今日の1本 Vol-25 GIANNITESSARI 2

前回の続きです。

さあ、このお店はクラフトパスタという店名。
さまざまな食材を生かした、自慢のパスタ料理が並びます。
本日のお勧めは 「キノコのつかみ取りトマトソースパスタ」 でした。

キノコが山盛り入ったバケツから、新鮮なキノコを掴み取りします。
片手で取った分が、料理になって提供されるらしい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざっ、掴みと取ろうとしても、キノコが案外大きくてそれほど掴めない・・・
結局、掴めたのは4個くらい。
思ったほどの盛り上がりもなく終了ー。
料理には足らず、いくつかサービスで入れてくれました。
次回は、是非とも両手でやらせてもらいましょう。

昔・・・
添乗で某国へ行っていた時、レストランの店内にある水槽からお魚を選んだり、食材をその場で選んだりして、ワクワクしながら調理されてテーブルに出て来るのを待っていました。
しかし、出されたものが、「これ、絶対にさっきのと違う。明らかに違よな!ナニコレ?」 というお店がありました。
どこかの段階ですり替えるというのは、ときどき聞く話です。
海外ではご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新鮮なキノコとトマト系クリームの酸味が、モチモチのクラフトパスタと相まって、とっても美味。
あっという間にジャンニテッサーリ ピノ・ノワール x2もカラビンとなり、気が付けば白に変わっていました。

ヴェネト州と言えば、イタリアワインの産地としても有名ですが、世界的観光地のヴェネチア、ロミオとジュリエットの舞台のヴェローナなどがあります。
東京からアリタリア航空の直行便が飛んでいるミラノからだと、列車で簡単にアプローチできるくらいのほんのちょっとの距離です。
ヴェネチアご滞在中にも、ヴェネト州のワイナリーツアーも楽しむことができます。

この夏のバケーションは、美味しいワインに、美味しい料理を楽しみにヴェネト州へお出かけしてはいかがでしょうか?
ヴェネト州へのご旅行も、是非とも、リバティヒルバケーションへお問い合わせください!

今日の1本 Vol-25 GIANNITESSARI PINOT NOIR

さて、今夜は 「門前仲町」 まで遠征します。

去年、オープンしたお店で、友人のご主人様がオーナーのイタリアンです。
北イタリアのトリノから南のシチリアまで、数ヶ所のレストランで修行を積まれたご主人が作られる料理が自慢の店です。

ご主人のお勧めの今日の1本は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIANNITESSARI PINOT NOIR
ジャンニテッサーリ ピノ・ノワール

イタリアはヴェネト州から門前仲町へやってきました。

ワインの色艶がキレイで、まさにイタリアンレッド!
果実と酸味、そして最後に残る渋みに食欲が大いにそそられてしまいます。
「トマト系の料理持ってきて!」と言いたくなるワイン。
とても飲みやすい、ピノ・ノワールらしいワインです。

一番のこだわりは、店名でもある手作りのクラフトパスタ。
店内の奥には、大きな製麺機がどーん!と鎮座しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お蕎麦屋さんよろしく、
この機械を使ってご主人がパスタを打って我々に提供してくれるのです。

「三丁目の鈴木さん? あーすみません、今出ましたぁ~」 というご主人の声が、店の奥からときどき聞こえたり聞こえなかったり・・・?

なんてことがあるかもねー!
などと皆で妄想しながら、もうすぐ、我々のテーブルにも自慢のクラフトパスタが届きます!

今日の1本 Vol-24 ~ OPEN NOW 2015 ~

最近の夜は、普通に零度くらいまで気温が下がりますが、今夜も相変わらず寒い!
あまりにも寒いので、冷えた体を温めてもらいに下北沢へ参ります。

数年前から、よくお邪魔させていただくワインバル。
最近、妙に料理のレパートリーが増えて、かつ、美味しくなったと評判です。
いつものように 「甘系でお任せ!」 とオーダーしてみると・・・

出てきたのは、コレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OPEN NOW 2015

「こんな感じでどうでしょう?」

オーナーがそう言って 『OPEN NOW』 とラベルに書かれたボトルを手にして聞かれたら、そりゃ、オープンナウ! いますぐに開けないわけには行きません!
新手の押し売りと紙一重です。

