【燃油サーチャージ】 JAL & ANA 2月発券分より1.5~2倍へ!

 

2018年2月航空券発券分より、また、国際線の燃油サーチャージが値上がりいたします。

昨年、12月に日本航空と全日空より、既にリリースされていましたが、来月より約1.5~2倍になりますので、改めて方面別にお知らせいたします。

●●● 2018年2月~3月発券分の燃油サーチャージ(1区間/片道分)●●●

韓国・極東ロシア 300円  ⇒ 500円
中国・台湾・香港 1,500円 ⇒ 2,500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 ⇒ 3,000円
タイ・シンガポール&マレーシア 3,000円 ⇒ 4,500円
インドネシア・インド&ハワイ 4,000円 ⇒ 6,000円
北米・欧州・中東&オセアニア 7,000円 ⇒ 10,500円
*日本航空と全日空の燃油特別付加運賃です。他国の航空会社は異なります。

結果、仮にご家族4名様で日本航空・全日空でパリへ行く場合、残念ながら28,000円(4名往復分)も高くなってしまいました。

この燃油サーチャージのルールをご存知でしょうか?
シンガポールケロシン市況価格の2ヶ月平均で確定されます。
今回は、1バレルあたり71.22米ドルだったそうです。これを同期間の為替平均1ドル=112.94円で日本円に換算。
8,044円となり、これを適用条件表なるものに照らして燃油サーチャージが確定されます。
日本円に換算した時点で、6,000円を下回らないと燃油サーチャージは無くならないように出来ています。

当初は、米ドル建てだったのですが、2015年2月、当時のルールで燃油サーチャージが「0」になりそうな状況になった時、突如として円建て基準のルールに変更されました!
結果、シンガポールケロシンの市況が約10ドル下がらないと燃油が無くならない状況になっています。

数年前に比べると燃費効率のよいエンジンを積んだ航空機が多くなってきています。
そういう「プリウス的」な機種を選んだ時には、燃油サーチャージも安くなる・・・ みたいなルールは出来ないですかねぇ。

ヨーロッパまでの燃油サーチャージが、お一人様往復で5万円 なんて時代も数年前にありましたので、まだマシなのでしょうか・・・

 

LHVの風景 Vol-22 ~隣の部署からシュシュシュー~

リバティヒルバケーションのオフィスは、リバティヒルクラブから見て目黒通りを挟んだ、向かいの白いビルの2階にございます。
ここには、いくつかの部署があり高さ1mほどの “壁” で、それぞれのセクションごとに仕切りがされています。

先日も、残業で遅くなり 「夜10時か・・・ さて、中途半端なこの時間、今夜のご飯はどうしようか~」 などと考えながらパソコンの画面に向かっていると・・・

『シューーーーーーーーー シューッ シューッ シュッ!!』

と耳慣れない音がどこからか聴こえてくるのです。
盛んに行われている目黒通りの道路工事ではないな。。。
と思っていると今度は、

『シューーーーーーーーー キュッ!キュッ!キュッ!!』

おぉっ、若干違う音になったぞ。
いったいなんだろうと、音のする壁の向こうのお隣さんをそっと覗いてみると・・・

 

パブリックリレーション&プロダクション(通称PP)課の新田康雄マネージャーが、エアスプレーを使って商売道具の高そうなカメラを一生懸命にお手入れしているまっ最中でした。
カメラには全く興味がない私なので、まずは、レンズが何本もあることに驚きます。
あまりマジマジと見たことのない作業ですが、随分と細かいところまで手入れをするのですね~ と関心。

このカメラとレンズは、クラブ内で行われるイベントや会員様への取材、クロストーキョーで提供される新鮮な食材やワインと料理、館内のお花屋さんの色彩豊かな花材、更には、我々クラブスタッフまでもを被写体にしているのです。

新田カメラマンとこの相棒が撮る様々な写真は、 リバティヒルクラブの会報誌・クラブインフォメーション の紙面を飾るべく、大活躍しているのですね!

なるほど!

それでは、次回、そのカメラで私の証明写真を撮っていただくときには、もう少し若めにお願いしたいと思います!
いつの日か 『リバティヒルの篠山紀信』 と呼ばせていただきます!

【全日空】 6月より羽田~バンコク線の増強決定。

 

各航空会社が、続々と “夏ダイヤ” を発表しています。

そのなかで、注目するのは、全日空のバンコク線の増便です!

