【気になる換気③】電車の窓の開け方がわからない?

6月19日より、日本政府の段階的緩和のステップ②に移行されたので、少しばかり「県をまたぐ移動」をしてきました。

~日本政府の段階的緩和の目安~  下記の表をクリックで拡大されます。

電車による移動でしたので、車内に入れば、当然、窓を開けて換気して外気に触れたくなってしまいます。

幸いなことに窓の開閉可能な列車だったので、同行者に「ちょっと窓を開けようよ!」と言ったところ、どうやったらいいのかわからない様子で右往左往・・・
窓の開け方がわからないらしいのです。

「えっ!? 窓の開け方、知らないの?」

と思いましたが、よくよく見れば、昭和感丸出しの窓ではありませんか!
久しぶりに見たこのVを横にした < レバー(突起物?)には、懐かしささえ覚えます!

ひと昔前の電車の窓は、< のレバーを両手で押さえて「引き上げるもの」でしたが、いつの間にやら上から下へ「引き下げるもの」(下降式)の構造のものになりましたし・・・
そもそも、通勤電車でも窓が開かない場合もありますし・・・  

平成生れの人が、この < のレバーの使い方がわからないのも、”時代”ってやつで、仕方がないのでしょうねー。
納得。


子供の頃の懐かしさと、もうお目に掛かれないかもしれないという気持ちから、10回くらい開け閉めを楽しんでおきました!

さて、このまま順調に行けば、日本政府の段階的緩和は、7月10日から始まる予定のステップ③を経て、その3週間後、8月1日を目途に、少なくても国内に関する観光旅行の自粛も解除されると思います。
それまで、なんとかコロナウィルスの第2波を食い止められるよう、頑張りましょう。

感染拡大防止のガイドラインを遵守し、安心 & 安全な旅行を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です