【クルーズ】 セレブリティ ミレニアム号の船内見学会

 

先日、横浜の大桟橋にて、プレミアム船の 【セレブリティ ミレニアム号】 の船内見学会へ参加してきました。

日本一周コースへの出航の合間の船内見学会だったため、これから出発する一般のお客様のお邪魔にならないよう、各エージェントの皆様と一緒に私も乗船させていただきます。
乗客を見ていましたが、この日本一周コースの参加者は、アメリカやヨーロッパからの乗客ばかりで、日本人は数十名様しか見当たりませんでした。
現在、日本一周のクルーズは外国の方々に大人気で、このコースも欧米マーケットでほとんど売り切れてしまったそうで、そもそも日本のマーケット向けには発売されなかったとのこと。
凄まじい訪日パワーです。

2018年9月30日から10月12日まで、
『日本一周 秋の美巡りクルーズ』 に就航するセレブリティ・ミレニアム号。

今日は、少しだけ、セレブな世界を見てみたいと思います。

数時間後には太平洋上に出るので、残念ながらお部屋を見学することはできず・・・
慌ただしい見学会となりましたが、他船と比較しても、シックで大人な空間が随所にあり、洗礼されたサービスと心地よさを感じることができました。

秋の日本一周クルーズへ
是非ご体験ください。

2018年9月30日から10月12日まで、
『日本一周 秋の美巡りクルーズ』 に就航するセレブリティ・ミレニアム号。

現在、リバティヒルクラブ会員様、及び、指定取引先の法人様限定のキャンペーン開催中です。
詳しくは、こちらをクリック!!
【クルーズ・キャンペーン】 セレブリティ・ミレニアム号 日本一周クルーズのお知らせ

お問い合わせ・お申し込みは、リバティヒルバケーションまで、是非どうぞ!!

【クルーズ・キャンペーン】 セレブリティ・ミレニアム号 日本一周クルーズのお知らせ

 

リバティヒルバケーションからキャンペーンのお知らせです!

現在、2018年9月に催行予定のセレブリティ・ミレニアム号の日本一周クルースのキャンペーンを開催しております!

クルース名 : 日本一周 秋の美巡りクルーズ
ご旅行期間 : 2018年9月30日~10月12日まで 12日間
出航/帰港  : 横浜 大桟橋
訪 問 地 : 清水、神戸、高知、広島、釜山(韓国)、函館、青森
ご旅行代金 : スタンダード内側客室 お一人様¥270,000より

リバティヒルクラブ会員様、及び、指定取引先法人様へ割引がございます。
パンフレット価格より、5%割引適用させていただきます。
皆様からのご予約を、心よりお待ち申し上げます!

 

詳細は、リバティヒルバケーションまでお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【クルーズ】 横浜・大桟橋の客船内覧会へ

先日、久しぶりに横浜・大桟橋で開催された、クルーズ内覧会へ参加してきました。

今回のクルーザーは・・・

セレブリティクルーズ ミレニアム号

 

都会的なセンス、洗練された雰囲気、伝統的なサービスが融合した、セレブリティクルーズのフラッグシップ、ミレニアム号です。

今年の秋に予定されている、日本一周クルーズのための日本に来ていたところで、内覧会となったようです。

プリンセスクルーズと同じプレミアム船に位置づけられている、セレブリティクルーズ。
どんなセレブな世界なのか。

楽しみです!

いざ、船内へ突入・・・
次回へ続きます~

【顔認証ゲート】 羽田空港入国時の注意点

 

最近、羽田空港をご利用してご帰国された方は、すでに実際にご利用なさった方も多いと思います。

入国審査場の左側には、白い機械が数台並んでいるのが、去年の暮れから導入が始まっている 『顔認証ゲート』 です。

IC旅券に記録されている顔の画像と顔認証ゲートのカメラで撮影された顔の画像とを照合して本人確認を行うという、スグレモノです。
先日、私も、羽田帰国時に入国審査場でしばらく眺めていましたが、有人カウンターよりも確かに早いです。
まさに『顔パス』状態なので、是非、利用したいシステムですが1点だけご注意ください。
通常、顔認証ゲートを利用したときは、パスポートに入国スタンプは押されませんが、なるべく入国スタンプを押してもらってください。顔認証ゲートの先のボックスに係員がいますので、要求すれば押してくれます。

パスポート上に入国スタンプがない場合の弊害として・・・

例えば・・・

現在、中国査証の申請の際、日本へ入国(帰国)したかどうかわからず、本来であればパスポートを含む書類提出だけで済む話が・・・
⇒ 大使館より「本当に帰国しているのか?」とご本人様の大使館への同行が求められています。
(最新の情報にてご確認ください)

これは、他の国の査証申請でも有り得る話だと思われます。

しばらくの間は、顔認証ゲートをご利用される方は、どうぞご留意ください。

LHVの風景 Vol-29 パスポート更新は大混雑!②

さて、無事に新しいパスポートを取得しましたが、皆様は、失効となった古いパスポートをどうされますか?

『VOID』 という穴を開けられたり、VOIDのハンコを押された用済みのパスポートです。
出入国の記録が残っていますので、いつ、どこに行ったかを辿ることできるため、きっと取って置かれる方も多いと思います。

 
しかし、近年、この失効となったパスポートが必要になるケースが散見されています。

それは、査証VISAの申請の時です。

通常の観光旅行とは違い、業務渡航や長い期間の観光など、その旅行スタイルによっては、未だに査証を取得する必要に迫られるケースが多いです。
そのなかでも、注意すべき国は・・・

米国と中国です!

中国大使館では、業務渡航(業務ビザ)の申請で、旧パスポートの提出が求められる場合があります。
米国大使館でも、観光旅行(観光ビザ)の申請に、旧パスポートの提出が求められる場合があります。

特に、査証を取得する機会があると予想される、お仕事で海外へ渡航される方。
VOID済みのパスポートは捨てずに、どこかに仕舞っておいたほうが面倒ないかもしれません。

皆さま、お気をつけください!

LHVの風景 Vol-28 パスポート更新は大混雑!①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、約10年ぶりに自分のパスポートの更新を行いました。

初めて都庁(新宿)のパスポートセンターで申請を行い、これで通算6枚目。
私、これで、東京都における全パスポートセンター(立川、池袋、有楽町、そして新宿)を制覇いたしました!!
なかなかいらっしゃならいと思いますので、ちょっと自慢しておきましょう。

最初は、木曜日の午後に申請をしようと都庁に行きましたが、狭いパスポートセンターの室内は大混雑。更に、外にも人が溢れ長蛇の列ができています。
その数はパッと見で、およそ120人待ち。

この時期(春休み)の状況を舐めていたことを後悔しながら、あっさりギブアップ!!
今まで、「すぐにパスポートの更新手続きお願いいたします」などと、お客様へ気軽にお伝えしていたことを少々反省しながら、その日は虚しく帰りました。。。

では、いつ空いているかを調べてみると・・・

(東京都生活文化局)

東京都生活文化局のパスポート案内のページには、このような表があります。
あわせて、東京都パスポート電話案内センター(tel: 03-5908-0400)で混雑状況についても、ある程度教えてくださるようですので、是非ご活用ください。

さあ、リベンジにために事前チェックを入念にして・・・
空いているであろう 火曜日09:30AM に再度、新宿のパスポートセンターへトライしてみると・・・

なんと5人!

申請者の数は、たったの5人だけ。
劇的に空いております。
少ない上にテキパキと手続きを進められるので、結局のところ、入室してから申請手続きをして受領証を受け取り、室内を出るまで掛かった時間は、およそ15分くらいでしょうか。

新宿のカウンターは、有楽町より狭い印象です。
でも、日本一混雑するパスポートセンターの有楽町より、混雑具合はマシだそうです。

東京都旅券窓口の全てを制覇した私の個人的印象では・・・
立川 < 池袋 < 新宿 < 有楽町 という混雑具合の順番でしょうか。

ときには2~3時間並ばされることもあるようです。
ちなみに、ピックアップは火曜日の10:30頃に行きましたが、申請窓口はスムーズに流れておりました。
パスポートの申請をされる方は、申請する前に混雑具合を確認されることをお勧めいたします。

LHVの風景 Vol-27 花見!大混雑・・・していません。

桜のお花見シーズン真っ盛り!