飲んでみると、ほのかな甘味とともに、フルーティーな果実味がふわ~りを口のなかに広がります。
とても飲みやすくて美味しいワインです。
このワインは、私の嫌いなビオワインらしいのですが、初めてビオで美味しい!と思った赤でした。

フランス・ラングドックからの参戦です。
ラングドック=ルーション!
ルーションと言えば、私の大好きなコストパフォーマンスの優れた安価で美味しいワインの産地です。
また一つ、いいものを見つけました。

エチケットをよく見てみると、人の口がワイングラスになって描かれています。
更に、開けたコルクには 「WELL DONE」 とメッセージが入っています・・・
憎いくらいお洒落ですねぇ~

この地域圏産のエチケットは、面白いものが多いのですね。
以前にはこんなゴキゲンなラベルもありました!

今日の1本 Vol-19 ~La Passion Grenache~

 
さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。
ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

↓ ボルドーの様子はこちらをクリック ↓
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=453

 
お問合わせは、是非ともリバティヒルバケーションまで。
どうぞよろしくお願い申し上げます!

今日の1本 Vol-21 ~MONTE BELLO Nero D’avola~

先日、友人が代官山でやっているお店で、忘年会の二次会を行いました。

このお店のハウスワインが、飲みやすくて二次会ワインとして最適です。

イタリアはシチリア島からの参戦で、マグナムボトルでの登場です。
それほどの渋みもなく、フルーティーな甘味も抑えられていて、とても軽い!(わりには美味しい。)


 MONTE BELLO Nero D’avola

納豆チャーハンには、もってこいのワインです。

店主曰く、
ナットウキナーゼ、ムチン、硫化アリルで血液サラサラになる・・・ らしいのです。
ならば、美味しいワインで納豆チャーハンをサラサラ~と流し込んでもらいましょう!

今回は、withパクチーのアレンジが効いてて美味でした。
赤ワインと納豆チャーハン・・・
かなりハマってます!!

今日の1本 Vol-19 ~La Passion Grenache~

最近、縁があってたまに行くようになった下北沢のワインバー。

今夜は 「甘系が飲みたい」 というと、ちびまる子ちゃん風なキュートなラベルが目を引くボトルが出てきました。

1454497709733

La Passion Grenache

ずいぶんとお気楽でゴキゲンな様子のお二人が描かれた、楽しいイラストですね。
スペインかイタリアの陽気なラテン系のお国からやってきたのかと思いきや、なんと、フランスはルーションからの参戦です。

ルーション・・・
以前にも出てきた地名ですね。

HHH

スペインとの国境からカルカソンヌ付近を指す地域圏の名前で、古くから水代わりに飲むような安価なワインの産地だった・・・ とわたくし、勉強いたしました。

↓ こちらです ↓
今日の1本!~PICOULET Vol-2 ~

PICOULET 同様、ぶどうの果実味がとても豊かで、軽くも重くもなくとても飲み心地が良くて、そして安い!!
これは飲み過ぎに注意なワインです。
『地中海に行かずして地中海の恵みを得た・・・』 そんな、少々得した気分にさせてくれるヤツです。
これなら、ラベルのお二人がゴキゲンにやってるのも頷けますね!
ルーション、行ってみたいです。

さて、リバティヒルバケーションでは、ボルドーのシャトーやブルゴーニュのドメーヌをはじめとする世界のワイナリーを訪れるご旅行をご提案しています。
ワインの本場を訪問し、試飲しながらその土地土地の料理を堪能する贅沢を体験しに行きませんか?

↓ ボルドーの様子はこちらをクリック ↓
http://libertyhillvacations.co.jp/hotnews/?p=453

お問合わせは是非ともリバティヒルバケーションまでどうぞ!

LHVの風景 Vol-10 研修旅行② 機内サービス

成田空港を飛び立って、ほどなくすると機内食の時間になります。

さあ、次は機内サービスの “研修” となります。

まずは、食前のワインを試してみましょう。

MACON-VILLAGES

マコンといえば、ブルゴーニュ地方の一つ、マコネーワインで有名ですね。
ボジョレーのお隣、ブルゴーニュ地域の真ん中付近からの参戦です。
「このままリヨンまで連れてってくれー!」と思いたくなるちょっと辛口の美味しいワインで、最初の1本としてはぴったりの飲みごたえです。

1430706294560

そして、ワインのお供をしてくれるのは、南野陽子、マッチ、吉川晃司、堀ちえみ、河合奈保子などの80’s の豪華メンバー達。なかには、竹本孝之というすごいチョイスが・・・
どなたがセレクトしたのか知る由もありませんが、曲とともにワインも止まらない BEST HIT 80’s!
もう、気分は最高です!
マコンをもう1本いただきましょう!

