グアム 入国審査 ESTA導入に伴うシステム変更

さて、米国へ入国する際に必要となる ESTA ですが、グアムやサイパンへの渡航の際にはどうなるのか・・・ 導入前と若干の変更が出ているようなので、ご報告させていだきます。

2009年1月18日より運用されている変更点は・・・

1. 用意する入国審査の書類によっては ESTA の事前認証(申請)が必要になる

2. 滞在日数が15日となっている グアムビザ免除プログラム(注1) (白い色のカード I-94 と 白いちょっと小さいカード I-736) を利用して入国審査を受ける場合でも、入国時の指紋採取及び顔写真撮影が全ての非アメリカ国籍の渡航者に実施することになった。このため、入国手続きにお時間がかかる場合もありますので、十分にご注意くださいませ

(注1) グアムビザ免除プログラム参加国(本日現在)

オーストラリア、ブルネイ、インドネシア、日本、マレーシア、ナウル共和国、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、シンガポール、ソロモン諸島、台湾(資格のある台湾市民で台湾に居住し、台湾からの直行便またはサイパン経由でグアムへ渡航する台湾のナショナルID所持者のみ)、イギリス(British National Overseasを含む)、バヌアツ共和国、西サモア

 

詳しくは、グアム政府観光局の グアムへの入国 にてご確認をお願いいたします!

http://www.visitguam.jp/basic-info/travel/entry/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です