【国際観光旅客税】 19年1月7日発券分から徴収開始です!

 

また一つ、海外旅行に関わる税金が増えることになっております。

その名は・・・

国際観光旅客税!

この税収の目的は、次の3つの分野に活用されるそうです。
1)ストレスフリーで快適に旅行できる環境整備。
2)日本の多様な魅力に関する情報の入手の容易化。
3)地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等。

対象者は、大雑把にいうと・・・
航空機やクルーズにより、日本国を出国する方に対して、1名あたり1,000円です。
*2歳未満や乗り継ぎのために日本の空港へ来た方は対象外。

その徴収方法は・・・
既存の空港施設使用料や燃油サーチャージなどと同じく、航空券発券の際に、航空運賃と共に徴収されます。

ただでさえ高い空港税類や燃油サーチャージに、この税金が加わります。
本日現在、日本からヨーロッパ諸国を単純往復すると約5万円ですが、ますます負担増になってしまいますね。

2020年のオリンピックイヤーの前に、滑り込みセーフで徴収開始。
年間430憶円の税収を見込んでおられるそうです。

訪日されて、日本を楽しんでいただいた外国人のパワーもお借りして、日本の魅力や出入国審査の作業効率など、一層高めていただきましょう!

【顔認証ゲート】 羽田空港入国時の注意点

 

最近、羽田空港をご利用してご帰国された方は、すでに実際にご利用なさった方も多いと思います。

入国審査場の左側には、白い機械が数台並んでいるのが、去年の暮れから導入が始まっている 『顔認証ゲート』 です。

IC旅券に記録されている顔の画像と顔認証ゲートのカメラで撮影された顔の画像とを照合して本人確認を行うという、スグレモノです。
先日、私も、羽田帰国時に入国審査場でしばらく眺めていましたが、有人カウンターよりも確かに早いです。
まさに『顔パス』状態なので、是非、利用したいシステムですが1点だけご注意ください。
通常、顔認証ゲートを利用したときは、パスポートに入国スタンプは押されませんが、なるべく入国スタンプを押してもらってください。顔認証ゲートの先のボックスに係員がいますので、要求すれば押してくれます。

パスポート上に入国スタンプがない場合の弊害として・・・

例えば・・・

現在、中国査証の申請の際、日本へ入国(帰国)したかどうかわからず、本来であればパスポートを含む書類提出だけで済む話が・・・
⇒ 大使館より「本当に帰国しているのか?」とご本人様の大使館への同行が求められています。
(最新の情報にてご確認ください)

これは、他の国の査証申請でも有り得る話だと思われます。

しばらくの間は、顔認証ゲートをご利用される方は、どうぞご留意ください。

【全日空】 6月より羽田~バンコク線の増強決定。

 

各航空会社が、続々と “夏ダイヤ” を発表しています。

そのなかで、注目するのは、全日空のバンコク線の増便です!

1月現在・・・
羽田発のバンコク行の全日空便は1日2便です。
成田発の2便を合わせると1日4便。
そこへ、6月から更に羽田便を1便追加して、東京~バンコク線を1日5便体制 にするとは・・・ 全日空、やりますね!

日本航空は、1日4便。
タイ航空は、曜日によって異なりますが1日最大5便運航。

まさに “トップタイ” に並びましたぁ!!
タイだけに~~~(笑)

さて、6月以降のフライトスケジュールは以下のとおりです。(予定)

NH877便 羽田 00:55発 / バンコク 05:25着
NH878便 バンコク 13:55発 / 羽田 22:15着
※使用機材は若干小さめのボーイング787(800型)です。

往路は、人気のナイトフライトの増強になります。
復路は、なんと!日系航空会社では、今まで空白の時間帯だった デイフライト での登場になります。
これは、日本人には嬉しいスケジュールの設定で嬉しいですね!
通常期でも、混雑が激しいバンコク路線では、とても利用価値が高そうです。

バンコクへのご出張、ご旅行の際にも、是非ともリバティヒルバケーションへお問い合わせくださいませ!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

***ご利用の際には、最新のスケジュールをご確認ください***