【燃油サーチャージ】 JAL & ANA 2月発券分より1.5~2倍へ!

 

2018年2月航空券発券分より、また、国際線の燃油サーチャージが値上がりいたします。

昨年、12月に日本航空と全日空より、既にリリースされていましたが、来月より約1.5~2倍になりますので、改めて方面別にお知らせいたします。

●●● 2018年2月~3月発券分の燃油サーチャージ(1区間/片道分)●●●

韓国・極東ロシア 300円  ⇒ 500円
中国・台湾・香港 1,500円 ⇒ 2,500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 ⇒ 3,000円
タイ・シンガポール&マレーシア 3,000円 ⇒ 4,500円
インドネシア・インド&ハワイ 4,000円 ⇒ 6,000円
北米・欧州・中東&オセアニア 7,000円 ⇒ 10,500円
*日本航空と全日空の燃油特別付加運賃です。他国の航空会社は異なります。

結果、仮にご家族4名様で日本航空・全日空でパリへ行く場合、残念ながら28,000円(4名往復分)も高くなってしまいました。

この燃油サーチャージのルールをご存知でしょうか?
シンガポールケロシン市況価格の2ヶ月平均で確定されます。
今回は、1バレルあたり71.22米ドルだったそうです。これを同期間の為替平均1ドル=112.94円で日本円に換算。
8,044円となり、これを適用条件表なるものに照らして燃油サーチャージが確定されます。
日本円に換算した時点で、6,000円を下回らないと燃油サーチャージは無くならないように出来ています。

当初は、米ドル建てだったのですが、2015年2月、当時のルールで燃油サーチャージが「0」になりそうな状況になった時、突如として円建て基準のルールに変更されました!
結果、シンガポールケロシンの市況が約10ドル下がらないと燃油が無くならない状況になっています。

数年前に比べると燃費効率のよいエンジンを積んだ航空機が多くなってきています。
そういう「プリウス的」な機種を選んだ時には、燃油サーチャージも安くなる・・・ みたいなルールは出来ないですかねぇ。

ヨーロッパまでの燃油サーチャージが、お一人様往復で5万円 なんて時代も数年前にありましたので、まだマシなのでしょうか・・・

 

【燃油サーチャージ】 廃止について Vol-2

前回のブログで、日本航空が 『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については燃油サーチャージを徴収しません!』 という発表があったことをお知らせいたしました。

そして、『航空会社によっては、すでに燃油サーチャージを廃止しているところもありますし、海外出発の航空券も去年から廃止しています。同じ区間の航空券を購入するにしても、その航空券の購入方法によって燃油サーチャージの金額は異なります』 とご案内したところ・・・

「どれくらい違うの?具体的に・・・」 とご質問を承りました。

それでは、簡単にご説明させていただきます。

GAS

例えば、、、

弊社でも需要の多い 東京~クアラルンプール の路線を例にして、各航空会社の燃油サーチャージの料金を比較してみると・・・

※日本で往復分を発券・購入した場合(本日現在)※

日本航空 6,000円
全日空 6,000円
マレーシア航空 0円
エアアジアX 0円
キャセイパシフィック航空 (香港乗継) 0円

となります。
外国(特にアジア系)の航空会社は、軒並み燃油サーチャージはすでに廃止になっています。

ちなみに・・・
日本航空や全日空の日系航空会社のクアラルンプール発~東京着往復航空券を “クアラルンプールで発券・購入” した場合の燃油サーチャージは、外国航空会社と同じ “0円” です!

4月と5月の2ヶ月間は、日系も米系も欧州系の航空会社ともに燃油サーチャージが廃止、または減額されます。
特に、長距離飛行で燃油サーチャージが高額だったヨーロッパや北米方面は、お一人様あたり15,000円くらい徴収されていたのが無くなりますから、ここ数年に比べるとだいぶ割安感があると思います。

今年のゴールデンウィークは、是非とも海外旅行へGO GO GO-!

なお、航空券に含まれる燃油サーチャージや空港税類などの費用は変動いたします。
航空券ご購入時の最新の情報をご参考になさってください。

【日本航空】 燃油サーチャージ 4月と5月は廃止です!

