目黒・大鳥神社の 『酉の市』

 今年も残すところ約1ヶ月となりましたー!早すぎます!

しっかし景気がよくありませんねぇ・・・ 来年のことを考えるとちょっと暗くなってしまいますね。

 そこで 『とりあえず、商売繁盛!神にも酉にもなんでもいいからすがっておこうよ!!』ということで、目黒通りにある大鳥神社の酉の市へ行ってまいりました。

大鳥神社 酉の市

大鳥神社の前は何百回も通っていますが、訪れるのは今回が初でした。今年は3回あるの酉の市の今日が最終日、三の酉の日です。秋晴れのせいか、よほど景気が悪いのか沢山の人手で大賑わいでした。

大鳥神社 酉の市

社内には熊手のお店が8軒くらい、狭いところに軒を連ねているのでなかなか前に進まない。

あちらこちらで 『商売繁盛を願って・・・ ヨ~オ、チャンチャンチャン、チャンチャンチャン~』 と熊手商の方たちの威勢のよい掛け声が飛んでます。

大鳥神社 熊手

小さいのからデカイのまで、、、 定価はあるのか?どの店で買ったらいいのか?

迷った挙句、『うちは旅行会社だ。よーし、馴染みのない店の名前よりも、馴染みの 成田だ!』

 

大鳥神社 熊手

結局、予算と棚に置けるタイプということを店に指定して買ったのがこちら。既に昨日より社内に鎮座しています。

 『商売繁盛!』

  『家内安全!』

   『無病息災!』

  

今日からの1年間、たくさんの 福 を掻き込んでくださるよう、期待しています!!

旨い店発見!! Osteria Giapponese !!

今年の夏に友人が 学芸大学 の駅附近へお店を出店いたしました。なかなか美味しいのでちょっと紹介させていただきます。

その名は Osteria Giapponese オステリアジャポネーゼ イタリアンレストランです。

ここのこだわりは、なんと言っても新鮮な素材。オーナーの木村さんがチョイスする茨城産の野菜や海産物は、とにかく新鮮で繊細な味が楽しめます。

オステリアジャポネーゼの野菜 オステリアジャポネーゼの魚

  

 ある日のメニュー。。。 

ボジョーレです。初めてボジョーレを飲んで “美味しい” と思った一品でした。

オステリアジャポネーゼ ボジョレー

この手作りフォカッチャが旨いんです。タコのマリネっぽいのはピリ辛で白ワインにマッチ。

オステリアジャポネーゼ パン オステリアジャポネーゼ タコ

今夜は寒いから・・・ ぶり大根 発注です

オステリアジャポネーゼ ぶりだいこん

そして、今が旬の銀杏・・・ 

オステリアジャポネーゼ 銀杏

すると当然のことですが・・・ こうなってしまいます

オステリアジャポネーゼ 焼酎

『愛子』 『栗東』 などの強者が列を成して出番を待っています

オステリアジャポネーゼ 日本酒

茨城の隠れた銘酒 『久慈の山』 熱燗がサイコー!

オステリアジャポネーゼ つまみ

しかしー!ここはイタリアン!やっぱり最後はパスタじゃないと・・・

ハイ、ど~ん! 【カレーパスタ!】 絶妙な味わいです。

オステリアジャポネーゼ カレーパスタ

 

『本当にイタリアンなの?』 というご心配は無用です。

今日のメニューはほとんど裏メニューとなっております。

木村さんとイタリア人シェフ・ファビオさんの作る料理は本格イタリアンで、厳選された美味しいワインに合うこと間違いありません!

 

イバ大好きのシェフが皆様をお待ちしております、是非一度お試し下さいませ!