1月現在・・・
羽田発のバンコク行の全日空便は1日2便です。
成田発の2便を合わせると1日4便。
そこへ、6月から更に羽田便を1便追加して、東京~バンコク線を1日5便体制 にするとは・・・ 全日空、やりますね!

日本航空は、1日4便。
タイ航空は、曜日によって異なりますが1日最大5便運航。

まさに “トップタイ” に並びましたぁ!!
タイだけに~~~(笑)

さて、6月以降のフライトスケジュールは以下のとおりです。(予定)

NH877便 羽田 00:55発 / バンコク 05:25着
NH878便 バンコク 13:55発 / 羽田 22:15着
※使用機材は若干小さめのボーイング787(800型)です。

往路は、人気のナイトフライトの増強になります。
復路は、なんと!日系航空会社では、今まで空白の時間帯だった デイフライト での登場になります。
これは、日本人には嬉しいスケジュールの設定で嬉しいですね!
通常期でも、混雑が激しいバンコク路線では、とても利用価値が高そうです。

バンコクへのご出張、ご旅行の際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新のスケジュールをご確認ください***

【中国】 2018年の春節(旧正月)は、いつ?

 

中国最大のイベントである 春節(旧正月) が、もう間もなく始まります。

中国政府の発表する法定休暇日程なるものによりますと・・・
2018年の春節は 2月15日(木)~2月21日(水) までです。

中国本土はもちろん、華僑の人々たちの大移動が、いよいよ来月に始まります。
今年も東京発着の中国路線はもちろん、ただでさえ混雑していて、最近なかなか席が取りにくいシンガポール、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア方面、更には、そのアジア域内のフライトなど、東アジア&東南アジアを離発着する航空機は、例年大・大・大混雑となります!!

早い話ですが・・・

2022年の冬季オリンピックの会場は『北京』です。
開催期間は、2月4日から2月20日までの予定らしいです。
思いっきり春節に被ってますけど、人々の移動が麻痺しないかどうか、大丈夫なのか?と今から心配です。

2月中のアジア方面へのご出張、ご旅行を予定される方は、どうぞお早目のお問い合わせをお待ちしております!
頑張ってお席のご用意をいたします!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【LHC】 2018 春の日帰りバスツアー Vol-2

前回の続きです・・・

一枚の写真を見せられて、『長野県のどこへ行ったのか?』 なんて問われても、その面積は日本第4位の大きさです。
広範囲すぎてムズカシイですよね。

 
それでは、ヒントです!!

こちらの地方では、とてもメジャーな食べ物(その1)です!
甘いソースがミソです。

 

メジャーな食べ物(その2)です。
サラリーマンが皆さん食べていました!

 

いわゆる 『B級グルメ』 ですが、とても美味しかったです。

さあ、
バスツアーにご興味のある方!
訪問地をお解りになられた方!
是非とも、スポーツフィットネス課の斎藤圭さんに耳打ちしてみてくださいませ。
当たっているかも???

但し・・・
まだ予定段階ですので、訪問先を変更するかもしれません。
ご了承くださいませ!

【LHC】 2018 春の日帰りバスツアー Vol-1

冬晴れの1月のある日・・・

「リバティヒルクラブ・春の日帰りバスツアー」 の調査へ、リバティヒルクラブのスポーツフィットネス課の齊藤圭さんと共に行って参りました。

今年の春は『長野県』 を予定しております。

中央道を西へ西へと向かい、私の大好きな街・勝沼を過ぎると八ヶ岳や南アルプスの山々が徐々に迫ってきます。
雪化粧をした標高の高いアルプスの山の頂と冬晴れの青い空のコントラストが、とても美しく、気分が高揚してきます。

 

2018年の春のバスツアーのテーマは 『桜』 を考えています。
色々な意味で、チャレンジングな企画になると思います。

現在、ツアー内容に関しましては、斎藤圭さんとともに熟考中でございます。
4月中旬の催行予定でございます。
毎回、ご参加されていらっしゃる方々には、もう少々発表までお待ちくださるよう、どうぞよろしくお願い申し上げます!!

さて、我々は、どこに行ったかお解りになられますでしょうか ???
このようなところを通って、目的地へと向かいます!!

 

【オーストリア航空】 5月より東京へ再就航!