ようやく というか・・・

やっと というか・・・

日本航空より、『日本出発の航空券で、4月1日から5月31日までの発券分については徴収しません』 というアナウンスがありました!

燃油サーチャージの金額は、直近の2ヶ月(2015年12月から16年1月まで)のシンガポールケロシン市況価格が、1バレルあたり6000円を下回ったら廃止となるものです。
今回は、平均42.98米ドルで、円貨換算額が5163円 になったことで廃止になりました。

しかし!
本来はもっと早くに無くなっていたはずなのをご存知でしょうか?
2015年2月、某航空会社は、急遽、日本出発航空券の燃油サーチャージの適用基準を米ドル建てから円建てに変更したのです。
もちろん、もうひとつの某航空会社も追随。

結果、燃油サーチャージの廃止基準が 1バレ ルあたり60米ドル ⇒ 6000円 (ドルから日本円)となりました。
これは、米ドルに換算すると50.5米ドル(当時のレート)になってしまうので、更に約10ドルも市況価格が下がらないと廃止にならないルールになってしまったのでした。

これを考えた人、凄いな~と感心してしまいました。
これは実質値上げで、如何に燃油サーチャージの廃止を避けようか・・・という魂胆が見え見えですよね。

同じ区間でも、航空会社によっては燃油サーチャージはとっくに廃止されています。
また、日本航空や全日空も、海外出発の航空券は去年より燃油サーチャージを廃止しています。
同じ区間を購入するにしても、その航空券の購入の仕方によって、燃油サーチャージの金額は異なりますのでご注意ください。

高い高い燃油サーチャージがとりあえず廃止されるので、海外旅行に行きやすくなることは大歓迎ですね!!

さあ、今のうちに海外旅行へ GO GO GO !!

燃油サーチャージ いよいよ本格的に再徴収開始です!

国土交通省航空局国際航空課によると9月8日19時現在、10月以降の燃油サーチャージを申請した外国系航空会社は32社となった。このうち、7月から9月までは廃止していた航空会社で10月以降再設定したのは17社となった。残りの15社はもともと廃止しておらず、1社を除いて値上げした。日本航空(JL)と全日空(NH)で対応が分かれた設定期間については、ユナイテッド航空(UA)とエア・カナダ(AC)が3ヶ月から2ヶ月への変更を申請し、NHに追随したかたちとなった。申請済みの燃油サーチャージ額の詳細は下表を参照のこと。

 このほか、出発日ベースで徴収していたコンチネンタル航空(CO)、コンチネンタル・ミクロネシア航空(CS)、UA、エミレーツ航空(EK)、スイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)、カタール航空(QR)が発券日ベースに変更しており、現在申請してる32社すべて発券日ベースでの設定となる。

 なお、これらはすべて申請ベースであるものの、週内には認可が下りる見通しという。

▽燃油サーチャージ一覧
エクセルファイル
PDFファイル
  

残念!!

全日空 燃油サーチャージの復活を発表!

いよいよ燃油サーチャージの復活を全日空は発表しました

せっかくの旅客数が回復傾向にあったのに水を差された感がして残念です。特に9月は欧米路線がもの凄く混雑していたので、10月以降、その反動+燃油サーチャージの影響でどうなるのか心配ですねぇー。
あっ、当然ですが、その後 JALさん も追随しています!でも、全日空が先に発表したというのは珍しい。なにかあるのでしょうかね。

 全日空(NH)は8月18日、燃油サーチャージの再設定を申請した。NHは、燃油価格の下落を受けて7月1日発券分から燃油サーチャージを廃止したが、燃油価格が上昇傾向にあるため、再設定することを決定した。改定基準は6月までと変更なく、最も近場の韓国では300円、最長の欧州・北米・中東方面は7000円となる。日本航空(JL)も週内にも再設定を申請する見込みで、外航各社も同様の動きを見せているが、シルバーウィークなど需要の回復傾向も見られるだけに、燃油サーチャージ「復活」の影響が懸念される。