日曜日の仕事終わりに 『夜桜』 を楽しもうと出掛けてきました。
浜松町へ移動し、まずは腹ごしらえということで、たまたま目の前にあった 「いきなりステーキ」を初体験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、日曜日の夜なのに満席です。

しかも、約30席中、パッと見で9割が外国人旅行者!
浜松町周辺にはビジネスホテルやプリンスなど宿泊施設が多く、羽田空港へのアクセス抜群ですので外国人も多いですが、9割外国人とは驚きです。
このあと芝公園と増上寺の桜を観に行くんだ!と言ってました。
恐るべし訪日パワー!

我々は、そんなメジャーなところには参りません。
最近の花見のメッカ、もっとメジャーな 「目黒川」 へ移動します。
でも、中目黒周辺は大混雑して花見どころではありませんので、もう少し南下します。

この周辺はとても落ち着いて、夜桜鑑賞にはベストロケーションなのです。

 
とても空いています。
静かにのんびりできる、お気に入りの場所です。
中目黒周辺にある変なメッセージ入りの提灯もありません。
あるのは、デッキや椅子など広々とした空間です。
目黒川沿いでは、比較的空いていて桜のボリュームもある、お勧めの場所です。

桜も満開!
訪日パワーも満開!
凄まじい訪日パワーをいきなりステーキで感じるとは思いませんでした!
飛行機の座席も取れないくらいに混むわけですね!

LHVの風景 Vol-26 この時期、アジア各路線大混雑です!

ここ数年・・・

この時期になると東京を発着するアジアの各路線は、大変混雑しています!
数年前までは無かった現象です。
この先、しばらく数年は、この季節の風物詩になるかもしれません。

特に激しい混雑は、台北線、シンガポール線、クアラルンプール線、ジャカルタ線など。。。
私にとっての筆頭は、台北線で、まったくご予約できない日も多くございます。
直行便がご用意できず、致し方なく、関空や福岡などで乗り継いで・・・ などという手も使えないほどに混雑しています!

最大の理由は、“桜” です!

 

「春休み」ということもあるにはあると思いますが、「桜のお花見」を楽しみに、この季節に日本を訪れる訪日団体のお客様です。

アジア各地では、観光庁や航空会社、現地旅行社がタッグを組んで盛んにプロモーションをしていますので、その成果の表れでしょうか。

「クールジャパン」の一つ、美しい四季やお花見文化を楽しんでいただくことは大歓迎!なのですが、如何せん、フライトの混雑に拍車がかかるので、少し複雑です。
特に、アジア路線の日系機材は主役がボーイング787。
ダウンサイジングが進んでいますので、小さい飛行機ばかりで、余計にキビシイです。。。

弊社では、業務渡航で台北へ行かれる方も大変多くいらっしゃいます。
ご予約を承った時点でウェイティングでお預かりしても、PUSH PUSH! PUSH!! で頑張りますので、ご予約をお待ち申し上げます!

 

ところで、“お花見” と言えば高遠。
高遠と言えば、『リバティヒルクラブの春の桜バスツアー』 が思い起こされます!

もうすぐ開催です。

お楽しみに!

LHVの風景 Vol-25 年間発行数 4,114,714冊 とは?

4,114,714冊

なんの数字だか、お解りになりますか?

2017年に国内外で発行された日本の “パスポート” の数です。
ご存知!?2月20日は外務省のいう 【旅券の日】 なので、毎年、この日に合わせて発表されるのです。

 

3年連続で増加傾向で、前年比約6%アップだそうです。
内訳を見てみると・・・
男女別では、男性が1,902,842冊、女性が2,056,626冊で、女性の方が多い。
20代では、男性が353,131冊に対して、女性は467,596冊と、こちらも女性の圧勝。
2017年の海外渡航者数も4.5%の増加で、約1,789万人に達したそうです。

私が、人生初のパスポートを取得したのは、バブル真っ盛りの1989年でした。
あの頃のパスポート発行数を調べてみると・・・

1992年 4,677,020冊
1991年 4,437,964冊
1990年 4,697,047冊
1989年 4,241,783冊
1988年 3,920,036冊
1987年 3,308,918冊
1986年 2,664,573冊
1985年 2,388,724冊
1984年 2,289,619冊
1983年 2,095,697冊

(外務省旅券課調べ)
詳細はこちらをクリックしてご参照ください

当時は、一回限りの旅券もあったので、その分カウントが増えていたのかもしれませんが、バブル期を迎えて爆発的に増加したようです。
つまり、この時期に海外旅行がより身近に、より一般的になったのですね!
当時、テンミリオン計画(1980年の390万人から1990年には1000万人達成させるという海外旅行倍増計画)などという言葉があったことを覚えています。
旅行業界にとっては、良き時代でした。。。

やっぱりバブルは凄い!!

 

さて、皆様のパスポートの有効期限をお読みいただいたついでにご確認ください。
有効期間中でも、残存期間が1年を切ったら更新することをお勧めいたします。
渡航先国によっては、査証なしの場合、パスポートの残存期間を3ヶ月とか6ヶ月以上ないと入国だめ!というルールを設けている国もございます。

2年に1回くらいは、「危なかった~!」というお客様がいらっしゃいます。
場合によっては、緊急申請を行ったり渡航中止というトラブルに発展することになってしまいます。
是非とも、お気をつけください!

【マレーシア航空】 東京線へ最新鋭機材を投入!

日本からは、業務出張も観光客も、たくさんの方がご訪問されるマレーシア・クアラルンプール。
訪日観光客と相まって、混雑が激しい路線の一つです。

東京からクアラルンプールまでは、1日あたり、マレーシア航空が1~2便、日本航空が1便、全日空が2便、LCCが1便飛ばしていて、競争が激しくなっています。。
マレーシアのナショナルフラッグキャリアの マレーシア航空 は、弊社で取扱の多い航空会社ですが、5月5日より、絶好調な東京線にエアバス350-900型という最新鋭の機材を導入します!!
(政府認可申請中)

なんと!

近年、アジア線では、すっかり珍しくなったファーストクラスが搭載されています。
座席数は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス35席、エコノミークラス247席の計286席で、全席に電源コンセントとUSBポートが設けられるそうです。
最近、全日空に押され気味な感のあるクアラルンプール線のエースになれるかどうか・・・ 期待しています!

現在、「地球に優しく快適な機内空間」 が売りのこの中型機材エアバス350-900型は、世界の主要航空会社がこぞって導入を進めています。
マレーシア航空では、この中型の最新機材を導入する代わりに所有している超大型二階建てのエアバス380を退役させるそうです。

 
繁忙期等にときどき成田へ飛んできますが、導入してから5年しか経っていないので、まだまだ使えるはず。
450名~600名程度を乗せることができる機材は持て余し気味で、効率が悪いということでしょうか?
一説によると、エアバス380を使って一往復するよりも、中型機を2機飛ばして往復したほうがコストは安い!なんてお話も聞きますが・・・

2019年春
そのエアバス380が全日空へやってきます!!
成田発のホノルル線に就くことが決まっています。

楽しみです!

マレーシア航空を利用して、ご出張、ご旅行へ行かれる際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新の情報をご確認ください***

LHVの風景 Vol-23 2月3日は大豆の日。 

なんでも2月3日は、節分絡みで  「大豆の日」  と制定した企業があるそうです。
節分であったり、恵方巻きであったり、いろいろ忙しい日なのですね。

ということで・・・

「米麹の味噌作り」 をやることになりました。
最近、「発酵食品」 とか 「腸内フローラ」という言葉に弱いので、とりあえず、指定のお店(飲み屋)に集合して、言われるがままに作業開始となりました。

先に、大豆を5時間煮込んでもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粗熱の残る大豆を手で潰しにかかります。
『今なら味噌ではなく大豆ハンバーグにチェンジできるな、そっちの方がいいんじゃないか?』 などと思いながらこね回します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、本日の主役であり、この味噌作りの ミソ である 「米麹」 の登場です。
北海道から参上した “ななつほし” という米麹。そこへ石垣島からやってきた “石垣塩”  を合わせて、更にコネます。
ちなみに、大豆は群馬県産の “さといらず” というもの。
日本列島の北から真ん中、南端まで、まさにオールスターが集まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ、90分間の作業が終わり、とりあえず米麹味噌と酔っぱらいが完成しました。

米麹味噌の方は発酵食品なので、時々空気を抜きながら、これから約半年ほど寝かせてから晴れて完成だそうです。
味噌作りは、大豆は柔らかく煮込んであるとはいえ、それなりに力を使う作業です。
日本の伝統食品の多くは、力や技、そして、時間を要すのですね。

ところで、米麹味噌といえば、信州味噌。
信州といえば、長野県。
長野県といえば、高遠。
高遠と言えば、『リバティヒルクラブの春の桜バスツアー』 が思い起こされます!

