JAL ロシア・モスクワ乗入れ空港が変更に・・・12月14日より

モスクワへ日本航空を利用してご出張やご旅行に行かれる方はご注意ください。

12月14日より、日本航空はモスクワの乗り入れ空港を変更するようです。現在の シェレメチョボ国際空港 SVO から 『ドモジェドボ国際空港 DME』 になります。

モスクワ市内の約40キロ南に位置し、車で約60分、鉄道で約40分の距離です。

近代的なカウンター設備や最新のセキュリティー設備を持ち、出入国手続きのスピードアップや飲食店、小売店などの空港設備の充実、サービス向上に力を入れていることからの変更となるようです。

 ドモジェドボ空港

アエロフロート・ロシア国際航空の東京線は、現行通りシェレメチョボ空港ですのでお間違いなきようご注意ください。

ここでひとつ・・・ 懐かしのシェレメチョボ国際空港

約20年前、初めてのヨーロッパ旅行はKLM機でモスクワ経由アムステルダム行きでした。当然、当時のモスクワはソビエト連邦共和国。ペレストロイカが始まって間もなくのことだったと思います。

飛行機はシェレメチョボ空港に無事に着陸したはよかったのですが、滑走路上に停まってなかなか滑走路から動こうとしません。10分経っても動きません・・・・  ひょっとして動けない? と皆がざわめき出した頃、滑走路の凍結によりスリップして動けないとのアナウンスが。エンジンの出力を上げて熱で溶かそうとしてもだめ。

結局、2時間近く閉じ込められたあげく、ようやく空港バスがライフル銃を携えた兵士らしき人間と一緒に我々を助けに来てくれましたが、『共産国兵士に連行される日本人ご一行・・・』 みたいな気分だったでのありがた味は薄かったですねー。

待機場所の空港ロビーは 寒い! 薄暗い! 椅子無い! 売店閉まってる! 状態のなか、我々のKLM機もなんとか氷地獄から脱出してゲートに着きました。いよいよ我々自身も寒さ地獄から出発だ!と思ったら、いつの間にやら空港閉鎖に・・・ 機内で配られるあの薄~い毛布があんなに有り難かったことは、今でもあの時だけです・・・

結局、我々はこのシェレメチェボ空港のロビーで一夜を過ごしたのでした。。。