アメリカ 入国時の指紋採取は “10指” へ変更です!

アメリカ入国審査の際、現在行われているのが両手人差し指2本の指紋採取と写真の撮影ですが、これでもまだ足りないようです。テロ対策の一環として、順次、両手全ての指の指紋を採取することになるようです。。。

米国土安全保障省(DHS)は、テロ対策の一環として、アメリカへの入国者に対して実施している指紋採取について、対象を現行の両手人差し指の2本から全ての指に変更した。ダラス空港では既に採取を開始しており、2008年の早い段階でその他の9ヶ所の空港に拡大し、2008年末までには全空港で導入する。DHSでは、「危険人物の入国を防ぎ、合法的な旅行をより効率的にするために、最重要な課題であった」としている。9ヶ所の空港は下記を参照のこと。

▽2008年早期の新指紋採取プログラム導入空港
・ボストン空港
・シカゴ・オヘア空港
・デトロイト空港
・アトランタ空港
・ヒューストン空港
・マイアミ空港
・ニューヨークJFK空港
・オーランド空港
・サンフランシスコ空港

Comments are closed.