長野県は、信州味噌や野沢菜、おやきなどの伝統食品の宝庫です。

2018年4月12日の催行予定です。

是非、ご一緒に訪れてみませんか?

 

【燃油サーチャージ】 JAL & ANA 2月発券分より1.5~2倍へ!

 

2018年2月航空券発券分より、また、国際線の燃油サーチャージが値上がりいたします。

昨年、12月に日本航空と全日空より、既にリリースされていましたが、来月より約1.5~2倍になりますので、改めて方面別にお知らせいたします。

●●● 2018年2月~3月発券分の燃油サーチャージ(1区間/片道分)●●●

韓国・極東ロシア 300円  ⇒ 500円
中国・台湾・香港 1,500円 ⇒ 2,500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 ⇒ 3,000円
タイ・シンガポール&マレーシア 3,000円 ⇒ 4,500円
インドネシア・インド&ハワイ 4,000円 ⇒ 6,000円
北米・欧州・中東&オセアニア 7,000円 ⇒ 10,500円
*日本航空と全日空の燃油特別付加運賃です。他国の航空会社は異なります。

結果、仮にご家族4名様で日本航空・全日空でパリへ行く場合、残念ながら28,000円(4名往復分)も高くなってしまいました。

この燃油サーチャージのルールをご存知でしょうか?
シンガポールケロシン市況価格の2ヶ月平均で確定されます。
今回は、1バレルあたり71.22米ドルだったそうです。これを同期間の為替平均1ドル=112.94円で日本円に換算。
8,044円となり、これを適用条件表なるものに照らして燃油サーチャージが確定されます。
日本円に換算した時点で、6,000円を下回らないと燃油サーチャージは無くならないように出来ています。

当初は、米ドル建てだったのですが、2015年2月、当時のルールで燃油サーチャージが「0」になりそうな状況になった時、突如として円建て基準のルールに変更されました!
結果、シンガポールケロシンの市況が約10ドル下がらないと燃油が無くならない状況になっています。

数年前に比べると燃費効率のよいエンジンを積んだ航空機が多くなってきています。
そういう「プリウス的」な機種を選んだ時には、燃油サーチャージも安くなる・・・ みたいなルールは出来ないですかねぇ。

ヨーロッパまでの燃油サーチャージが、お一人様往復で5万円 なんて時代も数年前にありましたので、まだマシなのでしょうか・・・

 

【全日空】 6月より羽田~バンコク線の増強決定。

 

各航空会社が、続々と “夏ダイヤ” を発表しています。

そのなかで、注目するのは、全日空のバンコク線の増便です!

1月現在・・・
羽田発のバンコク行の全日空便は1日2便です。
成田発の2便を合わせると1日4便。
そこへ、6月から更に羽田便を1便追加して、東京~バンコク線を1日5便体制 にするとは・・・ 全日空、やりますね!

日本航空は、1日4便。
タイ航空は、曜日によって異なりますが1日最大5便運航。

まさに “トップタイ” に並びましたぁ!!
タイだけに~~~(笑)

さて、6月以降のフライトスケジュールは以下のとおりです。(予定)

NH877便 羽田 00:55発 / バンコク 05:25着
NH878便 バンコク 13:55発 / 羽田 22:15着
※使用機材は若干小さめのボーイング787(800型)です。

往路は、人気のナイトフライトの増強になります。
復路は、なんと!日系航空会社では、今まで空白の時間帯だった デイフライト での登場になります。
これは、日本人には嬉しいスケジュールの設定で嬉しいですね!
通常期でも、混雑が激しいバンコク路線では、とても利用価値が高そうです。

バンコクへのご出張、ご旅行の際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新のスケジュールをご確認ください***

【全日空】 2016年10月30日より 羽田からクアラルンプールへ飛び立ちます!

ANA 787

今年の全日空 ・・・ 攻めてます!

今度は、羽田空港からクアラルンプールへ飛ばすことが発表されました。

現在、成田空港からデイリー運航されているクアラルンプール線ですが、成田空港を中間に、アメリカとクアラルンプールを結ぶためのようなフライトスケジュールのため、日本からクアラルンプールまでの往復だけだと、かなり利用しにくいスケジュールでした。

でも、今度は待望の羽田発着!
しかも、日本発着の利用者には(成田に比べれば)優しいスケジュールとなっています!

(往路)
全日空NH885便 羽田 00:05発 クアラルンプール 06:35着 ← New !!
全日空NH815便 成田 17:15発 クアラルンプール 23:55着
(往路)
全日空NH816便 クアラルンプール 08:10発 成田 15:50着
全日空NH886便 クアラルンプール 14:15発 羽田 22:05着 ← New !!

2016年10月30日から運航開始!
もちろん毎日運航!
これでダブルデイリーになりました!
先発だった日本航空を抜いちゃいました。

このフライトの誕生によって、クアラルンプールから先、クアンタンなどのマレーシア国内への乗継も比較的スムーズになり、とても便利になります。
今までは、ほとんどがクアラルンプールでの前後泊が必要でしたからね。

機材はボーイング787になります。
ちょっと小さいですが、末永く運航してもらいたいものです。
ご利用の場合には、最新のスケジュールをご確認くださいませ。

マレーシアへのご旅行、ご出張は是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!

LHVの風景 Vol-18 花見!桜坂! 

さて、目黒川に続き、もう1ヶ所。

DSC_0532

“桜坂”

以前に来た時は夏真っ盛りの季節。
当然、桜は咲いていませんでしたので “ただの坂” でしたが、今回は違います!

満開の桜の下をドライブです。

気持ちよく颯爽と・・・
と行きたいところですが、普通に車を走らせるとあっという間に終わってしまうので、後続車がいないことを確認して、スピードを落としゆっくりと桜の下へ潜ります。

この場所にもたくさんの人がいて、近くの駅からの人の流れが途切れません。
そして、外国の方もチラホラと・・・

もしかしたら、日本在住の方かもしれませんが、訪日パワーの威力を感じてしまいます。

そして、福山パワーも、いまだ満開でした。

 

LHVの風景 Vol-17 花見!大混雑!!

桜の花見シーズン真っ盛り!

2016年の桜の花見シーズンは、開花から満開まで1週間ほどありましたのでゆっくりと楽しめます。

お陰さまで、先週末の金曜日と土曜日の両日には、いろいろな場所で綺麗な桜を満喫することができました。
その代わりに、どこに行っても大混雑していますね!!

1459429101434

 

目黒川

中目黒から雅叙園の手前まで、目黒川沿いの夜桜を見ながら漫ろ歩くにはちょうどよいです。
相変わらず、中目黒駅附近の川の両岸は人で溢れていますが、目黒方向へ進むにつれて人もチラホラ程度に。

1459429997536

最近の提灯は、面白いメッセージのものが多いですね。
いつの間にか、桜ではなく面白いメッセージを探して提灯に目が行ってしまって・・・

それにしても、目立つのは外国の方の花見姿です。

3月中旬以降、日本発着のアジア路線の混雑が激しくて、予約がしずらい状況が続いています。
マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイなどの路線は、満席の日が多くて本当に取れない日が多いのです。
特に、フライト数が少ない 『クアラルンプール線(マレーシア)』 の週末便なんて、もう空席がある方が珍しい!という状態が続いています。
週末は、観光の方も業務渡航の方も需要が高く集中しやすいですからね。

なかなか取れません・・・

スミマセン。
でも、頑張って予約取ります!!

