイーン・ヴィクトリア』 が就航します。

横浜港大桟橋埠頭への寄港予定があるらしいのですが、大きすぎてベイブリッジをくぐれないらしいですね。もともとベイブリッジはクイーン・エリザベス2の高さに合わせて設計されたとか。。。。 仕方がないので、大黒ふ頭に来る予定だそうですよ。

さぁ、まさに世界をまたに駆けるオーシャンライナーにご興味のある方、是非ともリバティヒルバケーションへお問合せ下さい。

長い伝統と格式に裏づけされた “ホワイト スター サービス” を体験しましょう!

JAL ロシア・モスクワ乗入れ空港が変更に・・・12月14日より

モスクワへ日本航空を利用してご出張やご旅行に行かれる方はご注意ください。

12月14日より、日本航空はモスクワの乗り入れ空港を変更するようです。現在の シェレメチョボ国際空港 SVO から 『ドモジェドボ国際空港 DME』 になります。

モスクワ市内の約40キロ南に位置し、車で約60分、鉄道で約40分の距離です。

近代的なカウンター設備や最新のセキュリティー設備を持ち、出入国手続きのスピードアップや飲食店、小売店などの空港設備の充実、サービス向上に力を入れていることからの変更となるようです。

 ドモジェドボ空港

アエロフロート・ロシア国際航空の東京線は、現行通りシェレメチョボ空港ですのでお間違いなきようご注意ください。

ここでひとつ・・・ 懐かしのシェレメチョボ国際空港

約20年前、初めてのヨーロッパ旅行はKLM機でモスクワ経由アムステルダム行きでした。当然、当時のモスクワはソビエト連邦共和国。ペレストロイカが始まって間もなくのことだったと思います。

飛行機はシェレメチョボ空港に無事に着陸したはよかったのですが、滑走路上に停まってなかなか滑走路から動こうとしません。10分経っても動きません・・・・  ひょっとして動けない? と皆がざわめき出した頃、滑走路の凍結によりスリップして動けないとのアナウンスが。エンジンの出力を上げて熱で溶かそうとしてもだめ。

結局、2時間近く閉じ込められたあげく、ようやく空港バスがライフル銃を携えた兵士らしき人間と一緒に我々を助けに来てくれましたが、『共産国兵士に連行される日本人ご一行・・・』 みたいな気分だったでのありがた味は薄かったですねー。

待機場所の空港ロビーは 寒い! 薄暗い! 椅子無い! 売店閉まってる! 状態のなか、我々のKLM機もなんとか氷地獄から脱出してゲートに着きました。いよいよ我々自身も寒さ地獄から出発だ!と思ったら、いつの間にやら空港閉鎖に・・・ 機内で配られるあの薄~い毛布があんなに有り難かったことは、今でもあの時だけです・・・

結局、我々はこのシェレメチェボ空港のロビーで一夜を過ごしたのでした。。。

Hawaii スーパーフェリーの最新情報

ハワイ・オアフ島と離島(マウイ島とカウアイ島)を結ぶ新たな交通機関として注目されている 『ハワイ スーパーフェリー』 のご紹介です。航空機だけだったハワイ諸島の移動に約3時間のショートクルーズが加わります!

ハワイ諸島間を結ぶハワイ・スーパーフェリーが2007年9月の就航に向けてトレーニングのクルーズを開始。ハワイ・スーパーフェリーの第一号船「アラカイ号」で一般市民向けの船内公開ツアーを済ませ、現在はカウアイ島への試験航海を行なっています。アラカイ号の船内には船内ギフトショップ、軽食が楽しめる場所も3ヵ所あり、コナ・コーヒー、スナック類、サンドイッチ、サラダ、スープなどのメニューを提供。客席前にはフラットスクリーンのテレビが設置され、船内エンターテイメントも楽しめるほか、個人で映画が観たいときには特別のデジタル・プレイヤーの貸し出しも利用できます。
ハワイ・スーパーフェリーは土曜を除く毎日就航が予定されています。マウイ島便は、オアフ島ホノルル港を午前6時30分に出航、マウイ島カフルイ港に午前9時30分到着。午前11時にカフルイ港を出航し、午後2時にホノルル港に到着。カウアイ島便は、午後3時にホノルル港を出航し、カウアイ島ナウィリウィリ港に午後6時に到着。ナウィリウィリ港を夜7時に出航し、ホノルル港に夜11時に到着するスケジュールが予定されています。オアフ島とハワイ島を結ぶ便は2009年の就航予定。