 また、NHでは、再設定にあわせて燃油サーチャージ額の改定期間を3ヶ月から2ヶ月に変更。このため、今回申請した燃油サーチャージ額は10月1日から11月30日発券分が対象で、その基準値は、6月と7月の燃油価格の平均を取って1バレルあたり74.5米ドルとなった。NH広報室では、「以前から、燃油価格の変動をすばやく反映するべきとの声が消費者からあった」と説明。NHではもともと昨年末から1ヶ月での見直しを検討していたものの、燃油サーチャージ額変更の周知期間などを考慮し、2ヶ月にとどめた。今後は、利便性や使いやすさなどの状況を見ながら検討を進めるという。

 NHのこの決定は、改定期間を短くすることで、直近の燃油価格の動向と燃油サーチャージ額の乖離による割高感を避けられることから、消費者の不信感を回避する効果が期待できる。その一方、航空会社によって改定期間が異なり、さらに適用条件として発券日ベースと搭乗日ベースが存在するような事態になれば、分かりにくさは増す。旅行会社にとっても、業務の煩雑さが増すことは間違いないだろう。NHの申請も認可を受けていない段階ではあるものの、他社がNHの選択をどう判断するか、注目が集まる。

≪全日空 燃油サーチャージ一覧 10月と11月発券分≫

※ 欧州・北米(ハワイ除)・中東  7000円
※ ハワイ・インド           4000円
※ タイ・シンガポール・マレーシア 3000円
※ ベトナム・サイパン        2000円
※ 香港・台湾・中国         1500円
※ 韓国                 300円

12月以降の発券分は、また変更になります!

 

・・・JALとANA 10月から燃油サーチャージ復活!?

やっぱりね・・・ という感じですが、10月から燃油の復活JALさんとANAさんが画策している模様です。

せっかく値頃感が出てきているのに水を差される気がしてなりません!!原油高騰だけが燃油サーチャージ復活の本当の理由なんでしょうかねぇ・・・

 

日本航空(JL)と全日空(NH)の日系2社は、燃油サーチャージ額の算出基準となるシンガポール市場の価格が値上がりしている傾向から、10月以降の徴収を検討している。JLは7月から燃油サーチャージ額をゼロに、NHは制度自体を廃止したものの、10月から燃油サーチャージ額が復活する可能性がでてきた。

 JLウェブサイトによると、2009年5月から7月14日までのシンガポール市場の燃油価格は、暫定値で1バレルあたり70.73 米ドル。これは、2番目に低い水準のゾーンBにあてはまる。JLでは、現在は検討段階としながらも、7月23日の記者会見で10月から徴収する可能性もあるとの方向性を示した。8月初旬をめどに決定する方針であるものの、その際の徴収方法については、6月までと同様の算出方法にもとづいて設定する。

 一方、NH代表取締役社長の伊東信一郎氏は22日の記者会見で、7月以降は燃油サーチャージ廃止などの効果により需要が回復傾向にあると認めつつ、燃油価格が上昇傾向を示していることも事実と言及し、「今までのケースであれば徴収するところ」との見解を示した。10月以降についてはJLと同様検討中だが、 NHは燃油サーチャージの制度自体を廃止していることから、それまでの徴収方法を踏襲するか、新たな仕組みを作るのかを含めて検討している。詳細は8月中旬をめどに決定する予定だ。

JAL & ANA 燃油サーチャージを撤廃? 7月1日以降の発券分

【お待たせいたしましたぁー!】

悪名高き 『燃油サーチャージ』 の撤廃が一部の航空会社より発表されました。それは 日本航空と全日空の日系2社です。

今回の発表では、7月1日以降の『発券』分より燃油サーチャージの徴収がなくなります。 7月1日以降の出発ではありませんのでご注意ください。

この日系2社の流れを受けて、他諸外国の航空会社の判断がどうなるのか・・・ とても楽しみであります。また、10月以降の燃油サーチャージについては、今後の発表を待つことになるようです。。。

