【マレーシア航空】 東京線へ最新鋭機材を投入!

日本からは、業務出張も観光客も、たくさんの方がご訪問されるマレーシア・クアラルンプール。
訪日観光客と相まって、混雑が激しい路線の一つです。

東京からクアラルンプールまでは、1日あたり、マレーシア航空が1~2便、日本航空が1便、全日空が2便、LCCが1便飛ばしていて、競争が激しくなっています。。
マレーシアのナショナルフラッグキャリアの マレーシア航空 は、弊社で取扱の多い航空会社ですが、5月5日より、絶好調な東京線にエアバス350-900型という最新鋭の機材を導入します!!
(政府認可申請中)

なんと!

近年、アジア線では、すっかり珍しくなったファーストクラスが搭載されています。
座席数は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス35席、エコノミークラス247席の計286席で、全席に電源コンセントとUSBポートが設けられるそうです。
最近、全日空に押され気味な感のあるクアラルンプール線のエースになれるかどうか・・・ 期待しています!

現在、「地球に優しく快適な機内空間」 が売りのこの中型機材エアバス350-900型は、世界の主要航空会社がこぞって導入を進めています。
マレーシア航空では、この中型の最新機材を導入する代わりに所有している超大型二階建てのエアバス380を退役させるそうです。

 
繁忙期等にときどき成田へ飛んできますが、導入してから5年しか経っていないので、まだまだ使えるはず。
450名~600名程度を乗せることができる機材は持て余し気味で、効率が悪いということでしょうか?
一説によると、エアバス380を使って一往復するよりも、中型機を2機飛ばして往復したほうがコストは安い!なんてお話も聞きますが・・・

2019年春
そのエアバス380が全日空へやってきます!!
成田発のホノルル線に就くことが決まっています。

楽しみです!

マレーシア航空を利用して、ご出張、ご旅行へ行かれる際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新の情報をご確認ください***

【燃油サーチャージ】 廃止について Vol-2

前回のブログで、日本航空が 『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については燃油サーチャージを徴収しません!』 という発表があったことをお知らせいたしました。

そして、『航空会社によっては、すでに燃油サーチャージを廃止しているところもありますし、海外出発の航空券も去年から廃止しています。同じ区間の航空券を購入するにしても、その航空券の購入方法によって燃油サーチャージの金額は異なります』 とご案内したところ・・・

「どれくらい違うの?具体的に・・・」 とご質問を承りました。

それでは、簡単にご説明させていただきます。

GAS

例えば、、、

弊社でも需要の多い 東京~クアラルンプール の路線を例にして、各航空会社の燃油サーチャージの料金を比較してみると・・・

※日本で往復分を発券・購入した場合(本日現在)※

日本航空 6,000円
全日空 6,000円
マレーシア航空 0円
エアアジアX 0円
キャセイパシフィック航空 (香港乗継) 0円

となります。
外国(特にアジア系)の航空会社は、軒並み燃油サーチャージはすでに廃止になっています。

ちなみに・・・
日本航空や全日空の日系航空会社のクアラルンプール発~東京着往復航空券を “クアラルンプールで発券・購入” した場合の燃油サーチャージは、外国航空会社と同じ “0円” です!

4月と5月の2ヶ月間は、日系も米系も欧州系の航空会社ともに燃油サーチャージが廃止、または減額されます。
特に、長距離飛行で燃油サーチャージが高額だったヨーロッパや北米方面は、お一人様あたり15,000円くらい徴収されていたのが無くなりますから、ここ数年に比べるとだいぶ割安感があると思います。

今年のゴールデンウィークは、是非とも海外旅行へGO GO GO-!

なお、航空券に含まれる燃油サーチャージや空港税類などの費用は変動いたします。
航空券ご購入時の最新の情報をご参考になさってください。