 

2016年9月
オーストリア航空(OS)は、ウィーンと東京を27年間結んでいましたが、急遽、東京線の撤退を発表しました。

その理由は、「東京線は不採算。新規に香港線を開設しよう」だったと記憶しています。
その結果、ウィーンから東アジアへのフライトは香港・上海、北京のみになったはず。

しかしながら2018年5月。いよいよ、日本路線復活するようです!
たったの1年数か月で東京への再就航とは、短い間になにか好転材料でもあったのでしょうか?
それとも、2年後の東京オリンピックへの布石でしょうか?
いずれにしても、ウィーン線復活は個人旅行にも団体旅行にも大変ありがたい話です。

でも、オーストリア航空がお休みしている間、LOTポーランド航空が中欧・東欧の玄関口としてワルシャワに新規就航しており、今では絶好調!!
最初は週3便でスタートしましたが、今夏には倍の週6便体制に増便されます。
機材も最新鋭のボーイング787-800型を使用していて、中欧・東欧への人気フライトに成長しています。

それに対し、オーストリア航空は週5便体制。
かつ、使用機材はボーイング777-200型の予定・・・

古ッ!!

その昔・・・
添乗のため、オーストリア航空を利用して欧州へ行ったとき。
ウィーン空港で日本へ帰国するためのチェックインを完了し、「よし、仕事ほぼ終わり!」 とホッとしながら搭乗ゲートへ向かっていました。
すると、東京行きのゲート付近には、もの凄い人の数で大混雑!
「あれっ?さっきチェックインカウンターで、今日は空いていると聞いたんですけどねぇ」とお客様と話していると、お隣のゲートの搭乗開始を告げるアナウンスが流れると「ドドドーッ」と人々が動き出しました。
そのゲートのモニターを見てみると 「SHANGHAI」 と・・・
そこに居たのは、中国へ帰る方々の大軍団だったのです。

結局、東京行きのゲート前に残されたのは、私たちのグループと他にざっと40名くらい。
まさに閑古鳥が鳴いてます状態に・・・
この勢いの違いに「負けた。こりゃ、中国路線を充実させたくなるわな~」という感じでした。

東京線を復活するからには、スターアライアンスのメリットを最大限に発揮して、末永く日本線を維持してもらいたいと思います。
でも、どうせなら羽田空港にしてほしかった・・・

オーストリア航空やLOTポーランド航空を利用して、中欧・東欧方面へご旅行される際にも、是非とも、リバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!

【ソウル 仁川空港】 第二ターミナルが運用開始に!

平昌オリンピックの開会まで、あとわずかになった1月18日。

韓国の玄関口の一つ、ソウルの仁川空港では、世界中から訪れる観光客に対応するため「第二ターミナル」が誕生します。
オリンピック開催に間に合わないとも思われていましたが、ギリギリセーフですね。
仁川の空港機能が強力にアップグレードされるようです。

 
この第二ターミナルを使用する航空会社は “スカイチーム” へ加盟している4社です。
大韓航空(KE)
エールフランス(AF)
KLMオランダ航空(KL)
デルタ航空(DL)

混雑のために出入国審査には、かなりの時間を要すことも多い仁川空港。
しかし、最新テクノロジーを導入したこの第二ターミナルが目指すものは・・・

※入国の際には、入国審査から荷物受領、税関検査までを 20分 で完了させます!
※乗り継ぎの際には、最長 20分 で可能となります!
※出国の際には、チェックインから保安検査、出国審査は 29分59秒以内 で完了させます!
というもので、とても魅力的な数字が並んでいます。

これは、自動入国&出国ゲートを利用できる《韓国国籍》の方向けの目標時間だそうですが、韓国国籍の方の作業が早くなれば、空いたスペースを活用して有人審査が必要な外国国籍の審査も早くなるはずです。
是非とも、実現してもらいたいですね!

第一ターミナルよりも、かなり多くのセルフチェックイン、セルフバゲージドロップなどを多く設置されるようですので、素早くチェックイン手続きを済ませるためには “セルフ” に慣れないといけないようですね。

1月18日より仁川空港をご利用されるお客様、お間違えの無いようにご注意ください。

ソウルやソウル乗継で諸外国へ行かれる方も、
是非とも、リバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!