現在、アジア各国では桜(花見)をテーマにしたキャンペーンやドラマ、報道などが盛んに行われているそうです。
その甲斐あってか (・・・どうかは知りませんが・・・)、中目黒の駅周辺は、『大きなコンベンションでもやっているのかな?』 と思えるほど、欧米を含む、様々な国の方が花見に来ていました。

改めて、日本独特の “四季” とそれを楽しむ文化って素晴らしい!
『どうだー!羨ましいだろー!』
と思わずにはいられませんぬっ!

感謝、感謝。

【パスポート】 残存期間注意報! Vol-2

前回の続きです。

もし、パスポートの残存期間が足らず、航空会社に搭乗を拒否されてしまった場合は???

残念ながら、ほとんどのケースでどうしようもありません。
ご旅行は中止です。
ご自宅へ戻るしかありません。
そして、その国の大使館へ査証を取得しに行くか、パスポートを更新するしかありません。。。

このような悲惨な目に遭わないためには、パスポートが失効する前に、更新されることを強くお薦めいたします。

DSC_0531

 

現状、有効期間まで1年を切るとパスポートの更新は可能です。

一例に挙げた台湾は3ヶ月以上を求めていますが、実は 6ヶ月以上 と設定している国もかなり多いので、有効期間が残り6ヶ月近くになってしまったら要注意です。
特に、仕事で海外へ行かれる可能性のある方は、急なご出張にも対応できるように更新しておきましょう。

おおまかなイメージとしては・・・
アジア諸国(シンガポール、タイ、インドネシアなど)の多くは6ヶ月以上と設定しています。
また、ヨーロッパ諸国の多くは3ヶ月以上、または90日以上としています。
北米は帰国時まで有効であればOK。
南米は6ヶ月以上の国が多いです。

ご訪問される国によって条件が異なります。ご旅行の際には正確な情報でご確認ください。

リバティヒルバケーションでは、今年になってから、急なご予約でパスポートの残存期間について危なかったケースがすでに 3件 ありました。

冷や汗ものです・・・

なぜか例年より多いです。

気をつけてまいりましょう!!

《外務省ホームページ パスポート案内はこちらをクリック!》

【パスポート】 残存期間注意報です!

1457926296220

皆様はパスポートをお持ちでしょうか?

ほとんどの方はお持ちだと思いますが、ご自分のパスポートの有効期限を覚えていっらっしゃいますか?

お仕事で頻繁に海外出張される方は別として、「いつまで有効だっけ?」 なんて覚えている方はそう多くないと思います。

実は、この 『パスポートの有効期限』 には要注意です。

“有効なパスポートさえあれば、いつでも海外旅行へ行ける!” というわけではなく、訪問先の国によっては、そのパスポートに対して、一定の “残存期間” を設けているのです。

例えば、渡航者が多く身近な 『台湾』 を見てみましょう。

台湾は観光目的での渡航の場合、90日以内の滞在なら査証(ビザ)を取得する必要ありません。
いわゆる、ノービザで入国が可能なのです。

但し、ノービザの条件として・・・
(1)往復航空券または第三国(例えば香港など)へ出国するための予約済み航空券を所持していること。
(2)パスポートの残存期間が入国時に3ヶ月以上あること。
となっています。

このことを知らずに出発してしまい、出発空港で航空会社のチェックインカウンターで指摘されて、初めて気が付くケースが時々あります。

条件(1)は片道航空券ではだめだと言っているので、最悪、空港で追加購入などできますが・・・
条件(2)に該当してしまうと、もう空港ではどうしようもありません。

もし、残存期間が足らなかったら、航空会社は搭乗をさせてくれないかもしれません。

 

では、そんな時、どうしたらよいか・・・

次回へ続く・・・

【燃油サーチャージ】 廃止について Vol-2

前回のブログで、日本航空が 『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については燃油サーチャージを徴収しません!』 という発表があったことをお知らせいたしました。

そして、『航空会社によっては、すでに燃油サーチャージを廃止しているところもありますし、海外出発の航空券も去年から廃止しています。同じ区間の航空券を購入するにしても、その航空券の購入方法によって燃油サーチャージの金額は異なります』 とご案内したところ・・・

「どれくらい違うの?具体的に・・・」 とご質問を承りました。

それでは、簡単にご説明させていただきます。

GAS

例えば、、、

弊社でも需要の多い 東京~クアラルンプール の路線を例にして、各航空会社の燃油サーチャージの料金を比較してみると・・・

※日本で往復分を発券・購入した場合(本日現在)※

日本航空 6,000円
全日空 6,000円
マレーシア航空 0円
エアアジアX 0円
キャセイパシフィック航空 (香港乗継) 0円

となります。
外国(特にアジア系)の航空会社は、軒並み燃油サーチャージはすでに廃止になっています。

ちなみに・・・
日本航空や全日空の日系航空会社のクアラルンプール発~東京着往復航空券を “クアラルンプールで発券・購入” した場合の燃油サーチャージは、外国航空会社と同じ “0円” です!

4月と5月の2ヶ月間は、日系も米系も欧州系の航空会社ともに燃油サーチャージが廃止、または減額されます。
特に、長距離飛行で燃油サーチャージが高額だったヨーロッパや北米方面は、お一人様あたり15,000円くらい徴収されていたのが無くなりますから、ここ数年に比べるとだいぶ割安感があると思います。

今年のゴールデンウィークは、是非とも海外旅行へGO GO GO-!

なお、航空券に含まれる燃油サーチャージや空港税類などの費用は変動いたします。
航空券ご購入時の最新の情報をご参考になさってください。

LHVの風景 Vol-16 答えはこちらです。

前回のブログの続きです。

* “雪国” というキーワード
* 八海山、景虎、鶴齢の日本酒のラインアップ
* そして、ゲレンデにある有名なイタリアンレストラン “ピットーレ”

正解は 越後湯沢の岩原 でした!!

 

なんと!
またしても回答メールをいただきました。

ジュンコ様!
正解でございます。
ピットーレまでお答えくださりお見事!

そして、“苗場” というご回答もいただきましたが、隣のスキー場ですし、新幹線の駅は越後湯沢ですから・・・
広い意味で苗場も正解です!
マサコ様、ありがとうございました!

岩原スキー場やNASPA、ガーラなどがある越後湯沢は、ここ最近、外国人客の訪問もありスキーヤーやスノーボーダーの来場者が増えてきているそうで、湯沢の街も勢いに乗ってる感じがしました!
今年は、10年ぶりにアルペンスキーのワールドカップ日本大会が苗場スキー場で開催されましたね。
アルペンといえば、イタリアの爆弾男 “アルベルト・トンバ” が懐かしいですね~
当時、爆発するイタリアの伊達男の大ファンでした。

それにしても雪国は寒い!

こんな時には、体の芯から温まるものを食べようと “森瀧” のうどんすきをいただきます。

DSC_0525

 

「なんで越後湯沢まで来てうどんすき???」 と最初は思っていましたが、これが美味い!!
予想以上の美味しさにうどんを追加しようとしたら「追加はできません!」とピシャリ。
仕方なく、最後の締めは雑炊にしましたがこちらも美味。
お勧めです!

1454818474736

食後は、近くのスーパーマーケットで買出しです。
お米のコーナーには、まぁ、見事に 魚沼産コシヒカリだけ が並んでる!!
『これでもかっ』というほどに魚沼ブランドをアピールしてきます。
大好きなんですね。
さすがです。
ゆめぴりかやつや姫など、他の人気ブランドのお米を陳列したらとんでもないことが起こるのでしょうね~

温泉あり、
美味しいお米と食べ物があり、
溢れんばかりの日本酒あり・・・

越後湯沢は、いつ来ても楽しませてくれる街ですね!
来年も来れるかな?

国内外問わず、スキー旅行もリバティヒルバケーションへお任せ下さいませ。

【日本航空】 燃油サーチャージ 4月と5月は廃止です!

ようやく というか・・・

やっと というか・・・

日本航空より、『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については徴収しません』 というアナウンスがありました!

