【ベトナム】 30日以内に2回の入国は要査証!

パスポート VISA

2015年1月より、新しいベトナム入国法が施行されることが発表されました。
査証(ビザ)なしで入国できていた日本国籍にも、一部影響が生じますので注意が必要です。

現在、ベトナムへの15日以内の滞在については日本国籍の場合は、パスポートの残存期間が3ヶ月以上あれば、査証(ビザ)での入国が可能となっています。
しかし、来年の1月からは入国可能なパスポートを所持していても・・・

30日以内に2回以上ベトナムへ入国する場合は、査証(ビザ)の取得が必要になります のでご注意ください!

例えば、次のケースに要注意です。

1) 東京⇒ホーチミン(ベトナム)⇒シェムリアップ(カンボジア)⇒ハノイ(ベトナム)⇒東京 8泊10日の旅

直行便のあるホーチミンとハノイの間にカンボジアやラオスを含める、大変よくありがちな観光ルートです。
ベトナム1回目となるホーチミン入国時は査証なしで大丈夫です。しかし、シェムリアップ(カンボジア)からハノイへ戻る際は、30日以内に2回目のベトナム入国となってしまうため事前に査証を取得しなければなりません。

2) 査証なし業務渡航で滞在している場合、15日間で仕事が収まらず、一度近隣諸国へ日帰り移動して再度入国し滞在期間を延そうとする。

ベトナムに限らず、一度出国してすぐ戻るというのは、査証なしで業務渡航に行かれる際に大変多い “かわし方” ですが、これも不可になります。30日を空けないとベトナム再入国の際には査証が要求されます。

かつ、3回目の入国となってしまう場合には マルチビザ の取得が要求されますので要注意です。
また、パスポートの残存期間が  『6ヶ月以上』 に要求されていますのであわせて注意してください。

ベトナムに限らず、近年のASEAN諸国は似たような施策をしてくる国が多くなっています。他国(特に中国)からの短期労働者流入への対応策と言われています。
この情報は変更される場合もありますので、ベトナム訪問時には最新の情報を得るとともに十分ご注意ください。

【アメリカ】 ESTA申請の際の質問が詳細に!

無題

現在、アメリカ合衆国への入国の際には 査証(ビザ) が免除されていても、ESTAという電子ビザの事前申請が必要です。

この11月より、緊急に以下の質問事項が追加要求されていますのでご注意ください。

*別名や他の国籍の有無
*ご両親の氏名
*連絡先情報(eメールアドレス、電話番号、連絡先住所)
*緊急連絡先(お名前、電話番号、eメールアドレス)
*勤務先情報(名称、住所、電話番号)
*出生地

はっきり言って、普通に査証を申請するくらいの情報量になりました。。。
以前のものは、パスポートの顔写真のページのみの最低限の情報入力でも申請できたのですが、質問事項はすべて埋めなくてなならず、さらに、詳細な情報提供をしなくてはなりません。
テロへの警戒の一つだと思われます。

現在、アメリカをはじめヨーロッパなどの各空港での入国審査には、大変時間を要しています。
特にアメリカの乗り継ぎの場合、通常期として考えると乗り継げない状況になりがちなので、十分ご注意くださいませ。

【訪日観光客向け】 の日本国ビザが緩和されます

現在、私たち日本人が 【観光目的】 で海外旅行へ行くときには、ほとんどの場合において、査証(ビザ)の取得を必要としていません。

しかし、私がこの旅行業界に入った約20年前は、まだ多くの国で日本人国籍の渡航者に対してビザ取得を義務付けており、各国の大使館または領事館へビザの申請&受領へ行くことが新人業務の一つ。毎日のように韓国、中国、オーストラリア、インド、台湾などのビザセクションへ出入りしていました。
当時はビザセクションの人たちが怖くて冷たくて・・・ 順番が来ると書類提出の前にまずはご機嫌伺いから始めて、如何に怒られないようにしようかと、いつもビクついていたのを覚えています。。。

DSC_0098

 

海外の方が日本へ渡航する場合、特にアジア諸国の国籍の方に対してビザの取得を求めていますが、最近、少しずつ緩和されてきているようです。これで、ビザという壁が取り払われれば、もっともっと簡単に東南アジアの方々に日本を楽しんでいただくことが可能になります!

日本政府は『第2回観光立国推進閣僚会議』なるもので、訪日観光客向けビザの大幅な緩和を決定。日・ASEAN友好協力40周年を契機に夏までに実施する計画として・・・
※ タイ、マレーシア向けのビザは免除
※ ベトナム、フィリピン向けのビザを数次(マルチ)ビザ化
※ インドネシア向け数次ビザの滞在期間を延長

内閣総理大臣の安倍晋三氏は、訪日外国人旅行者数1000万人の達成と2000万人をめざすため、アクション・プログラムを直ちに実行していくと説明。「アジアNo.1の国際会議開催国の地位を不動のものとする」
と述べたそうです…

近年、中国人旅行客が日本へ来なくなりましたが、その代りにタイやマレーシア、台湾の方々に日本への旅行の人気が高まりつつあります。
冬のスキーシーズン&温泉はもちろん、今年の春、桜のシーズンのバンコク線やクアラルンプール線は、東南アジアからの花見客の団体で連日満席!ホントーに席が取りにくかったですからー!!

誰もが 『冬のシーズンだけの運航だ!』 と思っていた新規路線のタイ航空・バンコク~札幌間の直行便は、6月になった今でも週4便で運航しています。それほど需要が高いということで通年運航するのでしょうね~

また、訪日ビザも大事ですが、アジアNo.1の国際会議開催国を目指すならもっともっと大きな展示会場や空港アクセスを整備も並行してやっていってほしいものです。日本の展示会場は海外のそれと比べると狭すぎますからね!

海外から日本へのお客様が増えることは、日本にとって大歓迎すべきことです。
しかし… 同時にフライト数の増加や航空機のサイズアップがない限り、まずます座席が取りにくくなることは明白です。

嬉しいような、悲しいような・・・ 
特に日系航空会社さん、機材の大型化してくださいな

お願いします!

→リバティヒルバケーションHP
→リバティヒルバケーションBLOG