【STEBs】 海外空港で乗継がある場合でも、お酒(液体物)が購入可能に。

この赤くて透明な袋をご存知でしょうか?

どこかの国の免税店の新しいデザインの袋ではありません。

STEBs(Security Tamper Exident Bags)不正開封防止袋 といいます。

無題8

出発空港で液体物を購入し、海外の空港で国際線を乗り継ぐ場合に、酒類や化粧品類の液体物を出発空港内の免税店で購入することを可能にする袋です。

ややこしいですね。
これは、出発空港から国際線の直行便が就航しなくて、国際線同士の乗り継ぎが生じる都市 へ行く場合に有用なお話です。
※ワンショットで目的地まで行かれる場合は無用のお話です※

ex 成田⇒シンガポール⇒ヨハネスブルグ

ポイントは、乗継時(上記ではシンガポール)の手荷物検査によって、液体物のお酒や化粧品類が没収されるケースが多かったので、成田空港の免税店や機内の免税品で液体物の購入はできませんでした。。。
(空港の作りによっては例外あり)

しかし、この世界基準の STEBS(不正開封防止袋) の赤い専用袋 を使えば、液体物の量的制限規制がクリアとなり、100ml超のお酒も持込可能となりますので、成田空港の免税店でゆっくり買い物ができる・・・ ということになります。
特に、アルコール類に制限のあるお国へ行かれる場合などには、利用価値が高いのではないでしょうか?

9無題

 

恥ずかしながら、私も知らない袋でした。
海外の空港ではすでに導入されているところも多いそうです。
日本での導入は、2015年10月27日より成田、関空、セントレアの3つでスタート。
羽田空港は順次、取扱が開始されるようです。

なお、すべての海外の空港で利用可能ではありません。
乗り継ぎの空港が STEBs に対応しているかどうか、必ず確認してからのご購入をなさったほうが賢明です。