燃油サーチャージの金額は、直近の2ヶ月(2015年12月から16年1月まで)のシンガポールケロシン市況価格が、1バレルあたり6000円を下回ったら廃止となるものです。
今回は、平均42.98米ドルで、円貨換算額が5163円 になったことで廃止になりました。

しかし!
本来はもっと早くに無くなっていたはずなのをご存知でしょうか?
2015年2月、某航空会社は、急遽、日本出発航空券の燃油サーチャージの適用基準を米ドル建てから円建てに変更したのです。
もちろん、もうひとつの某航空会社も追随。

結果、燃油サーチャージの廃止基準が 1バレ ルあたり60米ドル ⇒ 6000円 (ドルから日本円)となりました。
これは、米ドルに換算すると50.5米ドル(当時のレート)になってしまうので、更に約10ドルも市況価格が下がらないと廃止にならないルールになってしまったのでした。

これを考えた人、凄いな~と感心してしまいました。
これは実質値上げで、如何に燃油サーチャージの廃止を避けようか・・・という魂胆が見え見えですよね。

同じ区間でも、航空会社によっては燃油サーチャージはとっくに廃止されています。
また、日本航空や全日空も、海外出発の航空券は去年より燃油サーチャージを廃止しています。
同じ区間を購入するにしても、その航空券の購入の仕方によって、燃油サーチャージの金額は異なりますのでご注意ください。

高い高い燃油サーチャージがとりあえず廃止されるので、海外旅行に行きやすくなることは大歓迎ですね!!

さあ、今のうちに海外旅行へ GO GO GO !!

【アメリカ】 ビザ免除プログラムの改訂 中東渡航歴のある方は注意!

 

米国より 《VISA免除プログラム》 の改訂に関する情報です。

先日来、ニュースで報道されていますが、アメリカのビザ免除プログラムが一部改訂されることになったようです。
2016年1月21日、米国は2015年ビザ免除プログラムの改訂及びテロリスト渡航防止法の施行を開始しました。

簡単に言うと ・・・

  1.  2011年3月11日以降に、イラン・イラク・スーダン・シリアへ入国したことのある方は、ESTA の申請ができなくなりました。(ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、限られた例外有り)
  2.  ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する
    二重国籍者の方も同様です。

万一、該当される方はVISA申請が必要になりますのでご注意ください。

詳細につきましては、米国大使館ホームページをご参照いただくとともに、情報の推移にご注意ください。
 ↓
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

 

【全日空】 2016年9月1日より カンボジア線初就航! 

またまた、新規路線に関するニュースです。

今度は、全日空の東南アジア路線です。

2016年に入ってから、エアバス380を3機も購入する契約を発表するなど、攻めの姿勢を打ち出している全日空が、いよいよカンボジアの首都、プノンペンへ初就航することになりました!

kkk

日本からカンボジア・プノンペンへの直行便は、もちろん初めてです。
カンボジアへの定期便の就航にはちょっと驚きましたが、経済成長が続いているので、ビジネスにも観光にも大変大きな役割になると思います。
この調子でVISAも無くなってくれると、もっと有難いのですが。。。

フィリピン、ベトナム、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、そして今回のカンボジア・・・
気が付けば、全日空が東南アジア圏で就航していない国は、ラオスとブルネイ、東ティモールの3カ国だけになりました。素晴らしい!

使用機材はボーイングB787-8型機。
座席数はビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の全240席。

NH-817 成田10:50発 プノンペン15:10着
NH-818 プノンペン22:50発 成田06:45翌日着
*毎日運航
*ご利用の際には最新のスケジュールをご参照ください

アンコールワット(シェムリアップ)をはじめ、神秘的な寺院や遺跡が数多くあるカンボジア。
プノンペンから入って、シェムリアップを経由して、バンコクやベトナムから帰国するルートも出来、移動が楽になります。

カンボジアへのご旅行も、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!

《クルーズキャンペーン》 約30%OFF 大好評、ラストセールです!

《リバティヒルバケーションが贈る クルーズキャンペーン》

約30%割引クルーズキャンペーンは、大好評につき残席わずか!

ラストセールのご予約受付中です。

申込締切は2016年2月2日(火)までです。
どうぞお早めにご予約ください!

 

2016年に日本仕様のホスピタリティを取り入れた船内サービスが人気の『ダイヤモンド・プリンセス号』が運航する《横浜発着》のクルーズより、お薦めのコースと限定客室をセレクトして・・・
パンフレット上の正規代金より 《約30%割引!》  のスペシャルプライスにてご案内しております。


※ リバティヒルバケーションとお取引させていただいている個人様・法人様の社員の皆様と、そのご家族・ご友人様限定です。

※ リバティヒルクラブ会員様、及び、そのご家族、ご友人様限定です。

ご両親へのプレゼントやファミリー旅行など、この機会に是非ともクルーズ旅行をご体験ください!

CI_201511_P04-05

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ クルーズ最大のメリットとは・・・ 効率、コストパフォーマンス、船内設備!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

航海しながら多彩な観光地を効率よく巡ることができる点です。
各寄港地では、日中に様々なオプショナルツアーが用意されていて、名所旧跡などの観光地を満喫します。
夜には、船内に戻り華やかなエンターテイメントやショーをはじめ、カジノ、スパなどで上質なホスピタリティをご体験ください。お部屋に戻ってゆっくりと寛いでいれば、翌朝にはもう次の目的地に到着しています。
そう、クルーズは荷物の出し入れも空港への移動もありません。
身体に優しい旅のスタイルなのです。

コストパフォーマンスにも優れている点も魅力的です。
移動費、宿泊費に加えて、船内での充実したお食事、イベント、施設使用料等が既にクルーズ代金に含まれています。つまり、映画やショーの鑑賞、プールやジャグジー、アフタヌーンティーなどはフリーパス感覚でお楽しみいただけるので、とてもお得です。
上質な旅を1日1万円台から楽しめるのです!

この機会に、是非とも日本仕様の船内設備が自慢のプレミアムクルーズ、横浜発着『ダイヤモンドプリンセス号』の船旅の魅力をご体験ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対象となるセレクト3コースはこちらです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ 2016年4月25日(日)~ 4月30日(土) 6日間
《気軽にショートクルーズ長崎と韓国6日間》
はじめてのクルーズに最適コースです。
http://www.princesscruises.jp/search/result.html?mode=1&year=2016&month=4

◆ 2016年6月15日(水)~ 6月24日(金) 10日間
《ハイサイ沖縄と台湾三都市周遊10日間》
クルーズの魅力が堪能できます。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M619/

◆ 2016年6月24日(水)~ 7月3日(日) 10日間
《ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン10日間》
日本クルーズ人気のコースです。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M620/

◆ 対象となる客室は、内側、海側、海側バルコニー、Jrスイートの4種類です。
海側バルコニー及びJrスイートは、前方/後方のお部屋カテゴリーとなります。
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/staterooms/

◆ 日本発着のクルーズパンフレットはこちらをご参照ください。
http://brochure.princesscruises.jp/princess/2016_jpn/

◆ ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子はこちら!
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/

 

当キャンペーンのお問い合わせ、ご質問は、リバティヒルバケーション(担当:岩崎)まで、お気軽にお問い合わせくださいませ!

2016 新春のお慶びを申し上げます。

IMG_0226

 

明けましておめでとうございます。

 

旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

本年も 『夢』 と 『感動』 に溢れたバケーションをお届けしたいと思います。

新しい年も皆様にとって佳き年でありますよう、心より祈念いたしますとともに、2016年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

岩崎 治幸
リバティヒルバケーション

リバティヒルバケーション 年末年始の営業日についてのご案内です。

2無題

★☆★ リバティヒルバケーション 年末年始の営業日について ☆★☆

拝啓、師走の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年も格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2015年の 『リバティヒルバケーション 年末年始の営業日』 を、以下の通りとさせていただきます。
来る年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。                   敬具

(追記)
リバティヒルクラブの年末年始の営業日とは異なりますので、ご注意ください。

■2015年
12月28日(月) 通常営業 09:30~18:30
12月29日(火) 短縮営業 09:30~15:00
12月30日(水) 年末年始休業
12月31日(木) 年末年始休業

■2016年
01月01日(金) 年末年始休業
01月02日(土) 年末年始休業
01月03日(日) 年末年始休業
01月04日(月) 通常営業 09:30~18:30

 

年末年始の期間中、緊急時や急なご出発などがございましたら、弊社までお問い合わせください。
お電話は担当者の携帯へ転送されますので、可能な限りご対応させていただきます。
なお、航空券の予約及び発券業務は年末年始でも可能です。

来年も皆様にとって良い年になるようにお祈りしております。
良いお年をお迎えください!