今日の1本 Vol-23 ~千代の亀酒造 亀寿~ 

12月の寒い夜・・・
今夜は、日本酒がメインの忘年会です!

LHC日本酒の会(非公認)の準会員である、A氏から頂いた日本酒の登場です。
「ご親族に東北で酒蔵を営んでいらっしゃる方がいる」 という、日本酒にはめっぽう明るいA氏は、いつも珍しい日本酒を片手に登場してくれるのです。

今夜のお供は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千代の亀酒造 亀寿

愛媛県から参戦した九年熟成酒・・・

さすがですね。
口に含んでヨシ!
喉越しヨーシ!
余韻ヨーーーシ!!
亀寿の芳醇な風味には、「すっげー」と思わず唸ってしまいました。

“九年熟成酒” ってなんだろうと思い、調べてみました。
江戸時代には、“9” という数字が「沢山」とか「めでたい」という意味を持っていることから、九年酒が日本酒の最上位に位置付けられていたそうです。皇室の婚礼の儀にも利用されている・・・ とありました。

なるほど。
納得!
やはり、日本酒の古酒のパフォーマンスは素晴らしい。

もちろん「絹」も美味しいのですが、繊細な味わいなので、亀寿のあとに飲んでしまったのが大失敗でした。

次回から気をつけます。。。

今日の1本 Vol-22 ~紹興貴酒 陳年8年~ 

昨年末の忘年会の会場は「八雲」の中華レストランでした。
隣の部署の方のご親戚が、経営されていらっしゃるというお店です。
以前から、お店のお話は伺っていたのですが、2年経って、ようやく訪問のチャンスが巡ってきました。

雨が降るなか、会社から歩いて15分ほどと意外と近い!
でも、住宅地にあるので、知る人ぞ知る!ようなお店です。
寒いので、早速、身体を温めていただきましょう。

やっぱり、中華ですので、まずはコレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「陳年8年」らしいです。
日本酒の古酒のような、とてもまろやかな味わいの紹興酒です。
ロックでどんどん飲めてしまう口当たりの良さです。

そして、次から次へと料理が運ばれてきます。

どれをとっても、シェフの優しい人柄同様、味付けも優しくて、中華料理の脂っこさを感じさせません!

美味!


シメ!!

是非とも、薔薇果(ローズヒップ)さんの親戚に私もなりたいっと思う夜でした!

リバティヒルクラブからすぐの距離にございます。
とてもお勧めの中華料理のお店です。
ランチもやっているそうです。
(親戚になれるまでもうひと押し?)

LHVの風景 Vol-21 最強!角上魚類・小平店

私の実家は、東京都東村山市になります。

この年末年始も、車で実家に帰りましたが、いつもルートは「新青梅街道」を利用しています。

この新青梅街道は、都心と北多摩地区を結ぶ貴重な幹線道路の一つで、東村山市民には無くてはならないメイン道路。交通量がとても多いわりには、立体交差が少く交差点や信号がとても多い!道路なのです。(甲州街道とはえらい違い!)
そして、この年末の時期になると、もう一つ、新青梅街道では気をつけなければならないことがあります。

それは・・・
『角上魚類渋滞』です。

日本海の飛び切り新鮮な魚たちを安価に提供してくれる「角上魚類・小平店」は、とっても魅力的なお店で、私も大ファンです。
しかし、年末になると角上魚類小平店を先頭に、新青梅街道の上下線とも大渋滞になることは、地元ではみんな知っています。
この渋滞に嵌ると「おっ、いよいよ年末がきたねぇ~」などと思う、一種の“風物詩”です。

先日の大晦日にも、角上へ買い出しに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新青梅街道のなが~い渋滞をやっと抜けて、ささっとお店への駐車場へ・・・ とは、簡単には行きません。
敷地内の駐車場に入っても、整理券を取得するために一旦、外に出されます!
そして、まったく見えない車列の後ろへ誘導されます。
ここからが更に長い。。。

知らない道のまったく行きたくない方向へどんどん行かされます!

「もう帰ろうかな~」という付近まで持ってこられて、ようやくUターン。
ハザード軍団の最後尾について、道ばたで整理券を受け取ります。

ちびちびと、少しずつ車列が動いて、ようやく大混雑の店内へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の主戦場は、お寿司コーナーとお刺身コーナーとカニコーナーでした。
凄まじい勢いで、飛ぶように売れまくっています。
しかしながら、次から次へと商品がどんどん補充されていく様は “爽快” です。
活気があって、見に来るだけでも楽しい角上魚類!