オステリアジャポネーゼ 木村氏

http://r.gnavi.co.jp/e149500/

マスターズカップ上海2008 テニス観戦ツアー

マスターズカップ上海ツアーのご報告です。

  

2008年11月14日から3泊4日の行程で、上海で行われる 『マスターズカップテニス2008』 の観戦ツアーを行いました。

上海での大会は今年が最後。出発前に目玉選手である ナダル の欠場はあったもののご参加された皆様お楽しみいただけたようです。

 上海マスターズカップ 会場

こちらが会場の 旗忠森林体育城 です。

マスターズカップ 上海 スクリーン マスターズカップ 上海 ドロー

入り口附近には巨大モニターやトーナメント表があり、けっこう盛り上がってきます。

マスターズカップ 上海

場内はこんな感じです。けっこう広くて奇麗な感じです。

座席は A+ ですが、ちょっとコートまで遠い・・・

試合は、準決勝と決勝の計2日間でシングルとダブルスを計6試合見ることができご満悦。

  

旅の楽しみはマスターズカップだけではありませんね。

マスターズカップ 上海 食事  マスターズカップ 上海 食事 

そして 11月の上海と言えば そう コレ!!

マスターズカップ 上海 カニ

次回はロンドン・・・ 遠いですねぇ・・・

羽田の国際線の便利さを実感・・・

羽田空港の国際線化が叫ばれる最近・・・ 便利さを実感いたしました。(今頃?)

リバティヒルクラブと自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジの会員様のお客様を対象に 【マスターズカップ上海 テニス観戦ツアー】を企画(後日UPします)したので、先日羽田空港へお見送りとお出迎えをしてまいりましたところ・・・

 JL-8878便がタラップに到着すると同時に私も国際線ロビーへ到着。運良く国際線ターミナルに隣接する駐車場5に車を入れることができました。この駐車場は狭くて30台くらいしか入りませんので要注意。

 成田空港だと、到着したところでロビーに出てくるまで最低でも30-40分はかかるはずですが、15分くらいするとなにやら一人二人と到着ロビーへ出てくるではありませんか!『早いな~』とその人たちのタッグをチラ見すると JL-8878 NRT と書いてあるので間違いありません。

その後、しばらくすると私どものお客様も皆様全員無事に到着ロビーへ到着~。めちゃくちゃ早いです!吉牛並みの早さです。

あとで詳しく聞いてみると、なんと入国審査官が8名もいたそうです。同じ時間帯に到着するのは他のフライトはありません。1便に対して8名とは、なんとも贅沢ですね。荷物もすぐに出てくるし。。。

 道路も比較的空いていたので、自由が丘に戻れたのは到着から80分後のことでした。

成田だったら、その時間帯にはたぶん成田IC附近にいることでしょうねぇ~

羽田の国際線・・・ 素晴らしい!!

羽田発着枠 欧州線初はエールフランスに

ソウル、上海(虹橋)、香港・・・ 

現在羽田空港国際線ターミナルから離発着する航空機のディストネーションです。この他にクアラルンプールとシンガポールあたりが確定していた(気がします・・・)が、なんとヨーロッパ線にも羽田発着枠が与えられるようです。

羽田の国際線はアジア域だけかと思っていましたが・・・ そうなるとグアム線やハワイ線とか北米線も欲しくなりますね~

成田空港だったら仕事終わりに搭乗することができなかった路線でも羽田ならアクセス時間が短縮できるのと24時間離発着可能な空港だというメリットを生かせば旅行日数が1日儲かりますからね!

エールフランス A380

日本とフランスの航空当局間協議が10月22日と23日に開催され、2010年の羽田空港第4滑走路の供用開始後に羽田/パリ線の実現で合意した。深夜早朝時間帯に、日本とフランス側がそれぞれ1便ずつ就航できるようにしたもので、羽田の深夜早朝枠を使用した欧州路線の運航が可能となった事例はこれが初めて。