日系航空会社2社は5月7日、7月1日発券分からの燃油サーチャージを廃止することを国土交通省に申請した。2月から4月までのシンガポールケロシン平均価格が1バレル当たり約55米ドルとなり、廃止基準の60米ドルを下回ったため。国土交通省航空局国際航空課によると外国航空会社からの申請はまだないものの、大韓航空(KE)など60米ドルを基準とする会社もあり、追随する会社もあると見られる。海外旅行市場の動向は新型インフルエンザの影響もあって先行き不透明だが、航空会社各社の情報を総合すると、これまでも燃油サーチャージ価格の値下げの際には消費者からの反応が少なからずあったといい、需要喚起の効果に期待がかかる。

今回、日系2社ともに燃油サーチャージの「廃止」に踏み切ることを発表したが、現在の燃油サーチャージ制度のあり方については異なる方針を示している。日本航空(JL)は対象を7月1日から9月30日の発券分に限定しており、「制度自体は存続する」(JL広報部)との認識だ。10月1日以降の発券分については、現在のところ従来どおり5月から7月までのシンガポールケロシン平均価格を現在の基準に当てはめて決定し、8月下旬ごろに発表する方針という。

一方、全日空(NH)では、対象期間を「7月1日発券分から」と決めており、その後については明確にしていない。これは、NH広報室によると「現在の制度は一旦廃止になる」との考えによるもので、それ以降については燃油価格や市場の動向、他社の動向をふまえて判断していく方針。状況によっては再設定する可能性もあるものの、その際には60米ドルの基準や3ヶ月間での算出などのあり方の見直しを含めて検討するという。

ルフトハンザ 燃油サーチャージ値下げ確定!

弊社でも需要が高く、ヨーロッパ路線で人気のルフトハンザ航空から朗報です。

ようやく、ルフトハンザも燃油サーチャージの引き下げを発表いたしました。我々もホっと一安心です。

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、3月25日以降発券分で4月1日以降出発の長距離路線の航空券について、燃油サーチャージを航空保安料800円を含めて5600円に値下げする。現行は1万9000円のため、70.5%の値下げとなる。長距離路線間での乗り継ぎは1万4200円、ヨーロッパ内路線は 3700円とする。なお、日系航空会社2社は日本/欧州間を3500円としている。

上記の燃油サーチャージは、すべて片道あたりの料金です!

 

 

燃油サーチャージ 4月以降分概ね確定!

日本航空、全日空などが先行して値下げを発表していた4月からの燃油サーチャージですが、外国の航空会社もその後に追随して値下げを発表しています。

ほとんどの航空会社の燃油サーチャージが確定してきましたので、一覧表にしてみました。

 

♪ 燃油サーチャージ認可額一覧表(片道ベース/ 2009年4月~) ← こちらをクリック!!

 

 日本航空は全日空とどの路線でもピッタリ同じ金額に。外国航空会社と比較しても日系は安めに設定されています。

片道の目安としては・・・

韓国 200円

東アジア 500円

東南アジア 2000円

北米 3500円

ハワイ 2000円

欧州 4000円

発券日ベースでの適用か、出発日ベースでの適用かは、航空会社によって異なりますのでご注意ください。

燃油サーチャージが1日も早く無くなりますようにお祈りしましょう!!

ユナイテッド航空も・・・ 燃油の値下げ決定!!

全日空、日本航空から発表された燃油サーチージ値下げのニュースは、続々と他の航空会社を刺激しています。

米系航空会社のなかでは、イチバンよく利用される ユナイテッド航空 もいよいよ燃油サーチャージの費用が下がります。アメリカへのご出張やハワイへ家族旅行をされる皆様にとっては朗報ですね!

