【ハワイアン航空】 16年からビジネスクラスに新シート導入

無題6

23:55 PM

夜な夜な HANEDA AIRPORT から南国パラダイスへと飛び立つ飛行機が・・・

そう、
そいつがハワイアン航空です!

 

本日現在、ホノルルから羽田と大阪、そして札幌の3都市を直行便で結んでいるハワイアン航空。
機材は主にエアバス330(札幌除く)を使用していますが、来年4月以降にビジネスクラスに新シートを搭載することが決まりました。

米国系の航空会社では、唯一、羽田空港を利用しているハワイアン航空は人気があり利用価値も高いですが、シートがイマイチの感が・・・。
成田空港から出発するデルタ航空とユナイテッド航空の機材のビジネスシートは、比較的新しい装備でフルフラットだったり、ソロシートだったりしますので、空港を選ぶのか、それともシートを選ぶのか・・・
その選択肢に悩むところでした。

しかし、来年の4月以降は一新されるこのシートは、ハワイアン航空にとって強力なアドバンテージになるのかどうか。。。
とても楽しみですね!

5無題

このエアバス330に搭載される新シートは、イタリアのシートメーカーとの共同開発で、高級素材を採用しています。
ご夫婦や恋人同士、ご家族連れの利用を想定し、シート配列は2-2-2席となりました。
新シートは長さ193センチ(76インチ)、幅52センチ(20.5インチ)のフルフラット・ベッドになり、竹をイメージしたディバイダー(仕切り)などでプライバシーを確保しながらも、隣席と話しやすいようになっています。
シートには次世代大型タブレットが付属しており、乗客が手もとで使用したり、据え置いて使えます。

新シートを装備した最初の機体は、2016年4-6月期に就航予定です。
残り22機も2016年9月から2017年にかけて順次投入する予定ですので、しばらくの間は使用機材に注意ですね。

現行仕様の座席数は294席で、ビジネス18席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー236席。
新仕様機は16席減の278席で、ビジネス18席、プレミアムエコノミー68席、エコノミー192席と、プレミアムエコノミーの席数が28席増えます。

ハワイ旅行の際には、是非ともリバティヒルバケーションまでお問い合わせください!
お待ちしております。

【ユナイテッド航空】 機内探訪② B-747の・・・

Honolulu

Hawaii

相変わらず素晴らしいことばの響きですねぇ。
この季節の日本とは別世界のパラダイス!

日本からホノルルへは数多くの航空会社がございますが、今日は、ユナイテッド航空のビジネスクラスで新発見をいたしました。

United-Airlines1

なんと!
ボーイング747-400型機(いわゆるジャンボ)のビジネスファースト(ビジネスクラス)の座席が “向かい合わせ” になっているのです!

先日、お客様から『向かい合わせの席はちょっと・・・』とご指摘をいただき、恥ずかしながら初めて知った次第です。

最初、意味がわからず、『随分前にサウスウェスト航空の米国内線のエコノミーに向かい合わせの座席があったなぁ~』 などと思い出してはみたものの・・・
あれは“バス”みたいな航空会社だから・・・
ユナイテッド航空のビジネスはさすがにないだろうと・・・

ほとんど否定しながら調べてみたら・・・ありました!
本当に向かい合わせです!!

26_21

 真ん中にはモニターなどが収納されている “壁” があり、向かい合わせでもプライバシーは保たれていますが、半分はスチュワーデスの座席のように進行方向は逆になるわけです。
実際に乗ったことのあるお客様へ聞いたところ、離着陸の時以外はほとんど気にならず、違和感はさほどなかったそうです。
しかし、面白い座席配列ですねー!
ちょっとビックリしました。

さて、このユナイテッド航空のB-747-400のビジネスクラスのメリットは、180度フルフラットになることです。
デメリットは、一般的にジャンボのビジネスクラスのシート配列は、2-3-2 ですが、この機は 2-4-2 です。
前出のお客様は、若干狭いような・・・とおっしゃっておりました。

現在、ユナイテッド航空の東京~ホノルル間、東京~バンコク間の運用機材がこのボーイング747-400です。
進行方向と逆向きのシートを気になさる方はご注意くださいませ。

さて、リバティヒルバケーションでは、今年の年末年始のハワイ行き航空券の予約もすでに承っております。
日程の決まっているお客様は、どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
ご予約をお待ちしております!