 また、エールフランス航空(AF)が希望するエアバスA380型機の就航も可能とした。国土交通省航空局国際航空課によると、A380型機は新機材かつ大型のため、対応できるボーディングブリッジが少ないことや空港内を移動中に他の航空機などに接触する可能性があることから、「少しずつ受け入れて、物理的な制約の有無を確認する必要がある」という。A380型機は全日空(NH)も導入を検討しており、日本側の企業にもA380型機の運航を認めている。

 このほか、AFが2011年夏期以降に関空/パリ線を、現行の週7便から14便に増便することを計画していることから、この実現のため輸送力を拡大。さらに、日本とフランス企業間のコードシェアの制限を撤廃したほか、第3国企業とのコードシェアについても拡大した。

 一連の合意についてAFは、「羽田の乗入れ枠が確保できることは、成田以外の可能性が広がり、喜ばしい」とコメント。ただし、就航可能性については「AFとして研究をしていく。就航する計画は現在、申しあげられる段階ではない」としている。また、A380型機の成田への乗入れについて、前日本支社長のクロード・テヌヴァン氏は成田国際空港に打診をしていることを明らかにしていたが、「2010年の就航をめざしている。はっきりした日程は現在のところ決定はない」とのコメントにとどめている。

お勧めの ≪ラグジュアリー船≫

★★★ ラグジュアリー船の目安

 

ラグジュアリー船 の更に上を行くラグジュアリー船の ホスピタリティーとサービス、船内設備、そして超一流のレストラン は、きっと乗客を幸福感に包み込み、いつまでも旅の印象に残ることでしょう。それぞれの船に個性がありますので、まずどの船に乗りたいのか・・・ ここからクルーズの旅が始まることでしょう。世界一周以外にも多くのスケジュールが組まれていて、意外にも4日間前後ショートクルーズも設定されていますので初心者の方でもラグジュアリーのクルーズライフを楽しむことができます。世界中で大変人気のあるラグジュアリー船ですので、欧米の人は1年も前から予約を入れていますのでお早めに! 是非、ご検討下さいませ。

 

期間       : 9~20日間前後のものが多い  *様々な日数設定がございます

価格       : 平均すると60万円以上  

代表的な航路 : 

季節に応じて夏のアラスカクルーズや冬のオセアニア、米国西海岸クルーズなど世界中の人気海域をベストシーズンに旋回しています。また、世界一周の航路の途中区間のみを受容れるコース設定もございます。

服装の目安  : 

ディナーの際にはタキシードやドレス、着物の着用が必要です。フォーマル時のタキシードの着用率は7割り~8割りになります。。特に女性の方は、和服(着物)を着用されると他の乗客の方に大変喜ばれます。

 

≪お勧めクルーザーはコチラ!!≫

 

■ キュナード・ライン (← クリック!詳細をご覧くださいませ)

qe2

 

 

 

♪2008年に引退した 【クイーンエリザベスⅡ“QE2” の船内のレポート】 はこちらです!ご覧下さい!

 

■  リージェント・セブンシーズ (← クリック!詳細をご覧下さいませ)

img_0106

 

 

 

 

 

♪横浜大桟橋埠頭へ 【リージェント・セブンシーズ・マリナー号 の船内レポート】 はこちらです!

 

■ クリスタル・クルーズ (← クリック!詳細をご覧下さいませ)

♪日本の 『和』 のホスピタリティーはクリスタルの命。お勧め!

 

【お問合・お申込先は・・・】

リバティヒルバケーションまでどうぞ!  iwasaki@libertyhill.co.jp

お勧めの ≪プレミアム船≫

★★★ プレミアム船の目安

 

カジュアル船 と ラグジュアリー船 のちょうど中間に位置するのが、この プレミアム船 と言えます。両方の良い要素を取り入れて生かさせていますので、一番のお勧めクルーズかもしれませんね!ワンランク上の落ち着いた大人の雰囲気の船内です。終日クルーズ(寄港せずに1日中航海する)日が多くなりクルーズライフが楽しめます。是非、ご検討下さいませ。

 

