【全日空】 国際線・事前座席指定の一部有料化へ

いよいよ日本の航空会社でも、事前座席指定にお金がかかる時代になってきました!

最初に動き出すのは、青いほうの  “全日空” です。

全日空が加盟するスターアライアンスでは、既にルフトハンザ航空系列やスカンジナビア航空などは、以前から、エコノミークラスの事前座席指定は有料サービスとなっていましたので、全日空も時間の問題でした。

全日空の場合は、エコノミークラスの比較的安価な券種が有料指定の対象になります。(ダイヤモンド、プラチナステータスの保有の場合除く)

かつ、人気の高い一部座席のみが有料指定で、その他、不人気の座席は無料指定のまま残るようです。以下、イメージ図です。

黄色&赤色シートが有料座席。青色シートは引き続き無料です。                        (B787-8一例/予定 全日空資料より転載)

対象航空券種 : K L S W V  (5月29日以降発券分 / 8月19日以降出発分) 

例えば、黄色の通路/窓側指定の場合、東南アジアで JPY1,500-  / 欧州、豪州、北米&ハワイでJPY2,500-  /  それ以外はJPY2,000- (片道あたり) のイメージです。 

座席指定の有料化はLCCの専売特許だったのは昔の話で、近年では、レガシーキャリアも挙って導入しています。ANAのB-787のエコノミーは、横9列なので、ただでさえ狭いのに、「人気のある通路側に座りたければお金払ってくださーい」ということなのでしょう。

そのうちに、機内のトイレを使うと「チャリーン!」  座席のリクライニングを使うと「チャリーン!」 となるかもしれませんね!

いまのところ、日本航空は大丈夫らしいです。

【ユナイテッド航空】 本年後半から、プレミアムエコノミー導入へ!

ユナイテッド航空より、嬉しいニュースが入りました。
いよいよ、というか、ようやくユナイテッド航空でもプレミアムエコノミーを導入することが発表されました。

その名は・・・
『ユナイテッド・プレミアム・プラス』!

2018年の後半頃より、一部の国際線フライトに導入機材が登場するそうです。

ユナイテッドには、現在、「エコノミー・プラス」という、通常エコノミークラスより若干シート間隔が広いという、ぱっと見、ほぼほぼエコノミーのままの座席設定がありますが、この本格的なプレミアムエコノミーの登場は、スターアライアンスユーザーにとっては嬉しいニュースではないでしょうか?

まだ詳しい情報がないのですが、写真で見る限りは、「本当にこれをエコノミーと呼んでもいいのかな?」と思ってしまう、2世代くらい前のビジネスクラス並みの豪華スペックのように見受けられます。

さて、いったい通常のエコノミークラスとの料金差がどれくらいに設定されるのだろう・・・
今から心配と期待が入り混じっております!

ユナイテッド航空を利用して、ご出張、ご旅行へ行かれる際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新の情報をご確認ください***