【マレーシア航空】 東京線へ最新鋭機材を投入!

日本からは、業務出張も観光客も、たくさんの方がご訪問されるマレーシア・クアラルンプール。
訪日観光客と相まって、混雑が激しい路線の一つです。

東京からクアラルンプールまでは、1日あたり、マレーシア航空が1~2便、日本航空が1便、全日空が2便、LCCが1便飛ばしていて、競争が激しくなっています。。
マレーシアのナショナルフラッグキャリアの マレーシア航空 は、弊社で取扱の多い航空会社ですが、5月5日より、絶好調な東京線にエアバス350-900型という最新鋭の機材を導入します!!
(政府認可申請中)

なんと!

近年、アジア線では、すっかり珍しくなったファーストクラスが搭載されています。
座席数は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス35席、エコノミークラス247席の計286席で、全席に電源コンセントとUSBポートが設けられるそうです。
最近、全日空に押され気味な感のあるクアラルンプール線のエースになれるかどうか・・・ 期待しています!

現在、「地球に優しく快適な機内空間」 が売りのこの中型機材エアバス350-900型は、世界の主要航空会社がこぞって導入を進めています。
マレーシア航空では、この中型の最新機材を導入する代わりに所有している超大型二階建てのエアバス380を退役させるそうです。

 
繁忙期等にときどき成田へ飛んできますが、導入してから5年しか経っていないので、まだまだ使えるはず。
450名~600名程度を乗せることができる機材は持て余し気味で、効率が悪いということでしょうか?
一説によると、エアバス380を使って一往復するよりも、中型機を2機飛ばして往復したほうがコストは安い!なんてお話も聞きますが・・・

2019年春
そのエアバス380が全日空へやってきます!!
成田発のホノルル線に就くことが決まっています。

楽しみです!

マレーシア航空を利用して、ご出張、ご旅行へ行かれる際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新の情報をご確認ください***