「楽しい時代だったな~」と思い出に浸り、ニコニコしながらワインを飲んでいるところへ食事がサーブされます。
そして、赤ワインは大好きなボルドーのメドックからやってきました。

HAUT BERNONES

1430706601457

プラスチックの蓋やアルミホイルに包まれていないお皿と料理たちに感動です。
日本出発のフライトの機内食は、見た目もよくて美味しいですね。

今回は、4時間ほどの短い飛行時間ですが、ビジネスシート、シート設備、オーディオ機器、機内サービス、ワイン、機内食などを試すことができ、お陰様で大変充実した “研修” を楽しませていただきました。

某航空会社への愛着も増し、これからも御社の航空券をお客様へたくさん販売していきたいと思います。
復路はいつものエコノミークラスでしたけど・・・ 勉強になりました!

次回は、ホノルル線などでの研修をお願いいたします!!

今日の1本 Vol-18 ~Domaine de la Madone 2015 ~

早いもので、もう11月も終わります。

ハロウィンの喧騒が終わり、ボージョレーヌーボーの解禁となり、あっという間にクリスマスと年末を迎える忙しい季節となりました。

最近は、世の中的にすっかりハロウィンに押されてしまっている感のある “ボージョレヌーボー解禁” のイベント。
どうせ、なにかしらの業界やマスコミに踊らされるのであれば、まだ当時は社会人になり立てで個人的にはまったく恩恵を受けていませんでしたが、バブルとともにフランスからやってきた、昭和から馴染みのあるボージョレ派です!

今年は天候に恵まれて、ブルゴーニュ地方のぶどうの出来栄えが大変良いらしく、ワインも美味しいらしいのでとても楽しみです。

今日の1本はこちら!

Domaine de la Madone 2015 Beaujolais Villages Nouveau

1448188987432

早摘みワインの割には、ぶどうの味風も濃く、去年のマズかったボージョレよりも随分と美味しく頂くことができました。
はじめて飲むドメーヌでしたが、品質がよく、減農薬を推進している造り手らしいです。

飲みやすいワインが、アントレのぷりっぷりな牡蠣に見事にマッチして美味しかったです。
お気に入りの1本になりました!

さあ、美味しいワインを飲みにボルドーやブルゴーニュへ行きたい気持ちが高まってきませんか?
そのような方は、リバティヒルバケーションまで是非ともお問合わせくださいませ!

今日の1本 Vol-17 ~MONTEBELLOとカブレーゼ?~

食欲の秋です!
季節はすっかり秋めいてきました。
新鮮で彩りもよい、たくさんの旬な魚や野菜を目の前にすると、さらにお酒も進んでしまうので困ります!

今夜の主役は、いまが旬の “蕪” です。
根菜類好きな私ですが、その中でも蕪は常に上位にランクインしています。
一番好きな食べ方は、やはり漬物にすることですが、今夜のお供は白ワイン。
ということで、作ってみたのは・・・

“蕪レーゼ!”

モッツァレラチーズの代わりを蕪を緊急登板させて・・・
新鮮なトマトと
ジェノヴァソース・・・

1446371942460

あら不思議!
彩も鮮やかに美しいカプレーゼ風 “蕪レーゼ” の出来上がりです!
まさに、イタリア国旗のトリコローレ!

そんな、なんちゃってカプレーゼのお供は・・・
イタリアはヴェネト州から参戦 MONTEBELLO SAUVIGNON BIANCO で乾杯です!

1419247437130

ソーヴィニョンブランのフレッシュな風味と強めの果実味が、カプレーゼ風 “蕪レーゼ” を引き立ててくれています。
イタリアの北のワインと南のサラダのコンビネーションとなりましたが・・・(なっていませんね)
意外や意外、とてもよい組み合わせとなりました。

ヴェネト州を代表する都市は、ヴェネチアですね。
残念ながら、アリタリア航空の東京発ヴェネチア行きの直行便は、予想通りにあっという間に撤退してしまいました。
しかし、水の都・ヴェネチアをはじめ、ロミオとジュリエットで有名なヴェローナなど、魅力的な観光地が豊富な地域でもあります。

ヴェネト州へのご旅行もリバティヒルバケーションへお任せください!

