今日の1本!Vol-28 Grauer Burgunder Kabinett Trocken 2017

初夏のような、気持のよい陽気が続くステイホーム期間中・・・

ドイツ・ブンデスのサッカーの試合をテレビ観戦する際の付きものと言えば、やっぱりビール!・・・ ではなく “冷やした白” ですよね!

本日のスタメンはこちらです。

GWフランケングラウブルグンダーカビネットトロッケン2017

暖かい日にはもってこいのドイツの白ワイン!

ドイツの玄関口であるフランクフルトの東側、ヴュルツブルクが近いマイン川流域のフランケンからの参戦です!

とても特徴のあるボトルデザインで、伝統的なボックスボイテルの瓶が魅力的なフランケンワイン。フランクフルトを挟んで西側のラインガウのあま~い白ワインと比べると「キリッ」と辛口寄りなので、とてもバランスが良く、もちろんコスパも最高。まだ陽が高いうちから屋外で飲みたくなるワインです!

フランクフルトに滞在中には、「古城を見ながらのライン川下り&リューデスハイムのつぐみ横丁&リースリングワイン」 がセットで一度に楽しめるラインガウへ行ってしまうし、お客様には、よくこちらをご紹介しがちなのですが・・・

実は、こちらのフランケンも、”マイン川の真珠と言われるヴュルツブルク観光& グラウブルグンダーワイン” を合わせて、フランクフルトからのワンデイトリップにはとてもお勧めです!

是非とも、ドイツのフランクフルトへ訪れた際には、フランケンワインをお楽しみになさってみてはいかがでしょうか?

フランケンワインの紹介は、↓ こちらをクリック!!

さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする、世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。

ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

お問い合わせをお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です