【ユナイテッド航空】 本年後半から、プレミアムエコノミー導入へ!

ユナイテッド航空より、嬉しいニュースが入りました。
いよいよ、というか、ようやくユナイテッド航空でもプレミアムエコノミーを導入することが発表されました。

その名は・・・
『ユナイテッド・プレミアム・プラス』!

2018年の後半頃より、一部の国際線フライトに導入機材が登場するそうです。

ユナイテッドには、現在、「エコノミー・プラス」という、通常エコノミークラスより若干シート間隔が広いという、ぱっと見、ほぼほぼエコノミーのままの座席設定がありますが、この本格的なプレミアムエコノミーの登場は、スターアライアンスユーザーにとっては嬉しいニュースではないでしょうか?

まだ詳しい情報がないのですが、写真で見る限りは、「本当にこれをエコノミーと呼んでもいいのかな?」と思ってしまう、2世代くらい前のビジネスクラス並みの豪華スペックのように見受けられます。

さて、いったい通常のエコノミークラスとの料金差がどれくらいに設定されるのだろう・・・
今から心配と期待が入り混じっております!

ユナイテッド航空を利用して、ご出張、ご旅行へ行かれる際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新の情報をご確認ください***

【ユナイテッド航空】 機内探訪② B-747の・・・

Honolulu

Hawaii

相変わらず素晴らしいことばの響きですねぇ。
この季節の日本とは別世界のパラダイス!

日本からホノルルへは数多くの航空会社がございますが、今日は、ユナイテッド航空のビジネスクラスで新発見をいたしました。

United-Airlines1

なんと!
ボーイング747-400型機(いわゆるジャンボ)のビジネスファースト(ビジネスクラス)の座席が “向かい合わせ” になっているのです!

先日、お客様から『向かい合わせの席はちょっと・・・』とご指摘をいただき、恥ずかしながら初めて知った次第です。

最初、意味がわからず、『随分前にサウスウェスト航空の米国内線のエコノミーに向かい合わせの座席があったなぁ~』 などと思い出してはみたものの・・・
あれは“バス”みたいな航空会社だから・・・
ユナイテッド航空のビジネスはさすがにないだろうと・・・

ほとんど否定しながら調べてみたら・・・ありました!
本当に向かい合わせです!!

26_21

 真ん中にはモニターなどが収納されている “壁” があり、向かい合わせでもプライバシーは保たれていますが、半分はスチュワーデスの座席のように進行方向は逆になるわけです。
実際に乗ったことのあるお客様へ聞いたところ、離着陸の時以外はほとんど気にならず、違和感はさほどなかったそうです。
しかし、面白い座席配列ですねー!
ちょっとビックリしました。

さて、このユナイテッド航空のB-747-400のビジネスクラスのメリットは、180度フルフラットになることです。
デメリットは、一般的にジャンボのビジネスクラスのシート配列は、2-3-2 ですが、この機は 2-4-2 です。
前出のお客様は、若干狭いような・・・とおっしゃっておりました。

現在、ユナイテッド航空の東京~ホノルル間、東京~バンコク間の運用機材がこのボーイング747-400です。
進行方向と逆向きのシートを気になさる方はご注意くださいませ。

さて、リバティヒルバケーションでは、今年の年末年始のハワイ行き航空券の予約もすでに承っております。
日程の決まっているお客様は、どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
ご予約をお待ちしております!