期間       : 9~18日間前後  *様々な日数設定がございます

価格       : 平均すると30万円以上  *10万円台のものもございます

代表的な航路 : 

地中海 エーゲ海 カリブ海 バルト海 などが定番ですが、季節に応じて夏のアラスカクルーズや冬のオセアニア、米国西海岸クルーズなど世界中の人気海域をベストシーズンに旋回しています。

服装の目安  : 

フォーマルな服装は1週間のクルーズで2回程度です。また、タキシードの着用率は3割り~4割り程度になります。プリンセスやセレブリティなど人気の船はアメリカ人の乗客が多くなり、比較的タキシードの着用率が高くなります。特に女性の方は、和服(着物)を着用されると他の乗客の方に大変喜ばれます。

 

≪お勧めクルーザーはコチラ!!≫

 

■ プリンセス・クルーズ (← クリック!詳細をご覧下さいませ)

 ⇒ お勧め!!

 

■ セレブリティ・クルーズ (← クリック!詳細をご覧下さいませ)

 ⇒ 日本語の船内新聞やメニューが基本的に備わっています 

 

【お問合・お申込先は・・・】

リバティヒルバケーションまでどうぞ!  iwasaki@libertyhill.co.jp

デルタ + ノースウエスト = 新デルタ航空 誕生!

以前から話のありましたデルタ航空とノースウエスト航空の合併が確定し、新しいデルタ航空が誕生しました。これで、アメリカン航空やユナイテッド航空を抜いて世界最大の航空会社が誕生したわけです。

現在は、デルタはアトランタ線しか運航していませんが、その昔は成田発ポートランド、ロサンゼルスなど西海岸へも就航していましたので周遊も出来たのでした。これでデルタも少しは(日本在住者にとっては)利用価値が上がることでしょうね。

デルタ航空(DL)とノースウエスト航空(NW)が10月30日に合併、世界66ヶ国375都市に年間1億7000万人以上の旅客を運ぶ世界最大の航空会社、新「デルタ航空」が誕生した。本社はアトランタで、成田のほか、アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク、ソルトレイクシティの全ハブ空港は合併後も維持する。2社の統合作業は、今後1年から2年かけて進める予定で、旅客のチェックインや取引などは当面の間合併前と同様、路線を運航するそれぞれの航空会社が直接受け付ける。2社のウェブサイトや予約システム、顧客向けプログラムはそれぞれが運営を継続する。

お勧めの ≪カジュアル船≫ 

★★★ カジュアル船の目安

 

カジュアル船 と言ってもその設備は一流です!ゴージャスでありながら派手すぎず、明るく楽しい賑やかクルーズライフを過ごすことができます。家族連れからカップル、若者同士からシニア層まで幅広く楽しむことが出来るクルーズです。お子様向けの施設も充実し、3世代に渡ってご満足いただけることでしょう。是非、ご検討下さいませ。

 

期間       : 4~15日間前後  *様々な日数設定がございます

価格       : 平均すると20万円  *10万円以下のものもございます

代表的な航路 : 地中海 エーゲ海 カリブ海 バルト海 など

服装の目安  : 

フォーマルな服装は1週間のクルーズで2回程度です。また、タキシードの着用率も1割り~2割り程度です。ほとんどの方はダークスーツにタイ、ポケットチーフを装っています。女性もカクテルドレス等が相応しいですが、ご友人の結婚式に出席される感じのワンピースなどの服装でも問題ございません。

 

≪お勧めクルーザーはコチラ!!≫

■ ロイヤル・カリビアンクルーズ (←詳細をご覧下さい)

2009年12月就航予定!超大型客船 オアシス・オブ・ザ・シーズ 22万トンの中身がわかる!         紹介ビデオ映像はこちら (←詳細をご覧下さい)

 

【お問合・お申込先は・・・】

リバティヒルバケーションまでどうぞ!  iwasaki@libertyhill.co.jp