 

有限会社リバティヒルバケーション
担当:岩崎 治幸

《クルーズ30%割引キャンペーン!》 ダイヤモンドプリンセス号 横浜発着のご案内!

世界を代表するクルーズ会社のプリンセスクルーズをご存知でしょうか?

2016年に日本仕様のホスピタリティを取り入れた船内サービスが人気の『ダイヤモンド・プリンセス号』が運航する《横浜発着》のクルーズより、お薦めのコースと限定客室をセレクトして・・・
パンフレット上の正規代金より 《30%割引!》 のスペシャルプライスにてご案内しております。

***リバティヒルクラブ会員様、及び、そのご家族、ご友人様限定です***

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ クルーズ最大のメリットとは・・・ 効率、コストパフォーマンス、船内設備!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

航海しながら多彩な観光地を効率よく巡ることができる点です。
各寄港地では、日中に様々なオプショナルツアーが用意されていて、名所旧跡などの観光地を満喫します。
夜には、船内に戻り華やかなエンターテイメントやショーをはじめ、カジノ、スパなどで上質なホスピタリティをご体験ください。お部屋に戻ってゆっくりと寛いでいれば、翌朝にはもう次の目的地に到着しています。
そう、クルーズは荷物の出し入れも空港への移動もありません。
身体に優しい旅のスタイルなのです。

コストパフォーマンスにも優れている点も魅力的です。
移動費、宿泊費に加えて、船内での充実したお食事、イベント、施設使用料等が既にクルーズ代金に含まれています。つまり、映画やショーの鑑賞、プールやジャグジー、アフタヌーンティーなどはフリーパス感覚でお楽しみいただけるので、とてもお得です。
上質な旅を1日1万円台から楽しめるのです!

この機会に、是非とも日本仕様の船内設備が自慢のプレミアムクルーズ、横浜発着『ダイヤモンドプリンセス号』の船旅の魅力をご体験ください!

CI_201511_P04-05

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対象となるセレクト3コースはこちらです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ 2016年4月25日(日)~ 4月30日(土) 6日間
《気軽にショートクルーズ長崎と韓国6日間》
はじめてのクルーズに最適コースです。
http://www.princesscruises.jp/search/result.html?mode=1&year=2016&month=4

◆ 2016年6月15日(水)~ 6月24日(金) 10日間
《ハイサイ沖縄と台湾三都市周遊10日間》
クルーズの魅力が堪能できます。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M619/

◆ 2016年6月24日(水)~ 7月3日(日) 10日間
《ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン10日間》
日本クルーズ人気のコースです。
http://www.princesscruises.jp/voyage/M620/

◆ 対象となる客室は、内側、海側、海側バルコニー、Jrスイートの4種類です。
海側バルコニー及びJrスイートは、前方/後方のお部屋カテゴリーとなります。
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/staterooms/

◆ 日本発着のクルーズパンフレットはこちらをご参照ください。
http://brochure.princesscruises.jp/princess/2016_jpn/

◆ ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子はこちら!
http://www.princesscruises.jp/ships/diamond-princess/

 

当キャンペーンのお問い合わせ、ご質問は、リバティヒルバケーションまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

【STEBs】 海外空港で乗継がある場合でも、お酒(液体物)が購入可能に。

この赤くて透明な袋をご存知でしょうか?

どこかの国の免税店の新しいデザインの袋ではありません。

STEBs(Security Tamper Exident Bags)不正開封防止袋 といいます。

無題8

出発空港で液体物を購入し、海外の空港で国際線を乗り継ぐ場合に、酒類や化粧品類の液体物を出発空港内の免税店で購入することを可能にする袋です。

ややこしいですね。
これは、出発空港から国際線の直行便が就航しなくて、国際線同士の乗り継ぎが生じる都市 へ行く場合に有用なお話です。
※ワンショットで目的地まで行かれる場合は無用のお話です※

ex 成田⇒シンガポール⇒ヨハネスブルグ

ポイントは、乗継時(上記ではシンガポール)の手荷物検査によって、液体物のお酒や化粧品類が没収されるケースが多かったので、成田空港の免税店や機内の免税品で液体物の購入はできませんでした。。。
(空港の作りによっては例外あり)

しかし、この世界基準の STEBS(不正開封防止袋) の赤い専用袋 を使えば、液体物の量的制限規制がクリアとなり、100ml超のお酒も持込可能となりますので、成田空港の免税店でゆっくり買い物ができる・・・ ということになります。
特に、アルコール類に制限のあるお国へ行かれる場合などには、利用価値が高いのではないでしょうか?

9無題

 

恥ずかしながら、私も知らない袋でした。
海外の空港ではすでに導入されているところも多いそうです。
日本での導入は、2015年10月27日より成田、関空、セントレアの3つでスタート。
羽田空港は順次、取扱が開始されるようです。

なお、すべての海外の空港で利用可能ではありません。
乗り継ぎの空港が STEBs に対応しているかどうか、必ず確認してからのご購入をなさったほうが賢明です。

LHVの風景 Vol-8 やったぜ!別府史之!

無題7

2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

10月24日土曜日
今年も開催してくれました、さいたまクリテリウム。
私の中では、すでに秋の風物詩になっている一大イベントです!

第3回目を迎えるさいたまクリテリウム(さいたま市)をご存知でしょうか?
なかなか日本のメディアには取り上げられないのですが、世界を股にかけているトッププロサイクリストたちによる自転車競技の 1 dayレースなのです。

なにが凄いかというと、世界のトップチームからトップの選手が選出されていて、本場ツール・ド・フランスでも優勝経験のある本物のアスリートが出場するのです。

ホアキン・ロドリゲス選手、
ロメン・バルデ選手、
デゲンコルブ選手、
さらに、2013年と今年のツール・ド・フランスで総合優勝しているクリス・フルーム選手etc ・・・

ファンなら泣いて喜ぶ第一線の選手たちが参加してくれるのです。

そして、競技自体も本場のツール・ド・フランスを運営しているスタッフの協力のもとに行われるので、そのスペシャリティー感は半端ではありません。
まるで、ツール・ド・フランスの “ジャパンステージ” と言っても過言ではないくらいの迫力と興奮が、わざわざフランスに行かなくても、ここ “さいたま市” に来れば体感できる夢のイベントです!

この価値のある大会に於いて、今年は日本を代表するサイクリスト、別府史之選手がなんと2位になったのです!
そして、若干の贔屓目があると思いますが、フランスで一番有名な日本人であろう、フランスチーム所属の新城幸也選手も一時はトップを快走して6位入賞、大いにレースを盛り上げてくれたました。

しかし。。。
残念ながら、今年もテレビ観戦でした。
まだ生で選手たちを見たことはありません。
去年と同じ、セットしておいた録画での観戦です。
興奮と感動は、テレビを見ていても伝わって来るのですが、やはりライブで見ないと半減ですかね。

ラグビーで盛り上がっている昨今ですが、来年はツールで日本人が優勝して、自転車競技も認知度が上がることを期待しましょう。

表彰式を見ながら、
『2016年こそ、フランスかさいたま市へ行かなければ』と心に誓いました。。。
どなたか、一緒に行きませんか?

ツール・ド・フランスの観戦旅行もリバティヒルバケーションへお任せ下さい!
お問い合わせをお待ちしております。

【成田空港・第3ターミナル】 4月8日より運用開始です!

成田3

さて、報道などですでに発表されておりますが、2015年4月8日から 成田空港第3ターミナル がオープンいたします。
新規ターミナルのオープンに伴いまして、一部の航空会社のチェックインカウンターが場所が変更されておりますのでLCC(ローコストキャリア)をご利用の際にはご注意ください。

第3ターミナルから離発着するのはLCCのみなので、弊社のお客様への大きな影響や混乱は生じないと思いますが、このターミナルの場所が要注意。

成田空港を利用されたことのある方ならば誰もが知っているセキュリティーゲート。いよいよ廃止されるそうですが、お車で第2ターミナルへアクセスするときのことを思い出してみてください。
国道から左へ大きく曲がって第2ターミナルのセキュリティーゲートを潜りますが、その正面附近にあるのです。

つまり・・・アクセスが不便!

