注目! アジア内のこれから注目される観光地 TOP20とは

旅行情報を発信する世界的な 某インターネットサイト が、面白いものを公表しました。

『アジアの “これから注目の観光地TOP20”』

1位はインドネシアのバンドン! 

以前に手配したことがあったのでバンドンは辛うじて知っていましたが、2位以下、知らない街が多い・・・

なかでもフィリピンは凄い、大人気です。ベスト4に3都市がランクインし、トップ10圏外にも3都市入っておりますので計6都市がベスト20に顔を出しています。来週の “スポットライト” の登場間違いなしですね。

 日本はというと函館、長野、そして高山がランクインしています。雪国が多いのはなぜなのか図りかねますが、共通事項は・・・

函館= 都道府県別温泉数日本一の北海道を代表する “湯の川温泉”

長野= 同じく、都道府県別温泉数第二位(そこら中に温泉があるらしいけど代表で) “別所温泉” 

高山= 日本3名泉の一つでもあり、露天風呂の数日本一という “下呂温泉”

 

ということで日本の人気都市のキーワードは ≪温泉≫ ということに~

 

 このランキングは2007年9月から2008年9月までの某グローバルウェブサイトのユニークユーザー数、クチコミ投稿数、ページビュー数、旅の質問箱への参加数などを総合的に考慮した「Travel Cast」という指標を用いている。

 一位のバンドンをもつインドネシア共和国文化観光省日本地区事務所では、バンドンについて「ジャカルタから2時間圏内というアクセスの良さ、昔懐かしいたたずまいが人気」という。また、9位になった函館国際観光コンベンション協会は「函館は、日本で最初の国際貿易港として開港した土地。現在、台湾からのチャーター便は年間600便が運航しており、『地域ブランド調査2008』でも2位にランキングされ、日本での高い評価が外国の方々へも浸透している」としている。なお、ランキングの詳細は下記のとおり。

▽アジアの“これから”注目の観光地ランキング トップ20
1位 バンドン、インドネシア
2位 バタンガス、フィリピン
3位 タガイタイ、フィリピン
4位 ラオアグ、フィリピン
5位 ジョグジャカルタ、インドネシア
6位 黄山、中国
7位 シアヌークビル、カンボジア
8位 ヴィエンチャン、ラオス
9位 函館、日本
10位 コーヒョン、台湾
11位 スービック、フィリピン
12位 クアラトレンガヌ、マレーシア
13位 エル・ニド、フィリピン
14位 長野、日本
15位 メルシン、マレーシア
16位 ダグパン、フィリピン
17位 ウナワトゥナ、スリランカ
18位 パトン、タイ
19位 ジャカルタ、インドネシア
20位 高山、日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です