ますます増えていく 羽田空港の国際化。ドイツも?

羽田空港の国際線の路線増があっというまに増えています。

どうやらドイツも羽田空港第滑走路の供給開始にあわせて、就航が確定したらしく、欧州では4カ国目に。これに北米路線も続くのでしょうか??? ホノルル線が待ち遠しい・・・

 

 3月31日から4月2日まで開催された日本とドイツの航空当局間協議で、羽田/ドイツ路線を認めることで合意した。2010年10月に予定する羽田空港の第4滑走路供用開始後に、深夜早朝時間帯での運航を可能にする。日本とドイツそれぞれの航空企業が、1日2便ずつ週14便まで運航できるというもの。旅客、貨物いずれも可能という。ドイツ側の空港はフランクフルト、ミュンヘン、ライプチヒなどの可能性がある。

 なお、これまでに羽田の深夜早朝時間帯で国際定期便開設について合意しているのはマレーシア、韓国、シンガポール、フランス、イギリス、タイ、オランダ、香港で、ヨーロッパとしては4ヶ国目となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です