【スカルノ・ハッタ空港】 ターミナル変更にご注意を!

弊社でも、取扱の多いディストネーションの一つ、インドネシアの首都ジャカルタからのトピックです。

ジャカルタの空港の一つ、メインである【スカルノ・ハッタ国際空港】では、最近、ターミナルを結ぶモノレールが出来たり、市内から空港までの鉄道が開通したりとアップグレードの改良が続けられています。
その一環として、一番新しいターミナル3の拡大工事もようやく整い、続々と国際線航空会社のターミナル3への移転が行われています。

ジャカルタの主であるガルーダインドネシア航空(国際線&国内線)がすでに利用している【ターミナル3】

日本航空も全日空も移転が決まっています!!

ご滞在中の方、ご旅行予定の方はご注意ください。

≪日本航空≫

2018年10月26日(金)

到着便 JL-725 16:50着よりターミナル3 利用開始
出発便 JL-726 21:55発 よりターミナル3 利用開始
*JL-720 06:45発は現行のターミナル2 になりますのでご注意ください。

≪全日空≫

2018年11月12日(月)

到着便 NH-871 04:50着よりターミナル3 利用開始
出発便 NH-836 06:20発よりターミナル3 利用開始

スカルノ・ハッタ空港でのターミナル間の移動は、ほんとうに面倒でしたが、日本路線絡みはターミナル3内で完結する乗継パターンが多くなります。
いまだ直行便が少ないバリ島や観光地のジョグ・ジャカルタなど、ガルーダ航空国内線を利用したインドネシア国内線(及びスカイチーム)への乗継が、だいぶ楽になりますので大歓迎ですね!!

 

ただ、周知されるまで時間を要すると思われます。

特に、ジャカルタ市内からタクシーを利用して空港へ行かれる場合・・・

タクシードライバーが知らない可能性がございます!

ご注意ください!

*** 最新の情報をご確認くださるよう、お願いいたします ***

 

【ソウル 仁川空港】 第二ターミナルが運用開始に!

平昌オリンピックの開会まで、あとわずかになった1月18日。

韓国の玄関口の一つ、ソウルの仁川空港では、世界中から訪れる観光客に対応するため「第二ターミナル」が誕生します。
オリンピック開催に間に合わないとも思われていましたが、ギリギリセーフですね。
仁川の空港機能が強力にアップグレードされるようです。

 
この第二ターミナルを使用する航空会社は “スカイチーム” へ加盟している4社です。
大韓航空(KE)
エールフランス(AF)
KLMオランダ航空(KL)
デルタ航空(DL)

混雑のために出入国審査には、かなりの時間を要すことも多い仁川空港。
しかし、最新テクノロジーを導入したこの第二ターミナルが目指すものは・・・

※入国の際には、入国審査から荷物受領、税関検査までを 20分 で完了させます!
※乗り継ぎの際には、最長 20分 で可能となります!
※出国の際には、チェックインから保安検査、出国審査は 29分59秒以内 で完了させます!
というもので、とても魅力的な数字が並んでいます。

これは、自動入国&出国ゲートを利用できる《韓国国籍》の方向けの目標時間だそうですが、韓国国籍の方の作業が早くなれば、空いたスペースを活用して有人審査が必要な外国国籍の審査も早くなるはずです。
是非とも、実現してもらいたいですね!

第一ターミナルよりも、かなり多くのセルフチェックイン、セルフバゲージドロップなどを多く設置されるようですので、素早くチェックイン手続きを済ませるためには “セルフ” に慣れないといけないようですね。

1月18日より仁川空港をご利用されるお客様、お間違えの無いようにご注意ください。

ソウルやソウル乗継で諸外国へ行かれる方も、
是非とも、リバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!