PS

現在、ハワイスーパーフェリーは就航しているようですが、自然保護団体の反対を受けオンタイムで運航できない場合があるようです。

ご利用される場合には、必ず確認をされることをお勧めいたします。ご注意ください。

ハワイ・スーパーフェリー  

Hawaii Super Ferry

Tel: 1-877-443-3779

Web  www.hawaiisuperferry.com

台風一過! 今日も『早朝テニスの会』

ワイナリーツアーを中止に追い込んだ憎っくき昨日の台風9号。

東名高速は通行止めになったり、多摩川は氾濫しそうになったりと被害は大きかったようです。東京よりも雨量がかなり多かった伊豆半島の修善寺の様子がちょっと心配。台風一過の今日土曜日は天気もよく気温も高い。絶好の旅行日和に・・・

あと1日、、、もうちょっとスピードを上げてくれていれば、、、

さぁ、5月から始まった 『早朝テニスの会』 

溜まったストレス発散と日頃の運動不足解消を目的に、5月から週2回を目標に始めた 『早朝テニスの会』 も5ヶ月目に入りました。(メタボ対策では決してありませんよぉ、早朝と言っても 07:30ですよぉ)

img_0057.jpg

 さあ、今日のメンツは・・・

テニスもサッカーも料理も家族もこよなく愛しお上手な “theシェフのKさん”

でかい身体でテニスボールを持つと「砲丸投げか?」とつい思ってしまう “カリスマトレーナーのTさん”

なんと小田原からの参戦で2番電車に乗って07:30にLHCへやってきた “New boyのS君”

持ち前の運動神経とバスケで鍛えた体育会系精神でテニス歴3回目にしてかなり板についてきた “室長のSさん” 

これから朝のプレーがますます気持ちよくなってくる季節です。頑張って続けましょう~!

羽田出発/上海(虹橋)行き いよいよ運航スケジュールが決まりました!

上海、または上海乗継で中国各地へ行かれる関東地区の方には朗報です。

羽田出発の上海(虹橋)行きの日系航空会社のスケジュールが決まったようです。成田まで行かなくていいのは楽ですよね。

 羽田/上海・虹橋間のチャーター便について、運航スケジュールが決定した。初便となる9月29日の第1便については、全日空(NH)が中国線20周年となることにあわせ、9時10分発の羽田発を運航する。9月30日から10月27日までは、日本航空(JL)が9時10分発、NHが10時発となる。

 JLは利用機材を10月末までボーイング767型機の2クラス制で、ビジネスクラス30席、エコノミークラス207席を予定。10月28日以降はB747-400型機で、ビジネスクラス69席、エコノミークラス303席と機材を大型化する。運賃は既存の成田/上海線の運賃を羽田/上海にも適用するとし、9月4日から販売を開始した。

 NHの利用機材はB777-300ER型機のビジネスクラス85席、エコノミークラス162席、またはB777-200ER型機のビジネスクラス70席、エコノミークラス153席を利用する。なお、運賃については成田発と同程度と見られるが「改めて発表する」(NH広報室)としている。

▽羽田/上海・虹橋間(注:9月29日はNHが羽田9時10分発、JLが10時発)
JL8877便 HND 09時10分発/SHA 11時20分着
JL8878便 SHA 12時40分発/HND 16時30分着