LCC用のターミナルビルには駅もなく、どこの空港でもメインターミナルビルと離れている場合が多いです。
この成田のLCC用は、海外の空港と比べるとまだメインターミナルから近いほうかもしれませんが・・・
この第3ターミナルビルへ行くまでには第2ターミナルからの移動となり、時間を要しますのでご注意ください。

《第3ターミナル位置MAP》

無題

《第3ターミナルへのアクセス》
*お車にて
第3ターミナルには駐車場はありません。一番近いのは第2ターミナルビルの駐車場になります。
*鉄道にて
第3ターミナルには鉄道の駅はありません。第2ターミナルビルで下車しましょう。

《ターミナル間の移動について》
*連絡バスにて
第2ターミナル⇔第3ターミナル間の直行バス 所要約15分 5分~11分間隔運行
空港敷地内をぐるっと回るにで時間が掛かります。第3から第2へは約5分。
第1ターミナル⇔第3ターミナル巡回バス 所要約15分 15分間隔運行
すべてのターミナルビルを巡回しているバスです。
*徒歩にて
第2ターミナルビルからは、屋根付きの歩行者専用道路が整備されていて徒歩約15分(約500m)になります。
なお、ターミナル間には階段はないそうです。

(注意点)
結局、荷物が少なければ歩いたほうが早いかもしれません。。。
LCCはチェックイン締切時間が厳しいので、ご利用の際には十分時間に余裕を持ってご出発ください。
LCCのエアアジアは引き続き第2ターミナルを利用するようです。
ご利用航空会社の使用ターミナルにご注意ください。

クラブイベント “シギラリゾート宮古島便り”

1421995097488

シギラベイ・カントリークラブより

2015年1月22日より3日間の行程で、リバティヒルクラブ会員様のツアーイベント 『シギラリゾート・エンジョイゴルフ宮古島3日間ツアー』 を現在開催中でございます。

ご参加いただきました会員様に同行している錦織ゴルフコーチと岩井アテンダントからの報告が入ってきました!
幸いにも天候に恵まれて、本日は少々風があるものの気温は17℃前後と絶好のゴルフ日和に。
留守番の私のために写真を送ってくれました。

ご覧ください。
1月とは思えない緑豊かなフェアウェイ!
そしてエメラルド色に輝く海!
まさに南国リゾートですねぇ~

スコアは気にせずにフルスウィング!
OBなんて恐れない!
海まで飛ばしたいですねぇ~~

本日は1ラウンドしたあとにコースを使って練習会が行なわれます。
1つのホールを貸切にしていますので、様々な場面を想定し、いつもとは違う練習ができると思います。
私は、池やバンカーを超えるショットを打つ時などは、ことごとく、もう気持ちいいくらい池とバンカーに入れてしまいます・・・ 
プレッシャーに打ち勝つためのコース練習はとっても羨ましいぞ!

ご参加のみなさま、今夜は美味しいものをたくさん食べて温泉に入って、ごゆっくりお寛ぎください。
そして、明日は気をつけて帰ってきてくださいませ!

LHVの風景 Vol-6 答えはこちらです。。。

前回のBLOGの続きです。

サクラエビ
しらす
黒はんぺん
みかん
そして、魚で有名な街と来れば・・・

もうお解りですよね。
静岡県の『焼津市』
でした。

なんと!
お一人様よりご解答を頂戴しています。
正子様、
お見事。
正解でございます。

焼津や周辺の街には都市型温泉地がいくつかありますので、夕食は旅館やホテルではなく、市街にたくさんある好きなレストランへ食べに行けるので夕食の選択肢が多いのがメリットです。
温泉とさまざまな美味しい食事が楽しめる静岡県は大変魅力的なところです。

1418431649535

海の幸以外にも
大好きな日本酒の磯自慢あり・・・
大好きなトマトには、アメーラトマトがあり・・・
大好きなフルーツからは、みかんや石垣苺があり・・・
そして、水道水の美味しさにはびっくりです!

海あり山あり富士山あり・・・
静岡は飽きさせませんね!

 

 

LHVの風景 Vol-5 お気に入りの温泉地はどこ?

先日、休みの日を利用して1泊2日の温泉旅行へ行ってきました。

紅葉にはもう遅いですが、清々しい冬晴れの青空の下、快適に高速道路をドライブするのは気持ちいいですね。
今日の目的地は、東京からも近く、学生時代の友人らと気軽によく行く温泉地です。
温泉のほかにも、美味しい食べ物がたくさんあり魚好きの私には堪らない場所なのです。

 

さあ、ここで問題です。

わたくし、どこへ行ったでしょうか?

ヒントはこちら!

1418437956012

※マグロの赤身!
※サクラエビのかき揚げ!
※釜揚げしらす!
※黒はんぺん!
※デザートにみかん!

知らない方はたぶんいないであろう、日本を代表する漁港の一つにある魚河岸食堂の定食の写真です。
地産地消のモデルケースと言っても過言ではありません!
この地域を代表する数々の食べ物が集まっています!
いつも朝食を食べにここへ行くのですが大人気です。

さて、お解りになりますか?

答えは次回のBLOGにて~

【日本航空】 国内線仕様B767にもファーストクラス設置

B767JL

日本航空の国内線には、さまざまな機種が飛んでいます。
そのなかでもボーイング767型機は、中型機としてたくさん日本の空を飛んでいますのでご搭乗される機会も多いと思います。

このたび、その国内線仕様のボーイング767型機にもファーストクラスが設置されることになりました。日本航空のファーストクラスは B777 か B787 に限られていましたので、ユーザーの方にはフライトの選択肢が増え便利になります。
まずは、1機のみで羽田~大阪(伊丹)間に導入されて、その後、順次拡げていくそうです。

対象機材はボーイングN767-300ER型機で、座席数はファースト5席、クラスJ42席、普通席205席、合計252席。
ファーストクラスは最前列の一列のみで、座席配列は 2-1-2 になるようです。
JAL国際線仕様のB-767 ビジネスクラス 2-2-2 よりは広いのでしょう。でも、全日空の国際線仕様の B-767 のビジネスクラスは 2-1-2 だったりしますが・・・

bo-inngu

最近の航空機は、運航会社やその機材によってシート配列が全然違ったり、座席自体が違うこともありますので注意が必要ですね!
同額支払っても座席がひと世代前・・・ ということも有り得ます。
同じ会社の同じ機材でも座席が同じではありません。
「順次更新」 ということもありますし、いつまでたっても更新されない機材もありますから・・・

【羽田空港・国際線】 大増発でより便利に!より身近に!

1

さて、皆さまも既にご存知かと思いますが ・・・

3月30日より、『羽田空港』 の国際線がいよいよ本格的な国際空港へ生まれ変わります。

羽田空港を離発着する国際線フライトが新規に増設、及び、成田空港から羽田空港への路線変更等が行われて、1日あたり約84便の離発着の枠が増やされる予定です。

これは、今までの倍のフライト本数になりますので、羽田空港をご利用される方は注意が必要です。

3月30日からの羽田空港国際線の状況をまとめてみましたので、ご出張・ご旅行のご参考になさってください。

♪ 各方面別の状況はこちら!
↓  ↓  ↓  ↓
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/wp-content/uploads/2014/03/MX-2640FN_20140330_1515171.pdf

♪ 需要の多い東南アジア、及び東アジアの路線別スケジュールはこちら!
↓  ↓  ↓  ↓
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/wp-content/uploads/2014/03/MX-2640FN_20140330_162102.pdf

フライト数増加に伴い、ターミナルをご利用されるお客様の数も飛躍的に多くなるはずです。

出発時のセキュリティー、出国審査場などが混雑することが容易に予想されますので、ご出発する際には 『今までとは違う』 ことを意識して、お時間に十分余裕をもって空港へお越し下さい。

また、国際線のサテライトターミナルや駐車場の増築も行われています。

ボーディングブリッジの数も増え便利になりますが、出国後にターミナル内を歩く距離も増え時間を要します。

駐車場に関しても増築されていますが、現状でもかなり混雑していますので、混雑に拍車を掛けます。

しばらくの間は注意が必要ですので、羽田発着の国際線をご利用の方は十分にお時間に余裕を持った行動をお勧めいたします。

皆様のご利用をお待ち申し上げます。

【国内空港税】 消費税増税に伴い値上げされます。

4月より運用される消費税8%。
不課税の“国際線航空券”ですが、その一部に影響がございます。

それは、【国内空港税】と言われているもので・・・
 *旅客サービス施設使用料 PSFC
 *旅客保安サービス料 PSSC
の2種類の費用に若干の増税の影響が生じます。