今日の1本! Vol-15 ~YARDEN 2010~

今夜は、取引先のお客様との飲み会です。
ワイン好きな方たちなので、ワインリストを参考に 「今日は何からやっつけようか」 と熟考します。

すると、あまり見慣れない YARDEN / ISRAEL の文字が・・・
『イスラエルがなにをやるでん?』
などと思っているとご一緒の方が、「おぉっ、懐かしいな!」と久しぶりにご対面の様子。

聞けば、10数年前にご出張でイスラエルへ行った際、お土産にこのワインを数本買ってきたそうで、イスラエルを出国する際に税関職員がヤルデンのワインを見つけると 『お前、よくわかっているな。このワインはいいぞ。good job!』 みたいなことを嬉しそうに言って褒めてくれたそうです。
もちろん、ワインの美味しさでヤルデンを覚えていたのですが、その税関職員とのやり取りもあり、印象に残っていたそうです。

そういえば、私も手配させていただいた若き頃の記憶が蘇り、『ゴラン高原だけは危ないから行かないでください!』と念を押していたのを覚えています。
そのゴラン高原にあるワイナリーで作られたというこのヤルデン。

早速、オーダーしてみましょう!

1431520419432

調べてみると、YARDEN とはヘブライ語でヨルダンを意味するとのこと。
現在と異なり、当時はヨルダン川を境にしたヨルダンの首都アンマンやぺトラの遺跡、死海のリゾートなど、まだ観光に行けるところでした。
しかし、今では 『ワインなんて作ってて大丈夫なのかな?』 と気分的には、なかなか遠い地域となってしまった感がありますし、ゴラン高原なんて砂漠しかないんじゃないの?と思っておりましたが・・・

まったく心配ご無用でした!

砂漠どころか、まるでオアシスで作られたかのように香り豊かで、濃い果実味が楽しめます。
凝縮された複雑な味が楽しめるワインで、とても美味しかったです。

1437654900820

 
遠いイスラエルの異国の香りと
かわいいワンちゃんにとても癒された夜でした。

中東方面へのご旅行もリバティヒルバケーションへお任せ下さい!
お問い合わせをお待ちしております。

今日の1本!Vol-12 David Duband 2002

今年もいよいよ12月に入り寒さも増してきました。
いよいよ忘年会シーズン突入ですね。

先日、友人が代官山と渋谷の微妙な場所にお店をオープンさせた・・・ という知らせを受けていたので、二次会がてら遊びに行ってきました。
リノベーションしたばかりの店内は綺麗で気持ちがよいのですが、お店のコンセプトが “図工室” という、ちょっと変わった・・・ いえ、とても個性的な雰囲気です。
しかし、気さくなオーナーが作ってくれる料理の数々は、どれもワインに合うものばかりで、さすがです!まさかの図工室で飲んでるなんて、もう気になりません!

そして、ソムリエとして信頼しているオーナーがお勧めしてくれた今日の1本はこちら!!

DSC_0446

DAVID DUBAND 2002

「高いからねー!」 のひとことと一緒にワイングラスを受け取ります。
ブルゴーニュの 「ニュイ・サン・ジョルジュ村」 からの参戦です。
聞けば、2002年は当たり年で大人気だったらしく、確かにとても綺麗な色艶で、風味は果実の香りもしっかりしているけれど、とてもピュアな感じで大変飲みやすいワイン。あっという間に 「ウマい!おかわり!!」 となってしまう赤ワインです。

ニュイサンジョルジュ村はヴォーヌ・コンティ村と同じコート・ド・ヌイ地区にあり、ブルゴーニュで1・2を競う生産地にあるのですから、大変魅力的なアペラシオンです。

『ディジョンからブルゴーニュを経てリヨンまで・・・』
あー、また飲み食い倒れるような旅をしたくなってしまいます・・・

ボルドーの様子はこちらをクリック!

旅のご相談・お申し込みはリバティヒルバケーションへ!
皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。