【全日空】 国際線・事前座席指定の一部有料化へ

いよいよ日本の航空会社でも、事前座席指定にお金がかかる時代になってきました!

最初に動き出すのは、青いほうの  “全日空” です。

全日空が加盟するスターアライアンスでは、既にルフトハンザ航空系列やスカンジナビア航空などは、以前から、エコノミークラスの事前座席指定は有料サービスとなっていましたので、全日空も時間の問題でした。

全日空の場合は、エコノミークラスの比較的安価な券種が有料指定の対象になります。(ダイヤモンド、プラチナステータスの保有の場合除く)

かつ、人気の高い一部座席のみが有料指定で、その他、不人気の座席は無料指定のまま残るようです。以下、イメージ図です。

黄色&赤色シートが有料座席。青色シートは引き続き無料です。                        (B787-8一例/予定 全日空資料より転載)

対象航空券種 : K L S W V  (5月29日以降発券分 / 8月19日以降出発分) 

例えば、黄色の通路/窓側指定の場合、東南アジアで JPY1,500-  / 欧州、豪州、北米&ハワイでJPY2,500-  /  それ以外はJPY2,000- (片道あたり) のイメージです。 

座席指定の有料化はLCCの専売特許だったのは昔の話で、近年では、レガシーキャリアも挙って導入しています。ANAのB-787のエコノミーは、横9列なので、ただでさえ狭いのに、「人気のある通路側に座りたければお金払ってくださーい」ということなのでしょう。

そのうちに、機内のトイレを使うと「チャリーン!」  座席のリクライニングを使うと「チャリーン!」 となるかもしれませんね!

いまのところ、日本航空は大丈夫らしいです。

【燃油サーチャージ】 廃止について Vol-2

前回のブログで、日本航空が 『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については燃油サーチャージを徴収しません!』 という発表があったことをお知らせいたしました。

そして、『航空会社によっては、すでに燃油サーチャージを廃止しているところもありますし、海外出発の航空券も去年から廃止しています。同じ区間の航空券を購入するにしても、その航空券の購入方法によって燃油サーチャージの金額は異なります』 とご案内したところ・・・

「どれくらい違うの?具体的に・・・」 とご質問を承りました。

それでは、簡単にご説明させていただきます。

GAS

例えば、、、

弊社でも需要の多い 東京~クアラルンプール の路線を例にして、各航空会社の燃油サーチャージの料金を比較してみると・・・

※日本で往復分を発券・購入した場合(本日現在)※

日本航空 6,000円
全日空 6,000円
マレーシア航空 0円
エアアジアX 0円
キャセイパシフィック航空 (香港乗継) 0円

となります。
外国(特にアジア系)の航空会社は、軒並み燃油サーチャージはすでに廃止になっています。

ちなみに・・・
日本航空や全日空の日系航空会社のクアラルンプール発~東京着往復航空券を “クアラルンプールで発券・購入” した場合の燃油サーチャージは、外国航空会社と同じ “0円” です!

4月と5月の2ヶ月間は、日系も米系も欧州系の航空会社ともに燃油サーチャージが廃止、または減額されます。
特に、長距離飛行で燃油サーチャージが高額だったヨーロッパや北米方面は、お一人様あたり15,000円くらい徴収されていたのが無くなりますから、ここ数年に比べるとだいぶ割安感があると思います。

今年のゴールデンウィークは、是非とも海外旅行へGO GO GO-!

なお、航空券に含まれる燃油サーチャージや空港税類などの費用は変動いたします。
航空券ご購入時の最新の情報をご参考になさってください。