普段、国際線航空券の料金に自動的に取り込まれてしまう空港税や燃油サーチャージですが、国内消費分の国内空港税だけは消費税の煽りを受けることになります。

narita-airportP1000004blg551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
日本各地の空港においてその費用は異なりますが、メジャーな空港の値上状況がわかりましたのでお知らせいたします。

≪成田空港≫

   変更前 JPY2,540-  ⇒  変更後 JPY2,610-

≪羽田空港≫

   変更前 JPY2,000-  ⇒  変更後 JPY2,570-

≪関西空港 第一ターミナル≫

   変更前 JPY2,950-  ⇒  変更後 JPY3,040-

≪関西空港 第二ターミナル≫

   変更前 JPY1,500-  ⇒  変更後 JPY1,540-

≪中部空港≫

   変更前 JPY2,500-  ⇒  変更後 JPY2,570-

*** 金額は大人1名様あたりのPSFCとPSSCの合算です。
*** 最終的な金額は関係各所、または御請求書にてご確認ください。

羽田空港の上昇率が目立ちますが、羽田空港に関しては消費税アップに加えて、国際線ターミナル増設分等の設備費用が転嫁されているようで、成田空港並みになりました。

また、同時に日本国内線の空港利用料もアップされますのでご注意ください。(例えば、羽田空港国内線は 170円から290円へ… etc)

2月以降の航空券発券分で、4月1日より搭乗される航空券から対象になっていきます。
お客様には、弊社が発行するご請求書の国内空港税欄のご請求金額が、今までと変わりますので経理処理にご注意くださいませ。

新春! 初打ち!

新春の 『初打ち!』 をしてきました。

・・・ と言っても、私の一番得意な8番アイアンのゴルフではございません。。。

『そば打ち』 でございます!

ことあるごとに “そば打ち” をしている自称そば職人の友人に 「俺のほうがうまく出来そうだな~」 と軽い気持ちで言い放ったのが始まりです。

しかし、こんなにも大変な労力を必要とするとは、正直思っていませんでした。
昨年末に初体験ということで 茨城のそば粉8&小麦粉2 で、いわゆるニハチそば作りに挑戦しました。

DSC_0277

卵をといだ水を少しずつ加えたら、ひたすらコネクリまわしますが、力の入れ具合もリズムも悪くて、ただ疲れる!
この作業で9割方決まるからと言われても・・・ツライキツイ。

  DSC_0279
耳ぶたと同じくらいの固さになるまでなんとか捏ねて、棒で引き延ばすのですが、これもコツがあるようで実際にやってみると結構難しい・・・!
 

 DSC_0280

いよいよ作業も終盤ですが、この時点ですでに身体がヘロヘロです。

 DSC_0281初めて持ったそば包丁は見た目通り重くて扱いにくかった。
60センチほどのに延ばしたそばを細く切るのに30分くらいかかり、こんな感じに・・・

DSC_0282
若干・・・ 太めのそばになりました。
もちろんうどんではありません。

2013年最後の忘年会の〆に!
はじめてにしてまぁまぁ美味しかったと思いますが、みんな喜んで食べてくれたかな?

年明け早々にも2回ほど打ち込みをしてきました。
今年のテーマの一つに “目指せ!そば職人”を加えたいと思います!!

リバティヒルクラブでイベントやりますかね!?

今日の1本! Vol-10 ~達磨正宗&百々登勢~

日々、寒さが増していよいよ年の瀬の雰囲気も高まって参りました。

忘年会真っ盛りのなか、先日、自宅で忘年会兼ホームパーティーをしました。
当然、この時期は 「鍋」 といきたいところですが、今回は違います。
 
今夜の主役は 『古酒』です。

わたくし、ワインが好きですが実は日本酒も大好きで、なかでも 「獺祭」 「磯自慢」 「久慈の山」 あたりがお気に入り。
特に絶妙なフルーティーな味わいが素晴らしい 『十四代』 がお好みで、以前は十四代を求めて居酒屋を探し歩いたものでした。

しかし、今回は古酒。
古酒なんて、飲んだことありません。
貴腐ワインのようなものなのでしょうか。。。

~達磨正宗(右側)~

DSC_0237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お刺身と一緒にあるのでお醤油と間違えてはいけません。
古酒界では有名なこの達磨正宗は、なんと天保6年創業だそうです。岐阜県からの参戦で今夜は約35年もの。
私と比較的近い年齢ということになります。

~百々登勢~

DSC_0238

金沢からの参戦。創業は1625年とありますので、さらに歴史ある蔵元のようです。
醸造年は1972年。
こちらも私とほぼ?同じ年齢なので、嬉しくなってしまいます。

こんなに古い日本酒を飲んだことがありませんが、想像していたものと違ってもの凄くまろやかなので美味しいのです。

香りといい、喉越しといい、甘さと辛さが見事に融合されていて、色艶もろとも 「『深い』という言葉の意味はこういうことだ!」と古酒が体現してくれた味わいに 『こんなの初めてー!』 ともの凄く感動しました!

凄いです、これ!
古酒のパフォーマンスにびっくりしました!
いただきものでしたけど買ったらもの凄く高いのだそうです。
ありがとう!

誰も知らないとは思いますが、そのむかし 『LHC日本酒の会』 (もちろん非公認!)を作っていた時期もありました。。。 

メンバーは4人でしたけど・・・

現在長期活動休止中ですけど・・・

復活したいなぁ~

誰かいませんか?!

北海道 登別温泉へ

・・・というわけでちょっと北海道に行ってきました。

寝台特急『北斗星号』へ乗車し、まずはブルートレインの旅を楽しみます。

DSC_02421

残念ながら、あと数年で廃止が決まったという北斗星号。

今回は、個室寝台が取れていたので遠慮なく車内で“楽しく飲み会”をしながら一夜を明かします。

なんたって、始めから車内にいますので、帰りの電車の時間を気にする必要がないこの贅沢なひと時!
すぐにでも寝れる状態でいられるこの安心感!
寝台列車って素晴らしい移動手段だったのですね~
気が付いたら自分の部屋に戻る前に寝てました。。。

DSC_0259

夜が明けると函館に到着。
北の大地はすでに雪原となっていました。

DSC_0264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 所用を済ませて、さて帰りますか・・・と思っていたところ、途中で赤鬼に出くわし 『おまえはこっちへ行け!』 と指図されるがままに道を曲がると、なんとそこは登別温泉。。。

数ある温泉も、私は硫黄泉が一番のお気に入りです。
あっ、ちなみに私の温泉地ベスト3は 「登別温泉」「草津温泉」そして、3つ目はまだ訪れていない未知の温泉地も多いので「ブランク」とさせていただきます。

ここは素晴らしかった~ という温泉地があったら是非とも教えてくださいませ。
来年こそ、ベスト3を完成させたいと思います。

今日の1本! Vol-9 ~Thorin Beaujolais Nouveau 2013~

11月と言えば、
縁起ものですし…
私の誕生月だし…
そう、ボジョレーヌーヴォーの季節ですね!

DSC_0228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱燗にしてやりたいくらいの寒い夜ですが、今年も一杯いただきにやってまいりました。

年々、カジュアル感のあるラベルが多くなっている気がしますが、今年のボジョレーもまるでイタリアからやって来たような色彩で、ラベルはかっこいいです。

水のような… というかほぼ水!
早摘にしても、口当たりもなければ、香りも残らず、残念ながら美味しくはなかったです。

仕方がないので、あとはオバマンとくまモンに任せたモン!

DSC_0231
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボジョレーは来年に期待するとして、美味しいワインを飲みにボルドーやブルゴーニュへ行きたい気持ちが高まってしまいました。

そのような方は、リバティヒルバケーションまでお問合わせくださいませ。
→ボルドーの様子はこちらをクリック!

しかし・・・
やはりボルドーは遠いので・・・
ちょっと北海道に行ってまいります!