NH1281便 HND 10時00分発/SHA 12時10分着
NH1282便 SHA 13時30分発/HND 17時20分着

***なお、スケジュールは変更される場合もございますので、ご利用の際には改めてご確認下さいませ。ご予約をお待ちしております!!

幻と消えるのか・・・第3回LHCワイナリーツアー

img_0055.jpg

台風9号 フィートウ がやってきました。

明日9月7日の第3回ワイナリーツアー 伊豆・修善寺ワイナリーヒル シャトーTSと御殿場プレミアムアウトレット ゆったり伊豆日帰りツアー の催行日をピッタリ狙ったかのように・・・

思えば、私は夏休みの北海道旅行の時も 7号 マリア と共に北海道へ上陸をしました。

ここに告白しましょう。今年の私はハッキリ言って 雨男 です!

お申込みいただきましたお客様、誠に申し訳ございません!そして、ご尽力いただきました池谷さん、宗形さん、アテンダントの皆さん・・・お許しください!! とりあえず、海より深~く反省しています。

さあ、次回は台風が来ない時期に企画します。。。

行ってきました!ハイアット箱根

昨年オープンしたばかりのハイアットリージェンシー箱根が気になり、夏休み代わりとして箱根1泊2日の旅に行ってまいりました!新宿からわずか85分で箱根湯本へ。都心からのアセスがよいせいか、夏休みも終わりだというのに湯本駅周辺は結構賑わっておりました。

ホテルへ電話して、強羅駅までお迎えを頼みいざホテルへ。あれ?もう着いたの?案内看板もなかったなぁ・・・という間にホテル到着。ホテルは非常にシンプルかつモダンなカンジ。フロントはカウンターはなく、テーブルと椅子が置いてありそちらでチェックインの手続きをするのも雰囲気的にはゆったりした感じでよいですね。お部屋は予約時にツインの部屋より若干小さいですよと言われたものの、やはり日本人なので畳でほっとしたかったので、畳ツインのお部屋をリザーブ。実際お部屋に通されたら、ダブルサイズベッドが2台。次の間として8畳の畳のお部屋。テラスもあり、十分なスペースです。シンプルでシックな落着いたお部屋なのでゆっくり過ごしたい方にはオススメです。ただ、ちょっと残念なのが、お風呂とお食事。温泉場として有名な箱根なのにお風呂は大浴場(しかも掛け流しではない)が1つのは寂しい。アメニティとか設備はいいのに・・・残念。 

 ハイアット入口  お部屋 img_0044.JPG

夕方4時~7時の間はラウンジでドリンクのサービスがあるので、生ピアノ演奏を聴きながら、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしました。宿泊した日は満室ではなかったようですが、お風呂でもラウンジでも人がいても雑多な雰囲気はなく、どこもゆったりとした雰囲気の中で過ごせたのはよかったです。ラウンジで軽食も取れるので、私達はサービスのシャンパンとワインに軽食でお腹一杯にしてしまいましたが、お食事はフレンチかお鮨になってしまうので、年配の方や温泉旅館のお料理的なものを望まれる方は向かないですね。もう少し和食メニューがあるといいのにというのが個人的希望。朝はチェックアウトが12時なので、ラウンジでサービスのコーヒーをいただきながらゆったりとした休日の朝を満喫しました。

ラウンジ

総合評価としては・・・・どうでしょうか?ホテルの雰囲気とお部屋は◎ですが、温泉旅館の重要要素であるお風呂とお食事がイマイチなのは結構大きなマイナスポイントだと思うんですが、リゾートホテルにそれを求めてはいけないのかしら?いろいろな意見を取り入れてより良いホテルに成長して欲しいですね。

ハイアットは大人のカップルがゆったりとした贅沢な時間を過ごすにはオススメです。是非一度、お越し下さい。

最後に 箱根(小田原?)土産と言えば これ! ど~ん!!

箱根土産