渋滞と駐車場待ちで1時間くらい掛かっても、美味しい新鮮なお刺身やお寿司のためならなんのその!
行く価値は十分にございます。

皆様も、年末の新青梅街道名物 “角上魚類渋滞” には十分ご注意くださいませ!

今日の1本 Vol-21 ~MONTE BELLO Nero D’avola~

先日、友人が代官山でやっているお店で、忘年会の二次会を行いました。

このお店のハウスワインが、飲みやすくて二次会ワインとして最適です。

イタリアはシチリア島からの参戦で、マグナムボトルでの登場です。
それほどの渋みもなく、フルーティーな甘味も抑えられていて、とても軽い!(わりには美味しい。)


 MONTE BELLO Nero D’avola

納豆チャーハンには、もってこいのワインです。

店主曰く、
ナットウキナーゼ、ムチン、硫化アリルで血液サラサラになる・・・ らしいのです。
ならば、美味しいワインで納豆チャーハンをサラサラ~と流し込んでもらいましょう!

今回は、withパクチーのアレンジが効いてて美味でした。
赤ワインと納豆チャーハン・・・
かなりハマってます!!

LHVの風景 Vol-20 FM課大活躍

リバティヒルバケーションのオフィスは、リバティヒルクラブから見て目黒通りを挟んだ向かいの白いビルの2階のございます。
時々、クラブ2階のランニングマシンを使って走っていらっしゃる会員様と視線が合ったりもいたします。。。

最近、デスクワークをやっていて思うことは、視力が落ちたか、または、老眼か・・・
パソコンの画面や手元が、どうも暗くて見えにくい。
明るく照らしてくれている照明さえ、暗く感じてしまう。。。

リバティヒルクラブには、ファシリティマネージメント(通称FM)課という、施設メンテナンスに精通した部署がありますので、早速、見てもらいましょう。

普段から、クラブの各施設のメンテナンスを維持、管理しているプロ集団です。
いろんな機器を持ってきて光力などをチェックします。
すると「こりゃ、交換だ!」と言って、ささっと電灯の交換の準備に入ります。

あっという間に交換を終えて、眩しい光がデスクを照らします!

照明の光力の問題だったのね。
老眼ではなかった!
安心!!

ありがとうございました、FMさん。
自宅のも頼みたい!

 

LHVの風景 Vol-19 旅行業の登録更新。

私ども、リバティヒルバケーションは旅行業を営んでおります。

旅行業には、旅行業法という法律がございまして、登録制度が実施されていて、弊社の場合は、5年ごとに東京都庁へ更新登録の手続きを行うことになっています。

新宿中央公園を見下ろす都庁24階のオフィスで、12月中に1回目の調整を行い、先週の仕事始めの日に最終の更新手続きを行いました。早いもので、登録開始から数えて15年になります。

平成15年2月 
旅行業を営むために登録申請を行い、旅行業登録通知書を石原都知事(当時)からいただきました。

平成20年2月 
5年更新のため、更新手続きを行い、2回目の旅行業登録通知書を、再び石原都知事(当時)からいただきました。

平成25年2月 
再度、更新手続きを行い、3回目の旅行業登録通知書を、今度は猪瀬都知事(当時)からいただきました。

そして、平成30年1月 
再度の更新手続きと取りましたので、順調に行けば、2月初旬には、今度は小池都知事より4回目の旅行業登録通知書をいただける予定です。

錚々たる都知事の方々より通知書をいただいているのですね。
無事に更新手続きが終わるよう、これから約1ヶ月の間、日々、祈願しております!

今回は、とても優しい担当官の方がお相手をしてくださったので、ホッと安心!!
都庁の職員食堂で、480円のビーフカレーを食べて帰ってきました。。。

 

2018年 新春のお慶びを申し上げます!

新年 明けまして、おめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
本年も 『夢』 と 『感動』 に溢れたバケーションをお届けしたいと思います。

1年半振りのブログ更新でございます・・・
作り方も、およそ忘れかけておりましたが、今年は頑張って更新を続けて参ります!

新しい年も皆様にとって佳き年でありますよう、心より祈念いたしますとともに、引き続きど、2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

リバティヒルバケーション
岩崎 治幸