ただ、全日空や日本航空とは違う点がひとつ・・・

ユナイテッド航空の新・燃油サーチャージの対象になるのは、2月26日以降に発券される航空券で4月1日以降のご出発のものです。全日空や日本航空の場合は、4月1日以降に発券しなければ対象外ですので、ご注意くださいませ。

 

 ユナイテッド航空(UA)は2月26日発券分からの燃油サーチャージ額の値下げを国土交通省に申請、4月1日以降に日本を出発する旅程を対象に現行より 90%近く引き下げる。UAでは前回の燃油サーチャージ額改定時でも出発日ベースで値下げしており、1月以降出発分に関して12月12日発券分からの適用としていた。

 値下げの内容は日系2社と同様で、例えば日本/アメリカ線では片道2万2000円のところ、3500円に値下げする。このほか詳細は下記の通り。

▽ユナイテッド航空 2月26日以降発券分の燃油サーチャージ額 (片道ベースです) 
方面/2月25日発券分までの燃油サーチャージ額/新燃油サーチャージ額

(4月1日以降の出発日から適用)
アメリカ本土 22,000円 ⇒ 3500円
ハワイ 14,500-円 ⇒ 2000円
バンコク 12,500円 ⇒ 1500円
シンガポール 12,500円 ⇒ 1500円
ソウル 2,500円 ⇒ 200円
台北 6,000円 ⇒ 500円

   

日本航空 JALも追随 燃油サーチャージ値下げです!

お待たせいたしました!JALも重い腰を上げて燃油サーチャージの値下げを発表いたしました!前出の全日空とほぼ同じ金額になります。

注意点は、全日空と同じく 4月1日以降の発券分 から適用されますので、3月中のご出発及び発券は従来通りのサーチャージが加算されますのでご注意くださいませ。

これで少しは海外へのご旅行とご出張に皆様が行きやすくなれば・・・と思います!

 

日本航空(JL)は、4月1日から6月30日の発券分に適用する燃油サーチャージを値下げし、2月20日に国土交通省に申請した。2月16日に申請した全日空(NH)と同じ水準とし、値下げ幅は最大で韓国線の92%。また、2009年度の適用条件表は、従来より減額したものを新たに設定した。

 なお、7月以降は、2月から4月にかけてシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり60米ドルを下回った場合に、燃油サーチャージを廃止する方針。

▽JL、燃油サーチャージ額(1区間片道)※2009年4月1日~6月30日発券分に適用
(方面:改定後/現行)
韓国:200円 ← 2500円
中国、台湾、台湾:500円 ← 6000円
グアム、フィリピン、ベトナム:1000円 ← 7500円
タイ、シンガポール、マレーシア:1500円 ← 1万2500円
インドネシア、インド、ハワイ:2000円 ← 1万4500円
北米(ハワイ除く)、メキシコ、欧州、中東、オセアニア:3500円 ← 2万2000円
ブラジル:6500円 ← 2万6000円

 

他、欧州系、米国系の航空会社にも期待大ですね。発表され次第、ご報告いたします!

 

全日空 やりましたぁ!燃油サーチャージ大幅減!!

お待たせいたしました!待ちに待った 燃油サーチャージの大幅減のニュースです。

本日、まずは全日空から発表いたしました。他のエアライン(特にJAL)も続くものと予想されます。

ただし、注意点は 4月1日以降 に発券される航空券からです。4月1日以降のご出発でも3月31日までに発券してしまうと燃油サーチャージは現在のものが適用されますので注意です。

 

■ 全日空 4月1日以降発券分が対象の燃油サーチャージ(1旅客1区間片道ベース)

※日本 = 欧州・北米(ハワイ除) 22,000円 ⇒ やった値!3,500円!!

※日本 = ハワイ・インド 14,500円 ⇒ 2,000円!!

※日本 = タイ・シンガポール・マレーシア 12,500円 ⇒ 1,500円!!

※日本 = 香港・台湾・中国 6,000円 ⇒ 500円!!!

※日本 = 韓国 2,500円 ⇒ 200円!!!

日本発着のANAグループ航空会社の国際線区間に適用します。なお、燃油特別付加運賃は、市場の燃油価格に基づき、引き上げ、引き下げ、あるいは廃止することがあります。

詳細に関しては こちらをご覧下さいませ ↓

http://www.ana.co.jp/topics/unchin/info.html

 

悪名高き 燃油サーチャージ・・・ 

どうかこのまま無くなってくれますように・・・