LHVの風景 Vol-21 最強!角上魚類・小平店

私の実家は、東京都東村山市になります。

この年末年始も、車で実家に帰りましたが、いつもルートは「新青梅街道」を利用しています。

この新青梅街道は、都心と北多摩地区を結ぶ貴重な幹線道路の一つで、東村山市民には無くてはならないメイン道路。交通量がとても多いわりには、立体交差が少く交差点や信号がとても多い!道路なのです。(甲州街道とはえらい違い!)
そして、この年末の時期になると、もう一つ、新青梅街道では気をつけなければならないことがあります。

それは・・・
『角上魚類渋滞』です。

日本海の飛び切り新鮮な魚たちを安価に提供してくれる「角上魚類・小平店」は、とっても魅力的なお店で、私も大ファンです。
しかし、年末になると角上魚類小平店を先頭に、新青梅街道の上下線とも大渋滞になることは、地元ではみんな知っています。
この渋滞に嵌ると「おっ、いよいよ年末がきたねぇ~」などと思う、一種の“風物詩”です。

先日の大晦日にも、角上へ買い出しに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新青梅街道のなが~い渋滞をやっと抜けて、ささっとお店への駐車場へ・・・ とは、簡単には行きません。
敷地内の駐車場に入っても、整理券を取得するために一旦、外に出されます!
そして、まったく見えない車列の後ろへ誘導されます。
ここからが更に長い。。。

知らない道のまったく行きたくない方向へどんどん行かされます!

「もう帰ろうかな~」という付近まで持ってこられて、ようやくUターン。
ハザード軍団の最後尾について、道ばたで整理券を受け取ります。

ちびちびと、少しずつ車列が動いて、ようやく大混雑の店内へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の主戦場は、お寿司コーナーとお刺身コーナーとカニコーナーでした。
凄まじい勢いで、飛ぶように売れまくっています。
しかしながら、次から次へと商品がどんどん補充されていく様は “爽快” です。
活気があって、見に来るだけでも楽しい角上魚類!

渋滞と駐車場待ちで1時間くらい掛かっても、美味しい新鮮なお刺身やお寿司のためならなんのその!
行く価値は十分にございます。

皆様も、年末の新青梅街道名物 “角上魚類渋滞” には十分ご注意くださいませ!

東村山名物 だいじょうぶだァー饅頭 を食してみた

誰もが知ってる “東村山市”  なにを隠そう、私の生まれ故郷です。

ひと昔前は 『東村山出身です!』 というと、「田舎だ」「埼玉だ」「なん丁目???」 などと軽くバカにされながらも、なんといってもその名は全国区!日本中にその名を知らしめているので、ちょっとした優越感に浸りながら30分くらいは簡単にその話題が持ったのですが・・・

最近、特に若い人に東村山と言っても 『どこですか?そのひがしむらやまって?』 と言われてしまう。 『いや~、知らない?志村けんとか原田泰三とかウィンクの右側の出身地・・・ 西武線の・・・』 などとイチイチ説明しなければならないこの一抹の淋しさが。。。

そんな東村山で誰もが知っている銘菓はこれ!

名前は知っていても実際に食べたことのある市民は少ない・・・ という 『東村山名物 だいじょうぶだァー饅頭』  

先日、久しぶりに実家へ行ったときにわざわざお店まで行って買ってきました。

だいじょうぶだァー 饅頭

どうやら 『だいじょうぶだァー』 のほかに 『だっふんだァー』 もあるらしい・・・ 『だいじょうぶだァーどら焼き』 というのもあった!

中味はつぶあん。甘すぎずちょうどいい甘さで美味しかった!抹茶ヴァージョンも美味!

だいじょうぶだァー饅頭

 

次から次へとお客さんが来ていたので、きっと繁盛しているのでしょう。

機会があったら次は だいじょうぶだァーどら焼き をレポートしてみます。

 

和菓子処 餅萬  http://www.mochiman.co.jp/